本文へスキップ

研究業績PUBLICAtion

英語発表論文
日本語発表論文・著書
学会発表・講演会等


2021年度 英語発表論文

Ellagic Acid Combined with Tacrolimus Showed Synergistic Cell Growth Inhibition in Fission Yeast.
Hagihara K, Hosonaka K, Hoshino S, Iwata K, Ogawa N, Satoh R, Takasaki T, Maeda T, Sugiura R.
Biocontrol Sci. 2022; 27(1): 31-39.

ACAGT-007a, an ERK MAPK Signaling Modulator, in Combination with AKT Signaling Inhibition Induces Apoptosis in KRAS Mutant Pancreatic Cancer T3M4 and MIA-Pa-Ca-2 Cells.
Khandakar GI, Satoh R, Takasaki T, Fujitani K, Tanabe G, Sakai K, Nishio K, Sugiura R.
Cells. 2022 Feb; 11(4):702. doi: 10.3390/cells11040702.

Comprehensive Analysis of Prognostic Microenvironment-Related Genes in Invasive Breast Cancer
Shi Y, Chen S, Xing H, Jiang G, Wu N, Liu Q, Sakamoto N, Kuno T, Sugiura R, Xiao Q, Jin F, Fang Y, Y.
Front Oncol. 2022 Jan; 11:576911. doi: 10.3389/fonc.2021.576911.

ERK: A Double-Edged Sword in Cancer. ERK-Dependent Apoptosis as a Potential Therapeutic Strategy for Cancer
Reiko Sugiura, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki.
Cells. 2021 Sep; 10(10): 2509. doi: 10.3390/cells10102509.
Pubmed

Altered binding avidities and improved growth inhibitory effects of novel anti-HER3 mAb against human cancers in the presence of HER1-or HER2-targeted drugs
Kouki Okita, Kazuki Imai, Kazunori Kato, Reiko Sugiura, Yuichi Endo, Kazue Masuko, Yoshihisa Tomioka, Takashi Masuko
Biochem Biophys Res Commun. 2021 Oct; 576: 59-65.
Pubmed

Protein Kinase N Famiy Negatively Regulates Constitutive Androstane Receptor-mediated Transcriptional Induction of Cytochrome P450 2b10 in the Livers of Mice
Atsushi Kawase, Hideyuki Mukai, Shunsuke Tateishi, Shintaro Kuroda, Akira Kazaoka, Ryosuke Satoh, Hiroaki Shimada, Reiko Sugiura, Masahiro Iwaki.
J. Pharmacol Exp Ther. 2021 Oct; 379(1): 53-63.
Pubmed

Oncogenic transformation of NIH/3T3 cells by the overexpression of L-type amino acid transporter 1, a promising anti-cancer target
Natsumi Hayashi, Akitaka Yamasaki, Shiho Ueda, Shogo Okazaki, Yoshiya Ohno, Toshiyuki Tanaka, Yuichi Endo, Yoshihisa Tomioka, Kazue Masuko, Takashi Masuko, Reiko Sugiura
Oncotarget. 2021 Jun; 12(13): 1256-1270.
Pubmed

Stress granules safeguard against MAPK signaling hyperactivation by sequestering PKC/Pck2: new findings and perspectives
Reiko Sugiura
Curr Genet. 2021 Dec; 67(6): 857-863.

Pubmed

Distinct spatiotemporal distribution of Hsp90 under high-heat and mild-heat stress conditions in fission yeast
Teruaki Takasaki, Naofumi Tomimoto, Takumi Ikehata, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura.
MicroPubl Biol, 2021 May; 2021: 10.17912/micropub.biology.000388.
Pubmed

2020年度 英語発表論文

Antitumor effects of novel mAbs against cationic amino acid transporter 1 (CAT1) on human CRC with amplified CAT1 gene
Kouki Okita, Yuta Hara, Hiroshi Okura, Hidemi Hayashi, Yoko Sasaki, Sachiko Masuko, Eri Kitadai, Kazue Masuko, Soshi Yoshimoto, Natsumi Hayashi, Reiko Sugiura, Yuichi Endo, Shogo Okazaki, Sayaka Arai, Toshiaki Yoshioka, Toshiharu Matsumoto, Yasutaka
Cancer Sci, 2021 Feb; 112(2): 563-574.
Pubmed

Downregulation of DUSP6, a negative regulator of oncogenic ERK signaling, by ACA‐28 induces apoptosis in NIH/3T3 cells overexpressing HER2/ErbB2
Yuki Kanda, Ayami Mizuno, Teruaki Takasaki, Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Takashi Masuko, Yuichi Endo, Genzoh Tanabe, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2021 Feb; 26(2): 109-116.
Pubmed

Stress granules as a feedback mechanism of MAPK signaling by sequestering PKC/Pck2
Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Naofumi Tomimoto, Kiko Tsuchiya, Chun An Tsai, Taemi Tanaka, Shu Kyomoto, Kozo Hamada, Toshinobu Fujiwara, Reiko Sugiura
J Cell Sci, 2021 Jan; 134(2): jcs250191.
Pubmed

Discovery of new benzhydrol biscarbonate esters as potent and selective apoptosis inducers of human melanomas bearing the activated ERK pathway: SAR studies on an ERK MAPK signaling modulator, ACA-28
Ryosuke Satoh, Naoya Hamada, Ami Yamada, Yuki Kanda, Fumihiro Ishikawa, Teruaki Takasaki, Genzoh Tanabe, Reiko Sugiura
Bioorg Chem, 2020 Oct; 103: 104137. doi: 10.1016/j.bioorg.2020.104137
Pubmed

Chemical genetic analysis of FTY720- and Ca2+-sensitive mutants reveals a functional connection between FTY720 and membrane trafficking
Kanako Hagihara, Yuki Kanda, Kouki Ishida, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Takuya Maeda, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2020 Sep; 25(9): 637-645
Pubmed

2019年度 英語発表論文

Domain selective labeling for NMR stuies of multidomain proteins by domain ligation using highly ative sortase A
Takahiro Aizu, Takumi Suzuki, Akihiro Kido, Kan Nagai, Ayaho Kobayashi, Reiko Sugiura, Yutaka Ito, Masaki Mishima
BBA, 2020 Feb; 1864: 129419, doi: 10.1016/j.bbagen.2019.129419
Pubmed

PKN1 kinase-negative knock-in mice develop splenomegaly and leukopenia at advanced age without obvious autoimmune-like phenotypes
Salman Mahmud Siddique, Koji Kubouchi, Yuka Shinmichi, Nana Sawada, Reiko Sugiura, Yasushi Itoh, Shunsuke Uehara, Kanae Nishimura, Shunsuke Okamura, Hiroyuki Ohsaki, Shingo Kamoshida, Yusuke Yamashita, Shinobu Tamura, Takashi Sonoki, Hiroshi Matsuoka, Tomoo Itoh, Hideyuki Mukai
Sci Rep, 2019 Sep; 9:13977, doi: 10.1038/s41598-019-50419-2
Pubmed

2018年度 英語発表論文

The molecular basis of drug discovery targeting the regulatory mechanism of MAPK signaling via the spatial regulation of RNA-binding proteins
Ryosuke Satoh
Yakugaku-Zasshi, 2019 Jan, 139(1): 7-12
Pubmed

Distinct Roles of Two Histone Methyltransferases in Transmitting H3K36me3-Based Epigenetic Memory Across Generations in Caenorhabditis elegans
Jeremy Kreher, Teruaki Takasaki, ProfileChad Cockrum, ProfileSimone Sidoli, Benjamin A. Garcia, Ole N. Jensen, Susan Strome.
Genetics, 2018 Nov, 210(3): 969-982
Pubmed

Distinct modes of stress granule assembly mediated by the KH-type RNA-binding protein Rnc1.
Ryosuke Satoh, Nobuki Hara, Aki Kawasaki, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2018 Jul, 23(9): 778-785
Pubmed

2017年度 英語発表論文

More than just an immunosuppressant: The emerging role of FTY720 as a novel inducer of ROS and apoptosis.
Teruaki Takasaki, Kanako Hagihara, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Oxid Med Cell Longev, 2018 Mar; 2018:4397159. doi: 10.1155/2018/4397159
Pubmed

Rae1
-mediated nuclear export of Rnc1 is an important determinant in controlling MAPK signaling.
Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Reiko Sugiura
Curr Genet, 2018 Feb; 64(1): 103-108
Pubmed

A genome-wide screen for FTY720-sensitive mutants reveals genes required for ROS homeostasis.
Kanako Hagihara, Kanako Kinoshita, Kouki Ishida, Shihomi Hojo, Yoshinori Kameoka, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
Microb Cell, 2017 Nov; 4(12): 390-401
Pubmed

Microchip electrophoresis
utilizing an in situ photopolymerized Phos-tag binding polyacrylamide gel for specific entrapment and analysis of phosphorylated compounds.
Sachio Yamamoto, Miyuki Himeno, Masaya Kobayashi, Miki Akamatsu, Ryosuke Satoh, Mitsuhiro Kinoshita, Reiko Sugiura, Shigeo Suzuki
Analyst, 2017 Sep; 142(18): 3416-3423
Pubmed

Impaired lymphocyte trafficking in mice deficient in the kinase activity of PKN1.
Rana Mashud, Akira Nomachi, Akihide Hayakawa, Koji Kubouchi, Sally Danno, Takako Hirata, Kazuhiko Matsuo, Takashi Nakayama, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Shigeharu Wakana, Hiroyuki Ohsaki, Shingo Kamoshida, Hideyuki Mukai
Sci Rep, 2017 Aug; 7(1): 7663, doi: 10.1038/s41598-017-07936-9
Pubmed

Identification of ACA-28, a 1'-Acetoxychavicol Acetate analog compound, as a novel modulator of ERK MAPK signaling, which preferentially kills human melanoma cells.
Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Kazuki Matsuura, Yoshiaki Manse, Ayako Kita, Tatsuki Kunoh, Takashi Masuko, Mariko Moriyama, Hiroyuki Moriyama, Genzoh Tanabe, Osamu Muraoka, Reiko Sugiura.
Genes Cells, 2017 Jul; 22(7): 608-618
Pubmed

Evaluation of a novel method for measurement of intracellular calcium ion concentration in fission yeast.
Fumihiko Ogata, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Naohito Kawasaki.
J Toxicol Sci, 2017 Apr; 42(2): 159-166
Pubmed

2016年度 英語発表論文

Chemical shift assignments of the first and second RRMs of Nrd1, a fission yeast MAPK-target RNA binding protein.
Ayaho Kobayashi, Teppei Kanaba, Ryosuke Satoh, Yutaka Ito, Reiko Sugiura, Masaki Mishima.
Biomol NMR Assign, 2017 Oct; 11(2): 123-126
Pubmed

Spatial regulation of the KH domain RNA-binding protein Rnc1 mediated by a Crm1-independent nuclear export system in Schizosaccharomyces pombe.
Ryosuke Satoh, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Makoto Takada, Yuna Ito, Kanako Hagihara, Masahiro Inari, Ayako Kita, Akira Fukao, Toshinobu Fujiwara, Shinya Hirai, Tokio Tani, Reiko Sugiura.
Mol Microbiol, 2017 May; 104(3): 428-448
Pubmed

Structure-activity relationshipstudies on acremomannolipin A, the potent calcium signal modulator with a novel glycolipid structure 4: Role of acyl side chains on d-mannose.
Nozomi Tsutsui, Genzoh Tanabe, Nami Ikeda, Saika Okamura, Marika Ogawa, Kuniko Miyazaki, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Osamu Muraoka
Eur J Med Chem, 2016 Oct; 121: 250-271
Pubmed

Skb5, an SH3 adaptor protein, regulates Pmk1 MAPK signaling by controlling the intracellular localization of the MAPKKK Mkh1.
Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Saki Matsumoto, Chisato Ikeda, Natsumi Inutsuka, Kanako Hagihara, Sumio Matzno, Sho Tsujimoto, Ayako Kita, Reiko Sugiura
J Cell Sci, 2016 Aug; 129(16): 3189-3202
Pubmed

2015年度 英語発表論文

PKN3 is the major regulator of angiogenesis and tumor metastasis in mice.
Hideyuki Mukai, Aiko Muramatsu, Rana Mashud, Koji Kubouchi, Sho Tsujimoto, Tsunaki Hongu, Yasunori Kanaho, Masanobu Tsubaki, Shozo Nishida, Go Shioi, Sally Danno, Mona Mehruba, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Sci Rep, 2016 Jan; 6:18979, doi: 10.1038/srep18979
Pubmed

