|
|
トップページ
top page

研究内容
project

業績
performance

メンバー
menber

研究室生活
laboratory
|
|

【研究室紹介】


当研究室では細胞が何故『増えるのか?』,『死ぬのか?』,『癌になるのか?』といった疑問を分子レベルで明らかにしていくことを目指しています。
癌治療を目的としたヒト型抗体の開発も進行中で,癌化の原因・癌幹細胞の研究にも着手しています。
当研究室で開発した抗体医薬品は抗体依存性細胞障害活性という,より癌への攻撃力が高い性質をもっていることが自慢であり,癌細胞にくっついた抗体医薬品によって免疫に関係するNK細胞やマクロファージがより癌細胞を攻撃しやすくなります。
他にはマウスに癌をつくり自分で作り上げた抗体医薬品を用いて実際に治療効果をみたり, 癌ペプチドワクチン療法,DNA免疫,免疫チェックポイント分子など最新の研究も行っています。

皆さんにも是非,細胞生物学の楽しさを実感していただきたいと思います。







≪Information≫

☆10月5日に3回生の研究室配属があり、細胞生物学研究室も新体制でのスタートとなりました。











近畿大学 | 近畿大学薬学部 | 細胞生物学研究室