私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

増殖シグナルを標的とした革新的がん治療法開発をめざした統合的ゲノム研究に関する医薬連携基盤形成
研究代表:薬学部 創薬科学科 杉浦麗子 教授

 近畿大学薬学部では、革新的がん治療法開発をめざした大型研究プロジェクト「増殖シグナルを標的とした革新的がん治療法開発をめざした統合的ゲノム研究に関する医薬連携基盤形成」が文部科学省により、採択されました。

 本事業では画期的ながん治療薬の探索と開発、がん治療に伴う副作用の克服などを目的とし、薬学部で見出された創薬や医療の研究成果(シーズ)を、近畿大学病院・医学部との連携を通した臨床研究へと応用し、患者さんに送り届ける橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ)を展開します。

 ゲノム技術やがん幹細胞技術、がん免疫、代謝といった一連の研究のなかで、高感度分析装置や次世代シーケンサーなどを導入した多角的なアプローチを試み、本事業を通じて若手薬剤師、薬学研究者、臨床検査技師などの育成と同時に、学内の医薬連携共同研究の拠点としてさらなる発展を目指します。

NEWS

本プロジェクトの「がん細胞の増殖抑える薬剤開発」に関する研究成果がNHK NEWSに取り上げられました。