Structure-activity relationship studies on acremomannolipin A, the potent calcium signal modulator with a novel glycolipid structure 3: Role of the length of alditol side chain.
Nozomi Tsutsui, Genzoh Tanabe, Nao Morita, Yoshitomo Okayama, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Osamu Muraoka
Bioorg Med Chem, 2015 Jul; 23(13): 3761-3773
Pubmed

Chemical genomics approach to identify genes associated with sensitivity to rapamycin in the fission yeast Scizosaccharomyces pombe.
Akira Doi, Ayumi Fujimoto, Shun Sato, Takaya Uno, Yuki Kanda, Keita Asami, Yuriko Tanaka, Ayako Kita, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2015 Apr; 20(4): 292-309
Pubmed

Geranylgeranyltransferase Cwg2-Rho4/Rho5 module is implicated in the Pmk1 MAPK Kinase-mediated cell wall integrity pathway in fission yeast.
Akira Doi, Ayako Kita, Yuki Kanda, Takaya Uno, Keita Asami, Ryosuke Satoh, Kentaro Nakano, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2015 Apr; 20(4): 310-323
Pubmed

2014年度 英語発表論文

Imp2, the PSTPIP homolog in fission yeast, affects sensitivity to the immunosuppressant FK506 and membrane trafficking in fission yeast.
Ayako Kita, Mari Higa, Akira Doi, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Biochem Biophys Res Commun, 2015 Feb; 457(3): 273-279
Pubmed

Spatial control of calcineurin in response to heat shock in fission yeast.
Mari Higa, Ayako Kita, Kanako Hagihara, Yuki Kitai, Akira Doi, Rie Nagasoko, Ryosuke Sato, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2015 Feb; 20(2): 95-107
Pubmed

Negative feedback regulation of calcineurin-dependent Prz1 transcription factor by the CaMKK-CaMK1 axis in fission yeast.
Eugenia Cisneros-Barroso, Tula Yance-Chavez, Ayako Kito, Reiko Sugiura, Alba Gomez-Hierro, David Gimenez-Zaragoza, Rosa Aligue
Nucleic Acids Res, 2014 Nov; 42(15): 9573-9587
Pubmed

Efficient and cost effective production of active-form human PKB using silkworm larvae.
Ryoko Maesaki, Ryosuke Satoh, Masato Taoka, Teppei Kanaba, Tsunaki Asano, Chiharu Fujita, Toshinobu Fujiwara, Yutaka Ito, Toshiaki Isobe, Toshio Hakoshima, Katsumi Maenaka, Masaki Mishima
Sci Rep, 2014 Aug; 4:6016, doi: 10.1038/srep06016
Pubmed

FTY720 stimulated ROS generation and the Sty1/Atf1 signaling pathway in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.
Kanako Hagihara, Aya Mizukura, Yuki Kitai, Mariko Yao, Kouki Ishida, Tatsuki Kunoh, Ayako Kita, Takashi Masuko, Sumino Matzno, Kenji Chiba, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2014 Apr; 19(4): 325-337
Pubmed

Structure-activity relationship studies on acremomannolipin A, the potent calcium signal modulator with a novel glycolipid structure 2: Role of the alditol side chain stereochemistry.
Nozomi Tsutsui, Genzoh Tanabe, Genki Gotoh, Nao Morita, Naohisa Nomura, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Osamu Muraoka
Bioorg Med Chem, 2014 Feb; 22(3): 945-959
Pubmed

2013年度 英語発表論文

Functional link between Rab GTPase-mediated membrane trafficking and PI4,5P2 signaling.
Cuifang Li, Ayako Kita, Yuuka Hashimoto, Misako Ihara, Ayako Kato, Naoya Ogura, Akira Doi, Masahide Oku, Toshiki Itoh, Yasuyoshi Sakai, Reiko Sugiura
Genes Cells, 2014 Mar; 19(3): 177-197
Pubmed

Fingolimod (FTY720) Stimulates Ca2+/Calcineurin Signaling in Fission Yeast.
Kanako Hagihara, Ayako Kita, Aya Mizukura, Mariko Yao, Yuki Kitai, Tatsuki Kunoh, Takashi Masuko, Sumino Matzno, Kenji Chiba, Reiko Sugiura
PLoS ONE, 2013 Dec; 8(12): e81907
Pubmed

Stereoselective total synthesis of Acremomannolipin A and its anomer, the potent calcium signal modulators with a novel glycolipid structure: role of the stereochemistry at the anomeric center on the activity.
Nozomi Tsutsui, Genzoh Tanabe, Genki Gotoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Osamu Muraoka
Tetrahedron, 2013 Nov; 69(47): 9917-9930
Link

Structure of the second RRM domain of Nrd1, a fission yeast MAPK target RNA binding protein, and implication for its RNA recognition and regulation.
Ayaho Kobayashi, Teppei Kanaba, Ryosuke Satoh, Toshinobu Fujiwara, Yutaka Ito, Reiko Sugiura, Masaki Mishima
Biochem Biophys Res Commun, 2013 Jul; 437(1): 12-17
Pubmed

Sip1, an AP-1 Accessory Protein in Fission Yeast, Is Required for Localization of Rho3 GTPase.
Yang Yu, Cuifang Li, Ayako Kita, Yuta Katayama, Koji Kubouchi, Masako Udo, Yukako Imanaka, Shiho Ueda, Takashi Masuko, Reiko Sugiura
PLoS ONE 8(7): 2013 Jul; 8(7): e68488
Pubmed

2012年度 英語発表論文

The first total synthesis of Acremomannolipin A, the potential Ca2+ signal modulator with a characteristic glycolipid structure, isolated from the filamentous fungus Acremonium strictum.
Nozomi Tsutsui, Genzoh Tanabe, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Osamu Muraoka
Tetrahedron Lett, 2013 Feb; 54(6): 451-453
Link

Acremomannolipin A, the potential calcium signal modulator with a characteristic glycolipid structure from the filamentous fungus Acremonium strictum.
Reiko Sugiura, Ayako Kita, Nozomi Tsutsui, Osamu Muraoka, Kanako Hagihara, Nanae Umeda, Tatsuki Kunoh, Hirofumi Takada, Dai Hirose
Bioorg Med Chem Lett, 2012 Nov; 22(21): 6735-6739
Pubmed

Sip1, a Conserved AP-1 Accessory Protein, is Important for Golgi/Endosome Trafficking in Fission Yeast
Yang Yu, Ayako Kita, Masako Udo, Yuta Katayama, Mami Shintani, Kwihwa Park, Kanako Hagihara, Nanae Umeda, Reiko Sugiura
PLoS ONE, 2012 Sep; 7(9): e45324
Pubmed

Studies on the Roles of Clathrin-Mediated Membrane Trafficking and Zinc Transporter Cis4 in the Transport of GPI-Anchored Proteins in Fission Yeast.
Wurentuya Jaiseng, Yue Fang, Yan Ma, Reiko Sugiura, Takayoshi Kuno
PLoS ONE, 2012 Jul; 7(7): e41946
Pubmed

Genetic screening for regulators of Prz1, a transcriptional factor acting downstream of calcineurin in fission yeast.
Atsushi Koike, Toshiaki Kato, Reiko Sugiura, Yan Ma, Yuki Tabata, Koji Ohmoto, Susie O. Sio, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2012 Jun; 287(23): 19294-19303
Pubmed

2011年度 英語発表論文

Role of the RNA-binding Protein Nrd1 in Stress Granule Formation and Its Implication in the Stress Response in Fission Yeast.
Ryosuke Satoh, Akitomo Tanaka, Ayako Kita, Takahiro Morita, Yasuhiro Matsumura, Nanae Umeda, Makoto Takada, Sachiko Hayashi, Tokio Tani, Kaori Shinmyozu, Reiko Sugiura
PLoS ONE,2012 Jan; 7(1): e29683
Pubmed

The stress granule protein Vgl1 and poly-A binding protein Pab1 are required for doxorubicin resistance in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.
Takahiro Morita, Ryosuke Satoh, Nanae Umeda, Ayako Kita, and Reiko Sugiura
Biochemical and Biophysical Research Communications 2012 Jan; 417(1): 399-403
Pubmed

2010年度 英語発表論文

Transient Receptor Potential (TRP) and Cch1-Yam8 Channels Play Key Roles in the Regulation of Cytoplasmic Ca2+ in Fission Yeast.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Atsushi Koike, Hidemine Ebina, Susie O. Sio, Takayoshi Kuno
PLoS ONE, 2011 Jul; 6(7): e22421.
Pubmed

Role of RNA-Binding Proteins in MAPK Signal Transduction Pathway.
Reiko Sugiura, Ryosuke Satoh, Shunji Ishiwata, Nanae Umeda, Ayako Kita
J Signal Transduct, 2011 Apr; 2011: 109746
Pubmed

Role of the Small GTPase Rho3 in Golgi/Endosome Trafficking through Functional Interaction with Adaptin in Fission Yeast.
Ayako Kita, Cuifang Li, Yang Yu, Nanae Umeda, Akira Doi, Mitsuko Yasuda, Shunji Ishiwata, Atsushi Taga, Yoshihiro Horiuchi, Reiko Sugiura
PLoS ONE, 2011 Feb; 6(2): e16842
Pubmed

In vitro assay of the interaction between Rnc1 protein and Pmp1 mRNA by affinity capillary electrophoresis with a carboxylated capillary.
Atsushi Taga, Ryosuke Satoh, Shunji Ishiwata, Shunji Kodama, Atsushi Sato, Kentaro Suzuki, Reiko Sugiura
J Pharm Biomed Anal, 2010 Dec; 53(5): 1332-1337
Pubmed

MAP Kinase Kinase Kinase (MAPKKK)-dependent and -independent activation of Sty1 stress MAPK in fission yeast.
Xin Zhou, Yan Ma, Reiko Sugiura, Daiki Kobayashi, Masahiro Suzuki, Lu Deng, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2010 Oct; 285(43): 32818-32823
Pubmed

Isolation of a fission yeast mutant that is sensitive to valproic acid and defective in the gene encoding Ric1, a putative component of Ypt/Rab-specific GEF for Ryh1 GTPase.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Lili Zhang, Xin Zhou, Mai Takeuchi, Yi He, Takayoshi Kuno
Mol Genet Genomics, 2010 Sep; 284(3): 161-171 (Faculty of 1000 cited.)
Pubmed

2009年度 英語発表論文

The Cell Surface Protein Gene ecm33+ Is a Target of the Two Transcription Factors Atf1 and Mbx1 and Negatively Regulates Pmk1 MAPK Cell Integrity Signaling in Fission Yeast.
Hirohumi Takada, Aiko Nishida, Mitsuhiro Domae, Ayako Kita, Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Shunji Ishiwata,Yue Fang , Xin Zhou, Takashi Masuko, Mitsuhiro Kinoshita, Kazuaki Kakehi, Reiko Sugiura
Mol Biol Cell, 2010 Feb; 21(4): 674-685
Pubmed

Deletion mutants of AP-1 adaptin subunits display distinct phenotypes in fission yeast.
Yan Ma, Mai Takeuchi, Reiko Sugiura, Susie O. Sio, Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2009 Aug; 14(8): 1015-1028
Pubmed

The Role of the RNA-Binding Protein Nrd1 and Pmk1 MAPK in the Regulation of Myosin mRNA Stability in Fission Yeast.
Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Hirofumi Takada, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Atsushi Taga, Yasuhiro Matsumura, Hideki Tohda, Reiko Sugiura
Mol Biol Cell, 2009 May; 20(9): 2473-2485
Pubmed

Pleiotropic phenotypes caused by an opal nonsense mutation in an essential gene encoding HMG-CoA reductase in fission yeast.
Yue Fang, Kiwamu Imagawa, Xin Zhou, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Wurentuya Jaiseng, Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2009 Jun; 14(6): 759-771
Pubmed

2008年度 英語発表論文

Cation Diffusion Facilitator Cis4 is Implicated in Golgi Membrane Trafficking via Regulating Zinc Homeostasis in Fission Yeast.
Yue Fang, Reiko Sugiura, Yan Ma, Tomoko Yada-Matsushima, Hirotatsu Umeno, Takayoshi Kuno
Mol Biol Cell, 2008 Apr; 19(4): 1295-1303
Pubmed

Molecular Genetic Approach to Identify Inhibitors of Signal Transduction Pathways.
Shunji Ishiwata, Takayoshi Kuno, Hirofumi Takada, Atsushi Koike Reiko Sugiura
Sourcebook of Models for Biomedical Research, 2008; 439-443
book website

2007年度 英語発表論文

Atf1 Is a Target of the MAP Kinase Pmk1 and Regulates Cell Integrity in Fission Yeast.
Hirofumi Takada, Masayuki Nishimura, Yuta Asayama, Yoshiaki Mannse, Shunji Ishiwata, Ayako Kita, Akira Doi, Aiko Nishida, Naoyuki Kai, Sayako Moriuchi, Hideki Tohda, Yuko Giga-Hama, Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura
Mol. Biol. Cell, 2007 Dec; 18(12): 4794-4802
Pubmed

