文部科学省採択事業多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン」

がん専門薬剤師養成コースはこちらから

がん患者のニーズに応える医療人材の育成を
近畿大学大学院薬学研究科から

プラン概要

本プランでは、①ゲノム医療の実用化に向けた課題、②希少がん及び小児がんにおける課題、③異なるライフステージのがん患者に生じる特有の課題をテーマに掲げ、3つのタスクフォース(ゲノム・サイエンス、教育イノベーション、マルチパートナーシップ・アライアンス)が有機的に連携することによって、患者中心の個別化医療を実践できる多職種のがん専門医療人材の養成を目指します。

大学院生募集

医師、薬剤師、看護師、医学物理士によるオンコロジーチームで 活躍できる質の高い人材の養成を目指すコースで、 がん専門薬剤師の資格と博士(薬学)の学位の取得を目指します。 専門医や専門薬剤師の指導の下、薬剤師の基本的知識や技能はもちろん、がん薬物療法に関与する際に必要な基本的手技の修得を行います。

講習会

地域で活躍する薬剤師の方々のがん治療に関する知識と技能を深めるための講習会を行っています。講習会では、ゲノム医療、多様ながん種、 ライフステージに対応したがん治療に関する情報を提供しています。

教育内容

-多職種参加型症例検討演習
ー模擬患者による多職種参加型個別化医療課題演習
-新「共通特論」
-施設見学

お問い合わせ