学部・大学院紹介

薬学研究科

研究科長メッセージ

 薬学研究科には、医療薬学科(6年制)の卒業生を対象とする「薬学専攻博士課程」と創薬科学科(4年制)の卒業生を対象とする「薬科学専攻博士前期・後期課程」を設置しています。

 「薬学専攻」は、「臨床薬学コース」、「医療生命薬学コース」、「がん専門薬剤師養成コース」の3つからなります。「臨床薬学コース」では、臨床薬学研究を通して高度な専門知識と技能を有し、将来指導的薬剤師になる人材を養成することを目標としています。附属病院薬剤部等の関連施設における1年~4年間の実務研修・研究を含むカリキュラムを通して、薬剤師としての臨床実務能力と臨床研究能力を育成します。本コースでは、国立循環器病研究センターあるいは堺市立総合医療センターでのレジデントを兼ねた連携大学院方式を選択することも可能です。「医療生命薬学コース」では、臨床薬学に精通した薬剤師の立場から大学、研究所、企業等で医薬品の研究・開発に携わる人材を育成することを目標にしています。「がん専門薬剤師養成コース」は、がん治療に特化した高い知識と技能を習得した指導者となる薬剤師の育成を目的としており、既に薬剤師としての経験を有する人が主な対象となります。

 「薬科学専攻」では、創薬あるいは生命薬学に関連する研究を行い、将来、大学・研究所・企業などで医薬品の創薬研究、臨床開発を担う人材を育成します。最先端の研究を行い、その成果を国内外の学会で発表し、国際的な学術雑誌に公表する能力を習得することを目標にします。また、博士前期・後期両課程にネイティブスピーカーを含む英語専門教員による科学英語コミュニケーション関連の科目を導入しており、薬学分野の英語オーラルコミュニケーション能力とライティング能力を向上させることができます。

 本学の医療薬学科と創薬科学科の卒業生のほか、他大学・他学部出身者、海外の学生の方々で、本研究科に興味を持たれた方は、是非、私達と一緒に最先端の研究を行うことで知識、技術、創造性、問題解決能力、プレゼンテーション能力を養い、将来、国内外の医療・生命科学分野のリーダーを目指してください。

薬学研究科 研究科長 川畑 篤史