Wobble inosine tRNA modification is essential to cell cycle progression in G1/S and G2/M transitions in fission yeast.
Satoshi Tsutsumi, Reiko Sugiura, YanMa, Hideki Tokuoka, Kazuki Ohta, Rieko Ohte, Akiko Noma, Tsutomu Suzuki, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2007 Nov; 282(46): 33459-33465
Pubmed

Essential roles of class E Vps proteins for sorting into multivesicular bodies in Schizosaccharomyces pombe.
Tomo Iwaki, Masayuki Onishi, Masaru Ikeuchi, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Yuko Giga-Hama, Yasuhisa Fukui, Kaoru Takegawa
Microbiology, 2007 Aug; 153(Pt 8): 2753-2764
Pubmed

Six new amino acid-auxotrophic markersfor targeted gene integration and disruption in fission yeast.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Mariko Saito, Atsushi Koike, Susie O. Sio, Yasuko Fujita, Kaoru Takegawa, Takayoshi Kuno
Curr Genet, 2007 Aug; 52(2): 97-105
Pubmed

Valproic Acid Affects Membrane Trafficking And Cell Wall Integrity in Fission Yeast.
Makoto Miyatake, Takayoshi Kuno, AyakoKita, Kosaku Katsura, Kaoru Takegawa, Satoshi Uno, Toshiya Nabata, and Reiko Sugiura
Genetics, 2007 Apr; 175(4): 1695-1705
Pubmed

2006年度 英語発表論文

Rho2 is a Target of the Farnesyltransferase Cpp1 and Acts Upstream of Pmk1 MAP Kinase Signaling in Fission Yeast.
Yan Ma, Takayoshi Kuno, Ayako Kita, Yuta Asayama, Reiko Sugiura
Mol Biol Cell, 2006 Dec; 17(12): 5028-5037
Pubmed

Genetic Evidence for Phospholipid-Mediated Regulation of the Rab GDP-Dissociation Inhibitor in Fission Yeast.
Yan Ma, Takayoshi Kuno, Ayako Kita, Toshiya Nabata, Satoshi Uno, Reiko Sugiura
Genetics, 2006 Sep; 174(3): 1259-1271
Pubmed

Real-Time Monitoring of Calcineurin Activity in Living Cells: Evidence for Two Distinct Ca2+-Dependent Pathways in Fission Yeast.
Lu Deng, Reiko Sugiura, Mai Takeuchi, Masahiro Suzuki, Hidemine Ebina, Tomonori Takami, Atsushi Koike, Shiori Iba, Takayoshi Kuno
Mol Biol Cell, 2006 Aug; 17(11): 4790-4800
Pubmed

Genetic and Functional Interaction between Ryh1 and Ypt3: two Rab GTPases that Function in S. pombe Secretory Pathway.
Yi He, Reiko Sugiura, Yan Ma, Ayako Kita, Lu Deng, Kaoru Takegawa, Ken Matsuoka, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2006 Mar; 11(3): 207-221
Pubmed

2005年度 英語発表論文

sphatidylinositol-4-phosphate-5-kinase regulates fission yeast cell integrity through a phospholipase C-mediated protein kinase C-independent pathway.
Lu Deng, Reiko Sugiura, Kazuki Ohta, Kazuki Tada, Masahiro Suzuki, Masato Hirata, Shun-ichi Nakamura, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2005 Jul; 280(30): 27561-27568
Pubmed

The role of the regulatory subunit of fission yeast calcineurin for in vivo activity and its relevance to FK506 sensitivity.
Susie O. Sio, Takafumi Suehiro, Reiko Sugiura, Mai Takeuchi, Hideyuki Mukai, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2005 Apr; 280(13): 12231-12238
Pubmed

Comparison of Toxicity and Toxicokinetics/Pharmacokinetics of an α1L-adrenoceptor Agonist in Rats and Rhesus monkeys.
Matsumaru T, Reiko Sugiura, Kenji Sakai, Takashi Igarashi, Takayoshi Kuno
J Pharmacol Sci, 2005 Feb; 97(2): 273-283
Pubmed

2004年度 英語発表論文

Loss of Apm1, the AP-1 Clathrin-Adaptor mu1 Subunit, Causes Distinct Phenotypes and Synthetic Lethality with Calcineurin Deletion in Fission Yeast.
Ayako Kita, Reiko Sugiura, Hiromi Shoji, Yi He, Lu Deng, Yabin Lu, Susie O. Sio, Kaoru Takegawa, Motoyoshi Sakaue, Hisato Shuntoh, Takayosi Kuno
Mol Biol Cell, 2004 Jun; 15(6): 2920-2931
Pubmed

Lub1 Participates in Ubiquitin Homeostasis and Stress Response via Maintenance of Cellular Ubiquitin Contents in Fission Yeast.
Yasunari Ogiso, Reiko Sugiura, Tsuneyoshi Kamo, Satoshi Yanagiya, Yabin Lu, Koei Okazaki, Hisato Shuntoh, Takayosi Kuno
Mol Cell Biol, 2004 Mar; 24(6): 2324-2331
Pubmed

Upregulation of mRNA in MAPK Signaling: Transcriptional Activation or mRNA Stabilization?
Reiko Sugiura, Ayako Kita, Takayosi Kuno
Cell Cycle, 2004 Mar; 3(3): 286-288
Pubmed

Pmr1, a P-type ATPase, and Pdt1, an Nramp Homolog, Cooperatively Regulate Cell Morphogenesis in Fission Yeast: The Importance of Mn2+ Homeostasis.
Takuya Maeda, Reiko Sugiura, Ayako Kita, Mariko Saito, Lu Deng, Yi He; Yabin Lu, Yasuko Fujita, Kaoru Takegawa, Hisato Shuntoh, Takayosi Kuno
Genes Cells, 2004 Jan; 9(1): 71-82
Pubmed

2003年度 英語発表論文

Feedback regulation of MAPK signalling by an RNA-binding protein.
Reiko Sugiura, Ayako Kita, Yasuhito Shimizu, Hisato Shuntoh, Susie O. Sio, Takayosi Kuno
Nature, 2003 Aug; 424(6951): 961-965, 関連記事(朝日毎日神戸日経
Pubmed

Zinc Finger Protein Prz1 Regulates Ca2+ but Not Cl- Homeostasis in Fission Yeast: Identification of Distinct Branches of Calcineurin Signaling Pathway in Fission Yeast.
Sonoko Hirayama, Reiko Sugiura, Yabin Lu, Takuya Maeda, Kenji Kawagishi, Mistuhiro Yokoyama, Hideki Tohda, Yuko Giga-Hama, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2003 May; 278(20): 18078-18084
Pubmed

2002年度 英語発表論文

Calcineurin is implicated in the regulation of the septation initiation network in fission yeast.
Yabin Lu, Reiko Sugiura, Tomoko Yada, Hong Cheng, Susie O. Sio, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2002 Oct; 7(10): 1009-1019
Pubmed

Role of the Rab GTP-binding protein Ypt3 in the fission yeast exocytic pathway, and its connection to calcineurin function.
Hong Cheng, Reiko Sugiura, Wenlian Wu, Masaaki Fujita, Yabin Lu, Susie O. Sio, Rena Kawai, Kaoru Takegawa, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Mol Biol Cell, 2002 Aug; 13(8): 2963-2976
Pubmed

Genetic interaction between calcineurin and type 2 myosin and their involvement in the regulation of cytokinesis and chloride ion homeostasis in fission yeast.
Masaaki Fujita, Reiko Sugiura, Yabin Lu, Linxiao Xu, Yujie Xia, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Genetics, 2002 Jul; 161(3): 971-981
Pubmed

Calcineurin phosphatase in signal transduction: lessons from fission yeast.
Reiko Sugiura, Susie O. Sio, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2002 Jul; 7(7): 619-627
Pubmed

2001年度 英語発表論文

Downregulation of vascular soluble guanylate cyclase induced by high salt intake in spontaneously hypertensive rats.
Satomi Kagota, Akiko Tamashiro, Yu Yamaguchi, Reiko Sugiura, Takayoshi Kuno, Kazuki Nakamura, Masaru Kunitomo
Br J Pharmacol, 2001 Oct; 134 (4): 737-744
Pubmed

Its8, a fission yeast homolog of Mcd4 and Pig-n, is involved in GPI anchor synthesis and shares an essential function with calcineurin in cytokinesis.
Tomoko Yada, Reiko Sugiura, Ayako Kita, Yuumi Itoh, Yabin Lu, Yeongjin Hong, Taroh Kinoshita, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2001 Apr; 276 (17): 13579-13586
Pubmed

Molecular genetic analysis of the calcineurin signaling pathways.
Reiko Sugiura-R; Susie O. Sio, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Cell Mol Life Sci, 2001 Feb; 58(2): 278-288
Pubmed

2000年度 英語発表論文

Phosphatidylinositol-4-phosphate 5-kinase Its3 and calcineurin Ppb1 coordinately regulate cytokinesis in fission yeast.
Yingjie Zhang, Reiko Sugiura, Yabin Lu, Masako Asami, Takuya Maeda, Toshiki Itoh, Tadaomi Takenawa, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
J Biol Chem, 2000 Nov; 275(45): 35600-35606
Pubmed

Tol1, a fission yeast phosphomonoesterase, is an in vivo target of lithium and its deletion leads to sulfite auxotrophy.
Rumi Miyamoto, Reiko Sugiura, Shinya Kamitani, Tomoko Yada, Yabin Lu, Susie O. Sio, Masahiro Asakura, Akio Matsuhisa, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
J Bacteriol, 2000 Jul; 182(13): 3619-3625
Pubmed

1999年度 英語発表論文

The MAPK kinase Pek1 acts as a phosphorylation-dependent molecular switch.
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Susheela Dhut, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Nature, 1999 Jun; 399(6735): 479-483
Pubmed

1998年度 英語発表論文

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast.
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Hisato Shuntoh, Mitsuhiro Yanagida, Takayoshi Kuno
EMBO J, 1998 Jan; 17(1): 140-148
Pubmed

1996年度 英語発表論文

The fission yeast pmk1+ gene encodes a novel mitogen-activated protein kinase homolog which regulates cell integrity and functions coordinately with the protein kinase C pathway.
Takashi Toda, Susheela Dhut, Giulio Superti-Furga, Yukiko Gotoh, Eisuke Nishida, Reiko Sugiura, Takayoshi Kuno
Mol Cell Biol, 1996 Dec; 16(12): 6752-6764
Pubmed

Cloning and characterization of hsc1+, a heat shock cognate gene of the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.
Ken-ichi Oishi, Reiko Sugiura, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
Gene, 1996 Nov; 181(1-2): 45-49
Pubmed

news

日本語発表論文・著書news

がん特異的シグナル伝達
佐藤亮介、杉浦麗子
図解 腫瘍薬学, 2020; 149-156

RNA結合タンパク質Rnc1の局在制御
佐藤亮介、杉浦麗子
月刊「細胞」, 2019; 51(12): 53-55

RNA結合タンパク質Rnc1の局在制御
佐藤亮介、杉浦麗子
Precision Medicine, 2019; 2(6): 51-54

RNAとエピジェネティクスからの創薬へ
佐藤亮介、杉浦麗子
生体の科学, 2018; 69(4): 320-323

RNAとエピジェネティクス研究の最前線と疾患治療・創薬の可能性 序文
杉浦麗子
日本薬理学雑誌, 2016; 147(6): 339

シグナル制御拠点としてのRNA顆粒の役割~RNA顆粒によるシグナル伝達分子の空間的制御~
佐藤亮介、萩原加奈子、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬理学雑誌, 2016; 147(6): 340-345
Link

シグナル伝達が制御する翻訳開始機構
佐藤亮介
日本薬理学雑誌, 2016; 147(6): 368-369
Link

RNAたちの井戸端会議は何をもたらすのか
萩原加奈子
日本薬理学雑誌, 2016; 147(6): 370
Link

カルシニューリンの新たな制御機構と医療・創薬への応用ーRNA顆粒によるカルシニューリンの空間的制御ー
佐藤亮介,萩原加奈子,喜多綾子,杉浦麗子
生化学, 2015; 87(5): 517-524
Link

抗がん剤汚染を防止する注射剤バイアル用ゴム栓「もれま栓」の開発
石渡俊二,多賀淳,藤田秀樹,品川隆幸,西田升三,喜多綾子,杉浦麗子
医療薬学, 2013; 39(5): 271-275
Link

注射剤調製時のバイアルからの漏液量測定法の確立と注射針形状の漏液量への影響
多賀淳,石渡俊二,藤田秀樹,西田升三,喜多綾子,杉浦麗子
医療薬学, 2012; 38(6): 379-383
Link

化学発光を利用した注射剤混合調製トレーニングシステムの実習への応用性の検討
石渡俊二,多賀淳,小泉祐一,野村真美,森卯京,西山辰美,荒井真美子,喜多綾子,髙田充隆,杉浦麗子
日本病院薬剤師会雑誌, 2012; 48(2): 189-192
Link

Evaluation of brilliance and visibility of fluorescence and chemiluminescence solution for training of preparing injections.
Shunji Ishiwata, Atsushi Taga, Hiroyuki Sano, Masataka Kobayashi, Jun Nomiyama, Shiro Harada, Ayako Kita, Mitsutaka Takada, Reiko Sugiura
Yakugaku Zasshi, 2011; 131(9), 1361-1367
Link

カルシニューリン内因性制御因子の新たな生理機能:ダウン症候群やアルツハイマー病の謎に迫る
梅田奈苗,喜多綾子,杉浦麗子
細胞工学, 2011; 30(6): 606-611
Link

医薬品の開発と生産 レギュラトリーサイエンスの基礎(じほう)
杉浦麗子,石渡俊二
2010; 173-178

MAPキナーゼシグナル伝達によるmRNA結合蛋白質の制御
佐藤亮介,高田宏文,喜多綾子,杉浦麗子
蛋白質核酸酵素, 2009; 「mRNAプログラム 多様性と非対称性の獲得戦略」12月号増刊, 54(16): 2207-2212

分裂酵母を用いたPI(4,5)P2シグナル過剰発現時における細胞内膜構造の解析
喜多綾子、天谷美鈴、土井 章、于陽、石渡俊二、杉浦麗子
医学生物学電子顕微鏡技術学会誌, 2009; 23(1): 66

カルシニューリンによる細胞制御
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
生化学, 2005; 77(10): 1291-1298

酵母ゲノミクスを用いたdrug discovery
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
日本薬理学雑誌, 2005; 125(4): 213-218

RNA結合タンパク質によるMAPキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞工学, 2003; 22(11): 1212-1213

カルシニューリン研究最前線:クロストーク系と内因性阻害分子の発見を中心に
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
実験医学, 2003; 21(1): 65-68

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの機能解析(受賞者講演)
杉浦麗子
日本薬理学雑誌 2002; 119(3): 155-161

細胞内シグナル伝達研究
杉浦麗子,藤田昌昭,春藤久人,久野高義
フローチャートでみる先端バイオ研究の進め方
辻本豪三,田中利男共編(羊土社)
2001(4); 17-23

シグナル伝達カスケードと分子シャペロン
杉浦麗子,藤田昌昭,春藤久人,久野高義
分子シャペロンによる細胞機能制御
永田和宏,森正敬,吉田賢右共編(シュプリンガー・フェアラーク東京)
2001(6); 140-147

分裂酵母モデル系を用いたゲノム創薬とゲノム薬理学
久野高義,杉浦麗子,春藤久人
蛋白質核酸酵素, 2000;「最先端創薬」4月号増刊,45(6): 868-873

新規MAPKK Pek1は抑制と活性化の両機能を持つ分子スイッチの役割をする
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞工学, 1999; 18(8): 1100-1101

カルシニューリン
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞内シグナル伝達(第2版), Bio Science新用語ライブラリー
山本雅 編(羊土社)
1999; 144-145

PP2B(カルシニューリン)の構造と機能
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
蛋白質核酸酵素, 1998;「プロテインホスファターゼの構造と機能」6月号増刊,43(8): 952-958

酵母におけるカルシニューリン情報伝達系
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
蛋白質核酸酵素, 1998;「プロテインホスファターゼの構造と機能」6月号増刊,43(8): 1021-1028

分裂酵母モデル系におけるカルシニューリンの機能解析
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
実験医学, 1997; 15(6): 629-634

PP2Bの生理機能
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
細胞工学, 1997; 16(2): 201-209

新規MAPK
登田隆,杉浦麗子,久野高義
実験医学, 1996; 14(19): 54-59

news

学会発表・講演会等news


2021年度 学会発表・講演会等

The mechanism of alfa-Synuclein aggregation and toxicity revealed by the fission yeast model system: The role of calcineurin signaling and its relevance to Parkinson's disease
Reiko Sugiura
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ワークショップ)

新規がん治療薬候補化合物ACA-28が骨肉腫細胞において誘導するアポトーシスとオートファジーの関わり
上山紗依、髙崎輝恒、上野七海、佐藤亮介、秋末敏宏、杉浦麗子
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ポスター)

Pck2/PKC過剰発現依存的な細胞増殖抑制はDEAD-box型RNA helicase DDX3/Ded1を介して回復する
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、髙崎輝恒、Chun Tsai、梅田茉実、杉浦麗子
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ポスター)

ACAGT-007a, an ERK MAPK Signaling Modulator, when combined with AKT Signaling Inhibitor, Promotes Antitumor Activity in Pancreatic Cancer Cells
Golam Khandakar, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Kana Fujitani, Genzo Tanabe, Reiko Sugiura
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ポスター)

核外輸送システムに注目した新規抗がん剤シーズACA-28のERK MAPK経路調節機構の解析
藤原大輝、髙崎輝恒、冨本尚史、豊田教幹、Golam Khandakar、佐藤亮介、岡正啓、米田悦啓、杉浦麗子
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ポスター)

パーキンソン病の分裂酵母モデル系を用いたα-シヌクレインの凝集抑制や細胞障害の軽減を目的とした医薬品の探索
杉本恵崇、髙崎輝恒、黒崎亮、垂井祐大、巽祐司、佐藤亮介、杉浦麗子
第44回日本分子生物学会年会 2021年12月1日~3日(横浜・ポスター)

分裂酵母モデル系を用いたα-シヌクレインの凝集や細胞障害を抑制する医薬品の探索とその作用メカニズムの解明
杉本恵崇、髙崎輝恒、黒崎亮、垂井祐大、巽祐司、佐藤亮介、杉浦麗子
第140回日本薬理学会近畿部会 2021年11月13日(奈良・口頭)

MAPKシグナル活性化因子Protien Kinase Cの時空間的制御機構におけるストレス顆粒の役割
神田勇輝、冨本尚史、佐藤亮介、髙崎輝恒、杉浦麗子
第140回日本薬理学会近畿部会 2021年11月13日(奈良・口頭)

Combination of ACAGT-007a, a novel ERK signaling modulator, with AKT signaling inhibitor effectively induces apoptosis in pancreatic cancer cells
Khandakar Golam Iftakhar、藤谷佳奈、佐藤亮介、髙崎輝恒、田邊元三、杉浦麗子
第140回日本薬理学会近畿部会 2021年11月13日(奈良・口頭)

ストレス顆粒を介したPKC/MAPKシグナル制御機構メカニズムの解析
ーRNA helicase Ded1がPck2の過剰発現依存的な細胞増殖抑制から回復させるー
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、髙崎輝恒、Chun An Tsai、梅田茉実、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

核外輸送システムに注目した新規抗がん剤シーズACA-28のERK依存的細胞死誘導作用の解析
藤原大輝、髙崎輝恒、Golam Iftakar Khandakar、神田勇輝、佐藤亮介、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

Acremomannolipin Aによる細胞死誘導機構におけるCaMKの関わり
中塚華蓮、髙崎輝恒、濱田構造、佐藤亮介、高島克輝、田邊元三、鎌田春彦、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

新規抗がん剤候補化合物ACA-28がERK活性化依存的細胞死を誘導するメカニズムの探索
安藤成美、佐藤亮介、髙崎輝恒、芝本雄威、足立淳、朝長毅、田邊元三、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

分裂酵母モデル系を用いたαシヌクレイン凝集体の細胞毒性を増強する因子の探索
ーパーキンソン病治療薬を目指したαシヌクレイン凝集抑制因子の探索に向けてー
垂井祐大、髙崎輝恒、杉本恵崇、黒崎亮、佐藤亮介、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

ERK経路の活性化を介した新規アポトーシス誘導剤ACA-28の構造活性相関
大西里奈、佐藤亮介、髙崎輝恒、芝本雄威、田邊元三、杉浦麗子
第71回日本薬学会関西支部総会・大会 2021年10月9日(オンライン開催)(口頭)

分裂酵母に対するエラグ酸とタクロリムスとの併用効果に関する検討
萩原加奈子、細中孝輔、星野修平、岩田和輝、小川直紀、佐藤亮介、髙崎輝恒、前田拓也、杉浦麗子
日本防菌防黴学会第148回年次大会 2021年9月8日~9日(オンライン開催)(ポスター)

新規抗がん剤シーズACAGT-007aの膵臓癌細胞に対する効果とアポトーシス誘導機構:ERK MAPKシグナルおよびPI3K/AKTシグナルの関わり
藤谷佳奈、Khandakar Golam Iftakhar、佐藤亮介、髙崎輝恒、田邊元三、杉浦麗子
第139回日本薬理学会近畿部会 2021年6月26日(オンライン開催)(口頭)

新規抗がん剤シーズACA-28のERK依存的抗がん活性と核外移行システムの関わり
藤原 大輝、高崎 輝恒、Golam Iftakhar Khandakar、神田 勇輝、佐藤 亮介、杉浦 麗子
第139回日本薬理学会近畿部会 2021年6月26日(オンライン開催)(口頭)

新規ERK活性調節剤ACA-28は骨肉腫由来細胞株においてアポトーシスとオートファジーを誘導する
上山紗依、上野七海、當内健太、高崎輝恒、佐藤亮介、秋末敏宏、杉浦麗子
第139回日本薬理学会近畿部会 2021年6月26日(オンライン開催)(口頭)

ストレス顆粒構成因子RNA helicase Ded1とPKC/MAPKシグナル制御機構の関係
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、Chun An Tsai、梅田茉美、杉浦麗子
第139回日本薬理学会近畿部会 2021年6月26日(オンライン開催)(口頭)

RNA結合タンパク質Puf4による酸化ストレス応答に関わるシグナル制御機構の探索
土屋葵子、高崎輝恒、佐藤亮介、神田勇輝、Deiter A. Wolf、杉浦 麗子
第139回日本薬理学会近畿部会 2021年6月26日(オンライン開催)(口頭)

新規抗がん剤シーズACA-28の骨肉腫細胞における細胞死誘導機構の解析
上山紗依、當内健太、上野七海、高崎輝恒、佐藤亮介、秋末敏宏、杉浦麗子
第67回日本生化学会近畿支部例会 2021年5月29日(オンライン開催)(口頭)
優秀発表賞受賞

RNA結合タンパク質Puf4による酸化ストレス応答に関わるシグナル制御機の探索
土屋葵子、高崎輝恒、佐藤亮介、神田勇輝、Deiter A. Wolf、杉浦 麗子
第67回日本生化学会近畿支部例会 2021年5月29日(オンライン開催)(口頭)

PKC/MAPKシグナル制御におけるRNA helicase Ded1とストレス顆粒の役割
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、Chun An Tsai、梅田茉美、杉浦麗子
第67回日本生化学会近畿支部例会 2021年5月29日(オンライン開催)(口頭)

2020年度 学会発表・講演会等

ダウン症候群関連遺伝子 Rcn1のカルシニューリン依存的、非依存的な酸化ストレス応答機構の解析
久木田優香、高崎輝恒、野田章博、佐藤亮介、杉浦麗子
第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月14日(大阪・オンライン開催)(口頭)

PKC/MAPKシグナル活性調節におけるストレス顆粒の役割
Tsai Chun An、神田勇輝、冨本尚史、田中妙美、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月14日(大阪・オンライン開催)(口頭)

MAPKシグナルを標的としたがん細胞増殖抑制効果を有する天然物抽出成分の探索
山本真鈴、高崎輝恒、藪野真也、佐藤亮介、遠藤雄一、杉浦麗子
第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月14日(大阪・オンライン開催)(口頭)

RNA結合タンパク質 Puf4による酸化ストレス応答シグナル制御機構の探索
土屋葵子、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter A. Wolf、杉浦麗子
第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月14日(大阪・オンライン開催)(口頭)

骨肉腫細胞に対する ACA-28の細胞増殖抑制効果と作用機序の解析
上山紗依、當内健太、高崎輝恒、佐藤亮介、秋末敏宏、杉浦麗子
第138回日本薬理学会近畿部会 2020年11月14日(大阪・オンライン開催)(口頭)

新規抗がん剤シーズACA-28に対する各種がん細胞の感受性と脱リン酸化酵素DUSPの関わり
藤原大輝, 水野綾美, 神田勇輝, 濵田直弥, 髙崎輝恒, 佐藤亮介, 杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(滋賀・オンライン開催)(ポスター)

RNA helicase活性低下型Ded1DAAD変異はPmk1 MAPKシグナルを正に制御する
冨本尚史、神田勇輝、Tsai Chun An、佐藤亮介、髙崎輝恒、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(滋賀・オンライン開催)(口頭)

新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構におけるMAPK Phosphatase DUSP6の役割
水野綾美、宮本理穂、藤原大樹、神田勇輝、髙崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(オンライン開催)(口頭)

ERKシグナル調節薬ACA-28はERK依存的細胞死と抗酸化転写因子NRF-2依存的遺伝子発現を誘導する
當内健太、森梓、上山紗依、佐藤亮介、髙崎輝恒、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(オンライン開催)(口頭)

新規ERKシグナル調節薬ACA-28の適応拡大と細胞死誘導機構の解析
濵田直弥、佐藤亮介、髙崎輝恒、田邉元三、足立淳、朝長毅、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(オンライン開催)(口頭)

骨肉腫細胞に対するACA-28の細胞増殖抑制効果と作用機序の解明
上山紗依、當内健太、髙崎輝恒、佐藤亮介、秋末敏宏、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(オンライン開催)(ポスター)

Puf4による酸化ストレス応答シグナル制御機構の探索
土屋葵子、神田勇輝、佐藤亮介、髙崎輝恒、Dieter A Wolf、杉浦麗子
第70回 日本薬学会関西支部大会 2020年10月10日(オンライン開催)(ポスター)

分裂酵母モデル系を用いたαーシヌクレイン凝集体形成メカニズムの探索とメンブレントラフィックの関わり
杉本恵崇、高崎輝恒、佐藤亮介、濱田耕造、杉浦麗子
第137回日本薬理学会近畿部会 2020年6月20日(岡山・オンライン開催)(口頭)

DEAD-box 型RNA helicase DDX3/Ded1 によるPKC/MAPK シグナル抑制機構の解析
冨本尚史、神田勇輝、Chun An Tsai、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第137回日本薬理学会近畿部会 2020年6月20日(岡山・オンライン開催)(口頭)

2019年度 学会発表・講演会等

新規ERKシグナル調節薬ACA-28が多様なERK活性化癌細胞に対してERK依存的細胞死を引き起こす分子機構についての解析
濵田直弥、佐藤亮介、高崎輝恒、田邉元三、益子高、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月6日 (福岡)(ポスター)

ERK MAPK活性化を利用したがん細胞選択的アポトーシス誘導化合物の開発
佐藤亮介、濵田直弥、石川文洋、高崎輝恒、田邉元三、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月6日 (福岡)(ポスター)

新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構 におけるMAPK Phosphatase DUSP6の役割
水野綾美、宮本理穂、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月6日 (福岡)(ポスター)

α-EndosulfineホモログIgo1はストレス応答MAPKシグナルを介してリン酸化依存的に酸化ストレス耐性をもたらす
田原彩花、當内健太、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、Wolf Dieter、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月6日 (福岡)(ポスター)

ストレス顆粒へのトランスロケーションに注目したProtein Kinase Cの制御機構
神田勇輝、冨本尚史、永井善紀、田中妙美、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月6日 (福岡)(ポスター)

細胞内Ca2+濃度調節におけるオートファジー関連因子Atg1とMAPKおよびCa2+/カルシニューリンシグナルの機能的関わり
嶋田絵理香、杉山大征、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月5日 (福岡)(ポスター)

ダウン症責任因子DSCR1/RCAN1ホモログのカルシニューリン依存的および非依存的役割
高崎輝恒、松村綾華、真鍋涼、佐藤亮介、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月4日(福岡)(ワークショップ)

相転移が指揮するMAPKシグナル制御:MAPKシグナルの空間的制御プラットフォームとしてのRNA顆粒の役割
杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月4日(福岡)(ワークショップ)

新規ERK活性調節剤ACA-28を介するメラノーマ細胞特異的細胞死誘導機構におけるNrf-2の役割
當内健太、森梓、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第42回日本分子生物学会年会 2019年12月4日 (福岡)(ポスター)

新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構におけるMAPK Phosphatase DUSP6の役割
水野綾美、宮本理穂、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月23日(大阪)(口頭)

オートファジー関連因子Atg1のMAPK経路およびCa2+/カルシニューリンシグナル制御因子としての新たな働き
嶋田絵理香、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月23日(大阪)(口頭)

新規ERKシグナル調節薬ACA-28が多様なERK活性化癌細胞に対してERK依存的細胞死を引き起こす分子機構についての解析
濵田直弥、佐藤亮介、高崎輝恒、田邉元三、杉浦麗子
第136回日本薬理学会近畿部会 2019年11月23日(大阪)(口頭)

ACA-28, a novel ERK signaling modulator, induces ERK-dependent apoptosis by downregulating DUSP6.
Reiko Sugiura
4th TW-JP Bilateral Phosphatase conference 2019年11月14~16日(台湾)(招待)

Search for Protein Phosphatases Regulating Translocation of Protein Kinase to Stress Granules
Yuki Kanda
4th TW-JP Bilateral Phosphatase conference 2019年11月14~16日(台湾)(口頭+ポスター)

Functional links between α-synuclein aggregates and impairment of intracellular trafficking revealed by a yeast model of Parkinson's disease
Yoshitaka Sugimoto
4th TW-JP Bilateral Phosphatase conference 2019年11月14~16日(台湾)(ポスター)

PKCがストレス顆粒へ移行するメカニズムの解析
-PKCのキナーゼ活性やMAPKシグナルがPKCのストレス顆粒移行に与える影響ー
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月12日(神戸)(口頭)

α-EndosulfineホモログIgo1が酸化ストレス耐性をどのように獲得するのか
ーリン酸化依存的な調節機構についてー
田原彩花、當内健太、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter Wolf、杉浦麗子
第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月12日(神戸)(口頭)

新規ERK活性調節剤ACA-28によるメラノーマ細胞特異的細胞死誘導機構の解析
當内健太、森梓、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第69回日本薬学会関西支部総会・大会 2019年10月12日(神戸)(口頭)

RNA結合タンパク質Pumilioによるイノシトールリン脂質代謝経路の制御
佐藤亮介、田中千晶、高崎輝恒、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 2019年9月4~6日(静岡)(口頭)
会長特別賞受賞

膜を持たないオルガネラであるストレス顆粒のMAPKシグナル制御ハブとしての働き
杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 2019年9月4~6日(静岡)(口頭)

分裂酵母の酸化ストレス応答におけるダウン症責任因子DSCR1/RCAN1ホモログの新たな役割
高崎輝恒、松村綾華、真鍋涼、佐藤亮介、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 2019年9月4~6日(静岡)(口頭)

PKCがストレス顆粒へ移行するメカニズムの探索
冨本尚史、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 2019年9月4~6日(静岡)(ポスター)

The importance of the DUSPs (dual-specificity phosphatases) in mediating the biological effect of ACA-28, a novel MAPK signalling modulator identified in the chemical genetic screen using fission yeast
Ayami Mizuno, Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(ポスター)

Phospho-regulation of α-Endosulfine homolog Igo1 in oxidative stress responses
Ayaka Tahara, Kenta Touchi, Reina Torii, Kanako Hagihara, Azusa Mori, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Dieter Wolf, Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(ポスター)

The role of autophagy-related factors and calcineurin in the mechanisms of Ca2+ homeostasis in nutrient-rich and starved conditions
Erika Shimada, Taisei Sugiyama, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(ポスター)

Chemical genetic screen in fission yeast identified ACA-28 and its potent derivative compound, which preferentially kill several cancer cells
Naoya Hamada, Ryosuke Satoh, Genzoh Tanabe, Fumihiro Ishikawa, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(ポスター)

The KH-type RNA-binding protein Rnc1 regulates stress granule assembly, dependently or independently of its RNA-binding activity
Ryosuke Satoh, Aki Kawasaki, Nobuki Hara, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(ポスター)

Phase separation orchestrates MAPK signaling ~The role of RNA granule as a platform to spatially regulate MAPK signaling~
Reiko Sugiura
10th International Fission Yeast Meeting (pombe 2019)   2019年7月14~19日(依頼口頭)

2018年度 学会発表・講演会等

MAPKシグナルが制御するRNA結合タンパク質
佐藤亮介
慶應義塾大学先端生命科学研究所セミナー 2019年3月29日(山形)(招待セミナー)

肝臓でのシトクロムP450誘導過程におけるプロテインキナーゼ Nの関与
立石駿介、川瀬篤史、向井秀幸、黒田真太郎、佐藤亮介、島田紘明、岩城正宏、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

新規抗がん剤候補化合物ACA-28依存的なアポトーシス誘導機構におけるMAPキナーゼホスファターゼDUSP6の役割
水野綾美、宮本理穂、神田勇輝、髙崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

ERKシグナル調節薬ACA-28とその高活性アナログのがん細胞に対するアポトーシス誘導活性
濵田 直弥、佐藤亮介、高崎輝恒、田邉元三、石川文洋、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

RNA結合タンパク質Rnc1のRNA結合能依存的な凝集機構
川崎有記、佐藤亮介、原伸樹、高崎輝恒、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

RNA結合タンパク質Rnc1のストレス顆粒への移行率は自身のリン酸化レベルと相関する
原伸樹、佐藤亮介、川崎有記、高崎輝恒、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

α-EndosulfineホモログIgo1は酸化ストレス依存的なストレス応答MAPK経路の活性化に関与する
當内健太、田原彩花、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter A Wolf、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

酸化ストレス条件下におけるα-EndosulfineホモログIgo1のリン酸化制御
田原彩花、當内健太、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter A Wolf、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

酸化ストレス応答におけるPumilioファミリータンパク質Puf4のリン酸化修飾とその生理的役割
稲荷正大、田中千晶、甲斐千夏、田中妙美、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter A Wolf、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(ポスター)

MAPKシグナルを空間的に制御するプラットフォームとしてのRNA顆粒の役割
神田勇輝、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(口頭)

RNA結合タンパク質Rnc1のストレス顆粒局在機構
佐藤亮介、原伸樹、川崎有記、髙崎輝恒、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(口頭)

TARGETING Cancer's Achilles' Heel ~A Novel Cancer Therapy to Stimulate Oncogenic ERK Signaling~
杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム “Beyond the Genome” ?New Horizons for Health and Diseases? 2019年3月20日(大阪)(シンポジウム)

MAPKシグナルが制御するRNA結合タンパク質
佐藤亮介
第34回 HiHA Seminar 2018年12月7日(広島)(招待セミナー)

RNA結合タンパク質Rnc1のRNA結合能依存的/非依存的なストレス顆粒制御機構
佐藤亮介、原伸樹、川崎有記、高崎輝恒、杉浦麗子
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月30日(横浜)(ポスター)

カルシニューリン制御因子Rcn1の新たな役割 ~酸化ストレス応答経路におけるネガティブフィードバック作用~
高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月29日(横浜)(ポスター)

免疫調節薬を超えて:フィンゴリモド(FTY720)の細胞死誘導機構における酸化ストレスと鉄ホメオスタシスの関わり
杉浦麗子
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月28日(横浜)(ワークショップ)

MAPKシグナルはRNA顆粒形成を介してProtein Kinase Cの活性を空間的に制御する
神田勇輝、永井善紀、田中妙美、土屋葵子、水野綾美、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月28日(横浜)(ポスター)

Hsp90によるMAPKシグナル制御機構の解析
池畑拓実、大谷夏実、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第41回日本分子生物学会年会 2018年11月28日(横浜)(ポスター)

Hsp90シャペロンはMAPKシグナル経路構成因子の正常な細胞内局在に関与する
池畑拓実、大谷夏実、高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第134回日本薬理学会近畿部会   2018年11月23日(大阪)(口頭)

Selective killing of cancer cells by ACA-28, a small molecule inducing ERK-dependent apoptosis ~A novel cancer therapy to stimulate oncogenic ERK signaling~
Reiko Sugiura
Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery (ICPP13)
Oct 23-25, 2018 (Tokyo)

A role of α-Endosulfine homolog Igo1 in oxxdative stress responses
Ayaka Tahara, Kenta touchi, Reina Torii, Kanako Hagihara, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Dieter Wolf, Reiko Sugiura
Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery (ICPP13)
Oct 23-25, 2018 (Tokyo)

A novel role for the regulator of calcineurin Rcn1 in negative feedback regulation of the stress-activated MAPK signaling
Teruaki Takasaki, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery (ICPP13)
Oct 23-25, 2018 (Tokyo)

ACA-28, an ERK MAPK signaling modulator, influences DUSP6 expression
Yuki Kanda, Ayami Mizuno, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery (ICPP13)
Oct 23-25, 2018 (Tokyo)

A yeast-based phenotypic screen for ERK signaling modulators
Reiko Sugiura
German Japanese Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Development
Oct 22, 2018 (Tokyo)

RNA結合タンパク質の局在制御とMAPKシグナル調節機構―RNA結合タンパク質の局在制御を標的とした医薬品開発に向けて
佐藤亮介
第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 2018年10月13日(姫路)(受賞講演)

ERK依存的細胞死誘導剤ACA-28のトリプルネガティブ乳癌に対する効果
濵田直弥、川崎有記、佐藤亮介、 高崎輝恒、田邉元三、石川文洋、杉浦麗子
第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 2018年10月13日(姫路)(口頭)

ストレス応答MAPKシグナルの調節におけるα-EndosulfineホモログIgo1の役割
當内健太、 廣井 遥、田原彩花、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter Wolf、 杉浦麗子
第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 2018年10月13日(姫路)(口頭)

DUSPホモログPmp1のストレス依存的細胞内局在変化とストレス顆粒の関わり
水野綾美、神田勇輝、髙崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第68回日本薬学会近畿支部総会・大会 2018年10月13日(姫路)(口頭)

新規化合物ACA-28はがん細胞特異的にERKシグナルを活性化することによりERK依存的細胞死を誘導する
杉浦麗子
第77回日本癌学会学術総会 2018年9月27~29日(大阪)(口頭)

新規ERK MAPKシグナル経路標的薬の発見とがん治療への応用
杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(シンポジウム)

DUSPホモログPmp1 のストレス依存的細胞内局在変化とMAPKシグナル制御との関わり
水野綾美、神田勇輝、高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

RNA結合タンパク質Rnc1の空間制御を介したMAPKシグナル調節機構とストレス顆粒形成制御
佐藤亮介、原伸樹、川崎有記、高崎輝恒、杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

DEAD box型RNA ヘリケースDed1によるPKC/MAPK シグナル制御機構
土屋葵子、神田勇輝、永井善紀、田中妙美、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

ERK依存的細胞死誘導剤ACA-28の高活性アナログによるがん細胞増殖抑制
濵田直弥、川崎有記、佐藤亮介、高崎輝恒、田邉元三、石川文洋、杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

オートファジー関連因子Atg1とMAPKおよびCa2+/カルシニューリンシグナルの機能的関わり
嶋田絵理香、神田勇輝、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

α-EndosulfineホモログIgo1はストレス応答MAPKシグナルの調節に関わる
當内健太、廣井遥、田原彩花、鳥居礼奈、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子、Dieter Wolf
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

α-EndosulfineホモログIgo1の酸化ストレス応答におけるリン酸化依存的な役割
田原彩花、廣井遥、當内健太、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子、Dieter Wolf
第91回日本生化学会大会 2018年9月24~26日(京都)(ポスター)

The Cutting Edge of Cancer Research -Approaching towards "Genome-based Drug Discovery"
Reiko Sugiura
アジア太平洋薬学生シンポジウム(APPS2018)2018年8月18~24日(山梨)(ワークショップ)

RNA結合タンパク質Rnc1のRNA結合能依存的/非依存的なストレス顆粒局在機構
佐藤亮介、原伸樹、川崎有記、高崎輝恒、杉浦麗子
第20回日本RNA学会年会 2018年7月9~11日(大阪)(口頭+ポスター)

RNA granuleを介したDEAD box型RNA helicase Ded1によるPKC/MAPKシグナルの新規制御機構の提唱
神田勇輝、永井善紀、田中妙美、土屋葵子、池田智里、水野綾美、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第20回日本RNA学会年会 2018年7月9~11日(大阪)(ポスター)

酸化ストレス耐性におけるα-EndosulfineホモログIgo1の働き
田原彩花、當内健太、鳥居礼奈、萩原加奈子、高崎輝明、佐藤亮介、Dieter Wolf、杉浦麗子
第20回日本RNA学会年会 2018年7月9~11日(大阪)(ポスター)

酸化ストレス応答におけるPumilioファミリータンパク質Puf4のリン酸化修飾とその生理的役割
稲荷正大、田中千晶、甲斐千夏、佐藤亮介、高崎輝明、Dieter A Wolf、杉浦麗子
第20回日本RNA学会年会 2018年7月9~11日(大阪)(ポスター)

2017年度 学会発表・講演会等

DEAD box型RNA helicase Ded1はPKC/MAPKシグナルを制御する ~RNA granuleを介するPKC/MAPKシグナルの空間的制御メカニズム~
永井善紀、神田勇輝、松本紗希、犬塚夏実、池田智里、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
日本薬学会第138年会 2018年3月25~28日(金沢)(口頭)

RNA結合タンパク質の時間・空間的制御を介したMAPKシグナル調節機構~RNA結合タンパク質の局在制御を標的としたMAPKシグナル調節薬の創薬基盤~
佐藤亮介、萩原加奈子、高崎輝恒、杉浦麗子
日本薬学会第138年会 2018年3月25~28日(金沢)(口頭)

酵母遺伝学を用いた癌化シグナルの解析と創薬への応用:ERK依存的細胞死誘導剤ACA-28の発見と新たながん治療戦略
杉浦麗子
日本薬学会第138年会 2018年3月25~28日(金沢)(シンポジウム)

新規ERKシグナル調節薬の発見とがん治療戦略のパラダイムシフト
杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ワークショップ)

RNA結合タンパク質のMAPK依存的なリン酸化の役割 ~RNA結合能と細胞内局在の二重制御~
佐藤亮介、萩原加奈子、深尾亜喜良、藤原俊伸、平井晋哉、谷時雄、高崎輝恒、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(口頭+ポスター)

ケミカルゲノミクスを用いたFTY720感受性遺伝子の網羅的探索とROS/カルシウムシグナルの関わり
萩原加奈子、石田紘基、木下佳那子、亀岡佳則、北條志穂美、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(口頭+ポスター)

αシヌクレイン凝集体が引き起こす細胞障害メカニズムの解析:分裂酵母モデル生物を用いた細胞内輸送システムとの関わり
高崎輝恒、吉本佐紀、萩原加奈子、佐藤亮介、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(口頭+ポスター)

分裂酵母Pumilioの酸化ストレス応答における役割
稲荷正大、萩原加奈子、原伸樹、田中千晶、佐藤亮介、高崎輝恒、Wolf Dieter A、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

EndosulfineホモログIgo1の酸化ストレス応答における役割
田原彩花、萩原加奈子、石田紘基、廣井遥、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter Wolf、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

Hsp90とMAPKシグナル伝達経路構成因子のクロストーク機構
池畑拓実、大谷夏実、萩原加奈子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

RNA granuleを介したDEAD box型RNA helicase Ded1によるPKC/MAPKシグナル制御機構の提唱
神田勇輝、犬塚夏実、松本紗希、池田智里、永井善紀、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

Ca2+ホメオスタシスを介するオートファジー制御因子Atg1とMAPK経路との関わり
嶋田絵理香、萩原加奈子、高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

PKN1はリンパ球の細胞運動・トラフィッキングを制御する
窪内康二、團野紗莉、野町昭、平田多佳子、松尾一彦、中山隆志、佐藤亮介、杉浦麗子、阿部学、崎村建司、若菜茂晴、大崎博之、鴨志田伸吾、向井秀幸
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017年12月6~9日(神戸)(ポスター)

Chemical genetics identifies ACA-28, a 1'-acetoxychavicol acetate analogue compound, as a novel modulator of ERK MAPK signaling, which preferentially kills human melanoma cells by inducing ERK-dependent apoptosis
Reiko Sugiura
The 3rd Japan-Taiwan Bilateral Conference on Protein Phosphatase & The 8th Japanese Conference on Protein Phosphatase(口頭)
Nov 18-21, 2017 (Sendai)

The DEAD box RNA helicase Ded1 negatively regulates PKC/MAPK signaling via RNA granule
Yuki Kanda, Yoshinori Nagai, Kiko Tsuchiya, Ryosuke Satoh, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
The 3rd Japan-Taiwan Bilateral Conference on Protein Phosphatase & The 8th Japanese Conference on Protein Phosphatase(ポスター)
Nov 18-21, 2017 (Sendai)
優秀ポスター賞受賞

THE DEAD BOX RNA HELICASE DED1 NEGATIVELY REGULATES PKC/MAPK SIGNALING VIA RNA GRANULES
Yuki Kanda, Saki Matsumoto, Natsumi Inutsuka, Chisato Ikeda, Yoshinori Nagai, Kiko Tsuchiya, Teruaki Takasaki, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
RNA Biology 2017 ~Cutting Edge Developments in RNA Biology for the Control of Gene Expression~(ポスター)
Nov 13-17, 2017 (Okinawa)

”キャビコール誘導体ACA-28”は、がん細胞特異的にERK依存的細胞死を誘導する革新的抗がん剤シーズである
杉浦麗子、佐藤亮介、松浦一貴、萩原加奈子、神田勇輝、石川文洋、田邉元三、村岡修、高崎輝恒
第35回メディシナルケミストリーシンポジウム 2017年10月25~27日(名古屋)(ポスター+ショートオーラル)

Ca2+ホメオスタシスを介するオートファジー遺伝子とMAPKシグナル経路の関わり
嶋田絵理香、萩原加奈子、高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会   2017年10月14日(神戸)(口頭)

MAPKシグナル制御におけるDEAD box型RNA helicase Ded1の役割
-RNA granuleを介するPKC/MAPKシグナルの空間的制御メカニズム-
永井善紀、神田勇輝、松本紗希、犬塚夏実、池田智里、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会   2017年10月14日(神戸)(口頭)

RNA 結合タンパク質の時間・空間的制御を介したMAPKシグナル調節機構
-RNA結合タンパク質の局在制御機構と創薬への応用-
佐藤亮介、萩原加奈子、高崎輝恒、杉浦麗子
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会   2017年10月14日(神戸)(口頭)

EndosulfineホモログIgo1が酸化ストレスにどのように応答するのか
-ROSシグナル応答に関わる分子のリン酸化による調節メカニズム-
田原彩花、萩原加奈子、石田紘基、廣井遥、佐藤亮介、高崎輝恒、Dieter Wolf、杉浦麗子
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会   2017年10月14日(神戸)(口頭)

S1P受容体調節剤FTY720を介するシグナル伝達機構の解明
-FTY720添加のもたらすCa2+/ROS/Feシグナルの変化と新たな生理活性-
萩原加奈子、亀岡佳則、北條志穂美、近重裕次、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
第67回日本薬学会近畿支部総会・大会   2017年10月14日(神戸)(口頭)

RNA結合タンパク質Rnc1の空間制御機構とMAPKシグナルの関わり
佐藤亮介、原伸樹、萩原加奈子、高崎輝恒、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会   2017年9月11~13日(東京)(口頭)

酵母遺伝学の創薬への応用:ERK MAPKシグナル経路(パスウェイ) 標的薬ACA-28の発見と新たながん治療戦略
杉浦麗子、佐藤亮介、松浦一貴、萩原加奈子、神田勇輝、高崎輝恒
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会   2017年9月11~13日(東京)(口頭)   

MAPKシグナル抑制因子であるRNA結合タンパク質Rnc1とストレス顆粒との関係
原伸樹、佐藤亮介、萩原加奈子、高崎輝恒、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会   2017年9月11~13日(東京)(ポスター)   

Ca2+ホメオスタシスを介するオートファジー遺伝子とMAPKシグナル経路の関わり
嶋田絵理香、萩原加奈子、高崎輝恒、佐藤亮介、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会  2017年9月11~13日(東京)(ポスター)

DEAD box型RNAヘリケースDed1によるMAPKシグナル抑制機構
永井善紀、神田勇輝、松本紗希、犬塚夏実、池田智里、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会   2017年9月11~13日(東京)(ポスター)

酸化ストレスに応答したEndosulfineホモログIgo1の役割
田原彩花、萩原加奈子、石田紘基、廣井遥、佐藤亮介、Dieter Wolf、 杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会   2017年9月11~13日(東京)(ポスター)

ACA-28によるERK MAPKシグナルを介したメラノーマ特異的細胞増殖抑制機構
松浦一貴、佐藤亮介、萩原加奈子、神田勇輝、高崎輝恒、杉浦麗子
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017「第7回院生サミット」 2017年9月2日(奈良)(ポスター+ショートトーク)

DEAD box型RNA helicase Ded1によるPKC/MAPKシグナル制御機構の提唱
神田勇輝、犬塚夏実、松本紗希、池田智里、永井善紀、土屋葵子、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017「第7回院生サミット」 2017年9月2日(奈良)(ポスター+ショートトーク)

Hsp90とMAPKシグナル伝達経路構成因子のクロストーク機構
池畑拓実、大谷夏実、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017「第7回院生サミット」 2017年9月2日(奈良)(ポスター)

RNA結合タンパク質Pumiliioとイノシトールリン脂質代謝との機能的関係
稲荷正大、萩原加奈子、原伸樹、田中千晶、佐藤亮介、高崎輝恒、杉浦麗子
近畿大学大学院サイエンスネットワーク2017「第7回院生サミット」 2017年9月2日(奈良)(ポスター)

カルシニューリン阻害薬FK506を利用したMAPKシグナル制御メカニズムと創薬研究:シグナル制御拠点としてのRNA顆粒の役割から新規ERK調整剤ACA-28の抗がん作用まで
杉浦麗子
第24回マクロライド新作用研究会講演 2017年7月21~22日(東京)(口頭)

KH型RNA結合タンパク質Rnc1のRae1依存的な核外輸送を介したMAPKシグナル制御機構
佐藤亮介、萩原加奈子、深尾亜喜良、藤原俊伸、平井晋哉、谷時雄、杉浦麗子
第19回日本RNA学会年会 2017年7月19~21日(富山)(口頭)

メタロミクス研究をめざした細胞内金属イオン濃度の新規定量法開発
緒方文彦、佐藤亮介、萩原加奈子、杉浦麗子、川﨑直人
第44回日本毒性学会学術年会 2017年7月10~12日(横浜)(ポスター)

酵母モデル生物とケミカルゲノミクスを用いたMAPキナーゼシグナル制御機構の解明と創薬への展開
杉浦麗子
医薬基盤研セミナー講演 2017年6月6日(大阪)(口頭)

Spatial Regulation of the KH Domain RNA-Binding Protein Rnc1 Mediated by a Crm1-Independent Nuclear Export System
Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Masahiro Inari, Akira Fukao, Toshinobu Fujiwara, Shinya Hirai, Tokio Tani, Reiko Sugiura
9TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2017) (口頭+ポスター)
May 14-19, 2017 (Banff)

Skb5, an SH3 Aaptor Protein, Regulates PKC/MAPK Signaling by Controlling the Intracellular Localization of MAPKKK
Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Saki Matsumoto, Chisato Ikeda, Natsumi Inutsuka, Kanako Hagihara, Sho Tsujimoto, Ayako Kita, Reiko Sugiura
9TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2017) (ポスター)
May 14-19, 2017 (Banff)

Selective Killing of Human Melanoma Cancer Cells by a Novel Small Molecule Compound Identified by a Phenotypic Screen Targeting MAPK Signalling in Fission Yeast
Ryosuke Satoh, Kazuki Matsuura, Kanako Hagihara, Ayako Kita, Genzo Tanabe, Osamu Muraoka, Teruaki Takasaki, Reiko Sugiura
9TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2017) (ポスター)
May 14-19, 2017 (Banff)

Combating Cancer with a Powerful Chemical Genetics Approach and Model Systems
Reiko Sugiura
McGill University seminar
May 15, 2017(Montreal)

2016年度 学会発表・講演会等

RNA granules: Signaling hubs and therapeutic targets for cancer therapy
Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Kanako Hagihara, Reiko Sugiura
第39回日本分子生物学会年会(シンポジウム)2016年11月30日~12月2日(横浜)(依頼シンポジウム)

ダウン症関連遺伝子RCAN1は酸化ストレス応答シグナル伝達経路を制御する
佐藤亮介、別府梨沙、喜多綾子、石原慶一、杉浦麗子
第39回日本分子生物学会年会(シンポジウム)2016年11月30日~12月2日(横浜)(依頼シンポジウム)

溶液NMR法を用いた長距離情報の取得によるRNA結合性タンパク質Nrd1のドメイン間配向の決定
永井敢、小林彩保、佐藤亮介、杉浦麗子、伊藤隆、三島正規
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月30日~12月2日(横浜)(ポスター)

S1P受容体調節剤FTY720を介する遺伝子発現プロファイリングの網羅的解析と鉄代謝機構の関わり
萩原加奈子、石田紘基、木下佳那子、喜多綾子、佐藤亮介、近重裕次、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
第39回日本分子生物学会年会 2016年11月30日~12月2日(横浜)(ポスター)

モデル生物を用いたMAPKシグナル制御メカニズムの解明と創薬への応用
杉浦麗子
北海道大学大学院医学研究科講演会 2016年11月17日(札幌)(口頭)

Applying Kinase-Phosphatase Interplay in Ca2+ Signaing for Cancer Therapeutics: A pas de deux.
Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(依頼シンポジウム)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Skb5, an SH3 adaptor protein, regulates PKC/MAPK signaling via spatial regulation of MAPKKK.
Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Saki Matsumoto, Chisato Ikeda, Natsumi Inutsuka, Kanako Hagihara, Sho Tsujimoto, Ayako Kita, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(若手口頭発表)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Anticancer-drug screening utilizing fission yeast genetics identified Acremomannolipin A, a Calcium signalling modulator with anti-tumor activity
Ryosuke Satoh, Kazuki Matsuura, Kanako Hagihara, Nozomu Tsuchimoto, Yoshimasa Hyodo, Ayako Kita, Osamu Muraoka, Genzoh Tanabe, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(若手口頭発表)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Preoin kinase N (PKN) family-dipendent regulation of hepatic cytochrome P450 2C and metabolic profile analysis in PKN mutant mice through targeted metabolomics by LC-MS/MS.
Atsushi Kawase, Nobuyuki Nimura, Marina Yamashita, Yuki Ono, Koji Kubouchi, Nanae Sawada, Hiroaki Shimada, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Hideyuki Mukai, Masahiro Iwaki, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Mutaion and Inhibition of Hsp90 affects stress granule assembly and MAPK signaling. ~Implications of anti-cancer mechanisms of Geldanamycin~
Takumi Ikehata, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター+ショートトーク)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Skb5, an SH3 domain adaptor protein, plays a regulatory role in the PKC/MAPK signaling pathway by controlling the intracellular localization of the MAPKKK Mkh1.
Chisato Ikeda, Yuki Kanda, Ryosuke Satoh, Saki Matsumoto, Natsumi Inutsuka, Kanako Hagihara, Sho Tsujimoto, Ayako Kita, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター+ショートトーク)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)
「革新がんゲノム」優秀ポスター発表賞受賞

Global gene expression profiling reveals unexpected spectrum of effects of a novel immune modulator FTY720. ~Possible involvement of iron homeostasis as an antitumor property of FTY720~
Kanako Hagihara, Kouki Ishida, Knako Kinoshita, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター+ショートトーク)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Anti-cancer drug discovery using fission yeast genetics identified a novel analog of 1'-Acetoxychavicol Acetate (ACA) with a potent anti-tumor activity against human melanoma cells.
Kazuki Matsuura, Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Nozomu Tsuchimoto, Yoshimasa Hyodo, Ayako Kita, Genzoh Tanabe, Osamu Muraoka, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター+ショートトーク)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

Functional Analysis of the Puf family RNA-binding protein Pumilio in stress responses and the inositol phospholipid signaling pathway.
Masahiro Inari, Ryosuke Satoh, Yusuke Kimura, Kanako Hagihara, Yuki Kitai, Kouki Ishida, Haruka Hiroi, Ayako Kita, Dieter Wolf, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター+ショートトーク)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)
「革新がんゲノム」優秀ポスター発表賞受賞

Evaluation of the measurement method of intracellular calcium ion concentration in fission yeast.
Fumihiko Ogata, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Naohito Kawasaki
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

A Genome-wide Sreen Reveals Genes Involved in Calcium Signaling and Glycosylation for Tolerance to SKB (Sugiura Kagoubutsu B ), a Novel Glycolipid with Potent Anti-tubor Activity.
Ayako Kita, Ai Minamibayashi, Miki Yamazaki, Kanako Hagihara, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
the 12th International Conference on Protein Phosphatase & International Symposium on Innovative Research for Genome-Based Drug Discovery and Cancer Therapeutics(ポスター)
Oct 27-30, 2016 (Osaka)

近大から世界へ発信するがん研究~酵母を用いた超基礎研究の成果を患者さんに届ける橋渡し研究をめざして
杉浦麗子
近畿大学 生涯教育研修会 2016年10月1日(大阪)(口頭)

RNA結合蛋白質Rnc1の局在解析から見えてきたMAPKシグナルの制御機構
佐藤亮介、萩原加奈子、稲荷正大、池畑拓実、喜多綾子、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会 2016年9月9日~11日(神戸)(口頭)

S1P受容体調節剤FTY720を介するシグナル伝達機構の解明
萩原加奈子、石田紘基、木下佳那子、喜多綾子、佐藤亮介、近重裕次、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会 2016年9月9日~11日(神戸)(口頭)

分裂酵母を用いたCalcineurinとCalcipressinの局在制御機構の解析
池畑拓実、岡山杏奈、佐藤亮介、萩原加奈子、喜多綾子、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会 2016年9月9日~11日(神戸)(ポスター)

SH3アダプターSkb5はMAPKKKの細胞内局在を制御することでPmk1 MAPKシグナルを抑制する
池田智里、神田勇輝、佐藤亮介、松本紗希、犬塚夏実、萩原加奈子、松野純男、喜多綾子、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会 2016年9月9日~11日(神戸)(ポスター)

RNA結合タンパク質PumilioとPI4,5P2シグナルの遺伝学的関わり
稲荷正大、佐藤亮介、萩原加奈子、廣井遥、北井佑樹、石田紘基、Dieter Wolf、喜多綾子、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第49回研究報告会 2016年9月9日~11日(神戸)(ポスター)

PKC/MAPKシグナルの空間的制御メカニズムと創薬への応用
杉浦麗子
広島大学健康長寿研究拠点(HiHA)第6回ワークショップ 2016年7月8日(広島)(口頭)

Spatial Regulation of RNA-binding Proteins via Stress Granule Formation by Signaling Pathways.
Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura
The RNA Society of Japan 18th Annual Meeting & the 21th Annual Meeting of the RNA Society (RNA 2016 Kyoto)(ポスター)
Jun 28- Jul 2, 2016 (Kyoto)

RNA granules: Signaling habs and therapeutic targets for cancer therapy.
Reiko Sugiura
The RNA Society of Japan 18th Annual Meeting & the 21th Annual Meeting of the RNA Society (RNA 2016 Kyoto)(ポスター)
Jun 28- Jul 2, 2016 (Kyoto)

シグナル伝達拠点としてのRNA granuleの機能解析と創薬への応用
杉浦麗子、喜多綾子、萩原加奈子、池畑拓実、稲荷正大、佐藤亮介
第1回RNA顆粒/RNAタンパク質複合体研究会 2016年7月16日~17日(岡崎)(依頼口頭)

Calcineurin抑制因子Calcipressinのstress granule移行に関わる領域とCalcineurinシグナルに与える役割の解析
池畑拓実、岡山杏奈、佐藤亮介、萩原加奈子、喜多綾子、杉浦麗子
第1回RNA顆粒/RNAタンパク質複合体研究会 2016年7月16日~17日(岡崎)(ポスター)

RNA結合タンパク質Pumilioとイノシトールリン脂質経路のストレス応答における役割の解析
稲荷正大、佐藤亮介、萩原加奈子、廣井遥、北井佑樹、石田紘基、Dieter Wolf、喜多綾子、杉浦麗子
第1回RNA顆粒/RNAタンパク質複合体研究会 2016年7月16日~17日(岡崎)(ポスター)

RNA granuleの構成因子を介したPKCシグナル制御メカニズムの解析
喜多綾子、神田勇輝、松本紗希、犬塚夏実、池田智里、佐藤亮介、土井章、杉浦麗子
第1回RNA顆粒/RNAタンパク質複合体研究会 2016年7月16日~17日(岡崎)(ポスター)

RNA結合蛋白質のリン酸化はStress granuleの形成を調節する
佐藤亮介、萩原加奈子、池畑拓実、稲荷正大、喜多綾子、杉浦麗子
第1回RNA顆粒/RNAタンパク質複合体研究会 2016年7月16日~17日(岡崎)(ポスター)

Combating Cancer with a Powerful Chemical Genetics Approach
Reiko Sugiura
大阪大学医学系研究科セミナー 2016年5月24日(大阪)(口頭)

2015年度 学会発表

シグナル伝達拠点(ハブ)としてのRNA顆粒の役割
杉浦麗子
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会合同大会(ワークショップ)2015年12月1日~4日(神戸)(依頼口頭)

カルシニューリンシグナルの空間的制御機構
佐藤亮介、萩原加奈子、喜多綾子、杉浦麗子
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会合同大会(ワークショップ)2015年12月1日~4日(神戸)(依頼口頭)

イノシトールリン脂質代謝に関わる新規因子群の機能解析
小倉尚也、水野稜子、李翠芳、喜多綾子、佐藤亮介、西口英里、伊藤俊樹、杉浦麗子
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会合同大会 2015年12月1日~4日(神戸)(ポスター)

免疫抑制薬FTY720の遺伝子発現プロファイリングの解析
北井佑樹、萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、石田紘基、喜多綾子、佐藤亮介、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会合同大会 2015年12月1日~4日(神戸)(ポスター)

PKN3ノックアウトマウスを用いた新たな血管新生とがん転移シグナルの制御機構
窪内康二、辻本翔、神田勇輝、小野祐輝、木戸友絵、澤田奈々、西田升三、椿正寛、Mashud Rana、向井秀幸、杉浦麗子
第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会合同大会 2015年12月1日~4日(神戸)(ポスター)

カルシニューリンシグナルの空間的制御機構
佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム「RNAと癌研究が拓く生命科学の最前線」 2015年11月30日(東大阪)(依頼口頭)

PKN3ノックアウトマウスを用いた新たな血管新生とがん転移シグナルの制御機構
窪内康二、辻本翔、神田勇輝、小野祐輝、木戸友絵、澤田奈々、西田升三、椿正寛、Rana Mashud、向井秀幸、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム「RNAと癌研究が拓く生命科学の最前線」 2015年11月30日(東大阪)(ポスター)

細胞増殖シグナルPmk1 MAPK経路とオードファジー関連因子の関係
小池史華、仁熊久美、髙橋宏和、南林愛、窪内康二、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム「RNAと癌研究が拓く生命科学の最前線」 2015年11月30日(東大阪)(ポスター)

KH型RNA結合タンパク質Rnc1はMAPKシグナルに依存してストレス顆粒に移行する
木村悠介、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
未来創薬医療イノベーションシンポジウム「RNAと癌研究が拓く生命科学の最前線」 2015年11月30日(東大阪)(ポスター)

Stress granule形成を介したRNA結合蛋白質の空間的制御におけるシグナル伝達経路の役割
佐藤亮介、木村悠介、喜多綾子、杉浦麗子
第17回日本RNA学会年会 2015年7月15~17日(札幌)(ポスター)

KH型RNA結合蛋白質Rnc1はMAPKシグナルに依存してストレス顆粒に移行する
木村悠介、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
第17回日本RNA学会年会 2015年7月15~17日(札幌)(ポスター)

RNA Granules as Signaling Hubs.
Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(口頭)

The SH3 domain protein Skb5 is a novel regulator of PKC/MAPK signaling in fission yeast.
Yuki Kanda, Sho Tsujimoto, Saki Matsumoto, Natsumi Inutsuka, Ayako Kita, Ryosuke Sato, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

Imp2, the PSTPIP homolog in fission yeast, regulates cytokinesis and membrane traffic.
Ayako Kita, Mari Higa, Akira Doi, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

Genome-Wide Analysis of Gene Expression Profiles upon FTY720 Treatment.
Yuki Kitai, Kanako Hagihara, Aya Mizukura, Mariko Yao, Kouki Ishida, Ayako Kita, Ryosuke Satoh, Yuji Chikashige, Takashi Masuko, Sumio Matzno, Kenji Chiba, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

An endogenous calcineurin inhibitor DSCR1/RCAN1 regulates calcium and oxidative stress signaling.
Koji Kubouchi, Ayako Kita, Ryosuke Satoh, Rie Nagasoko, Yumi Iga, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

Functional analysis of novel regulatory factors involved in PI4P5K/PI4,5P2 signaling.
Naoya Ogura, Ryoko Mizuno, Cuifang Li, Ayako Kita, Ryosuke Satoh, Eri Nishiguchi, Toshiki Itoh, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

Chemical genomics reveals genes associated with sensitivity to rapamycin in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.
Takaya Uno, Akira Doi, Ayumi Fujimoto, Shun Sato, Yuuki Kanda, Keita Asami, Yuriko Tanaka, Ayako Kita, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
8TH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe 2015)
Jun 21-16, 2015 (Kobe)(ポスター)

2014年度 学会発表

Combating Cancer with a Powerful Chemical Genomics and Model Systems ~Cancer Therapeutics in Fission Yeast~
Reiko Sugiura
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業~増殖シグナルを標的とした革新的がん治療法開発をめざした統合的ゲノム研究に関する医薬連携基盤形成~「キックオフシンポジウム」 2015年3月24日(大阪)(依頼シンポジウム)

細胞増殖シグナル制御拠点としてのRNA顆粒の役割
杉浦麗子
第88回日本薬理学会年会 2015年3月18日~20日(名古屋)

Pmk1 MAPK経路とオートファジー関連因子の機能的関係
仁熊久美、片山雄大、小池史華、高橋宏和、南林愛、喜多綾子、佐藤亮介、杉浦麗子
第88回日本薬理学会年会 2015年3月18日~20日(名古屋)

S1P受容体調節剤FTY720感受性遺伝子の網羅的探索
萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、高塚三恵、北井佑樹、石田紘基、木下佳那子、喜多綾子、佐藤亮介、杉浦麗子
第88回日本薬理学会年会 2015年3月18日~20日(名古屋)

プロテインキナーゼPKN3ノックアウトマウスにおけるがん転移抑制メカニズムの解析
窪内康二、辻本翔、神田勇輝、木戸友絵、小野祐輝、喜多綾子、佐藤亮介、西田升三、椿正寛、向井秀幸、杉浦麗子
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25日~27日(横浜)

FTY720を介するカルシニューリンシグナル伝達経路とストレス応答MAPキナーゼ経路のクロストーク機構
北井佑樹、萩原加奈子、水庫彩、喜多綾子、佐藤亮介、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25日~27日(横浜)

イノシトールリン脂質代謝に関わる新規因子群の機能解析
小倉尚也、李翠芳、喜多綾子、加藤彩香、水野稜子、佐藤亮介、奥公秀、阪井康能、伊藤俊樹、杉浦麗子
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25日~27日(横浜)

S1P受容体調節剤FTY720を介する遺伝子発現プロファイリングの網羅的解析
萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、北井佑樹、石田紘基、喜多綾子、佐藤亮介、近重裕次、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
第37回日本分子生物学会年会 2014年11月25日~27日(横浜)

Novel functional roles for calcineurin inhibitor DSCR1/RCAN1 in the regulation of calcium and oxdative stress signaling
Koji Kubouchi, Ayako Kita, Mari Higa, Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
11th International Conference on Protein Phosphatase (ICPP11)
Nov 12-14, 2014(Sendai)

熱刺激に応答したカルシニューリンの局在制御機構の解析
比嘉真理、喜多綾子、萩原加奈子、土井章、長底利恵、伊賀弓佳、佐藤亮介、杉浦麗子
第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月24日(和歌山)

PKN3遺伝子ノックアウトマウスを用いたがん転移抑制メカニズムの探索
辻本翔、窪内康二、神田勇輝、小野祐輝、木戸友絵、西田升三、椿正寛、向井秀幸、杉浦麗子
第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月24日(和歌山)

イノシトールリン脂質代謝を制御するPH domainタンパク質の同定と機能解析
水野稜子、李翠芳、小倉尚也、加藤彩香、喜多綾子、佐藤亮介、奥公秀、阪井康能、伊藤俊樹、杉浦麗子
第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月24日(和歌山)

SH3ドメインタンパク質Skb5によるPKC/MAPKシグナル制御メカニズムの解明
神田勇輝、土井章、辻本翔、喜多綾子、成瀬一、佐藤亮介、杉浦麗子
第126回日本薬理学会近畿部会 2014年10月24日(和歌山)

低分子量Gタンパク質Rabファミリーを介するメンブレントラフィックとイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の空間的制御
杉浦麗子
第87回日本生化学会大会 2014年10月15~18日(京都)

MAPキナーゼシグナル依存的なRNA結合タンパク質Nrd1による細胞運命制御機構
佐藤亮介、伊藤祐奈、喜多綾子、萩原加奈子、谷時雄、杉浦麗子
第87回日本生化学会大会 2014年10月15~18日(京都)

ヒトPDK1分裂酵母ホモログKsg1の細胞形態制御とCa2+シグナル伝達経路における役割
大浦惇義、土井章、宇野貴哉、佐藤駿、神田勇輝、喜多綾子、萩原加奈子、比嘉真理、佐藤亮介、杉浦麗子
第87回日本生化学会大会 2014年10月15~18日(京都)

酵母モデル生物を用いたERK MAPKシグナル伝達経路阻害薬の探索
小野太貴、松浦一貴、野口大輝、山中真之、竹内健太、佐藤亮介、喜多綾子、益子高、杉浦麗子
第64回日本薬学会近畿支部総会・大会 2014年10月11日(京都)

AP-1アクセサリータンパク質Sip1のゴルジ/エンドゾームにおける細胞内膜輸送の役割
片山雄大、于陽、新谷真未、窪内康二、喜多綾子、杉浦麗子
第64回日本薬学会近畿支部総会・大会 2014年10月11日(京都)

酵母モデル生物を用いたMAPKシグナル伝達阻害薬による抗がん作用の開発
杉浦麗子
第32回バイオ技術シーズ公開会 2014年9月25日(大阪)

Role of RNA-binding protein in MAPK signaling and cell fate regulation.
Ryosuke Satoh, Yuna Ito, Ayako Kita, Kanako Hagihara, Akira Doi, Reiko Sugiura
The FEBS EMBO 2014 Conference
Aug 30-Sep 4, 2014 (Paris)

The SH3 domain protein is a novel regulator of PKC/MAPK signaling in fission yeast.
Yuki Kanda, Akira Doi, Ayako Kita, Hajime Naruse, Reiko Sugiura
The FEBS EMBO 2014 Conference
Aug 30-Sep 4, 2014 (Paris)

MAPキナーゼシグナル依存的なRNA結合タンパク質Nrd1によるストレス顆粒形成機構
佐藤亮介、伊藤祐奈、喜多綾子、萩原加奈子、谷時雄、杉浦麗子
第16回日本RNA学会年会 2014年7月23~25日(名古屋)

S1P受容体調節剤FTY720を介する新たなシグナル伝達機構の解明
石田紘基、萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、岡田千聖、高塚三恵、北井佑樹、喜多綾子、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
日本ケミカルバイオロジー学会 第9回年会 2014年6月11~13日(大阪)

Role of RNA-binding pritein in MAPK signaling and cell fate regulation.
Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
Anti-Aging International Mini-Symposium 2014: Cell Signaling and Therapeutic Targets for Geriatric and Inflammatory Diseases
Jun 7, 2014 (Osaka)

2013年度 学会発表

細胞内輸送とイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の機能的関係
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、小倉尚也、水野稜子、杉浦麗子
第6回日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会 2014年2月20~21日(三重)

S1P受容体調節剤FTY720を介するシグナル伝達機構の解明
萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、岡田千聖、高塚三恵、北井佑樹、石田紘基、喜多綾子、益子高、松野純男、千葉健治、杉浦麗子
第6回日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会 2014年2月20~21日(三重)

RNA結合蛋白質HuDとmRNA核外輸送因子TAP/NXF1によるcap依存的翻訳活性化機構
佐藤亮介、深尾亜喜良、野本明男、藤原俊伸
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

AP-1アクセサリータンパク質Its4/Sip1と低分子量G タンパク質Rho3によるクラスリンアダプターAP-1複合体のメンブレントラフィック制御機構
窪内康二、于陽、李翠芳、喜多綾子、片山雄大、新谷真未、杉浦麗子
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

PKC およびPKC 下流因子のリン酸化測定によるMAPK シグナル活性の解析
神田勇輝、土井章、喜多綾子、成瀬一、杉浦麗子
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

S1P 受容体調節剤FTY720の細胞内シグナル伝達経路の解明
北井佑樹、萩原加奈子、水庫彩、久能樹、喜多綾子、益子高、千葉健治、杉浦麗子
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

PHドメインタンパク質Sio1とイノシトールリン脂質シグナルの関わり
小倉尚也、李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、奥公秀、伊藤俊樹、阪井康能、杉浦麗子
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

低分子量G タンパク質Rab GTPase よるイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の空間的制御機構
李翠芳、橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、小倉尚也、奥公秀、伊藤俊樹、阪井康能、杉浦麗子
第36回日本分子生物学会年会 2013年12月3~6日(神戸)

酵母モデル生物を用いたMAPK パスウェイ阻害薬探索系の確立
小野太貴、久能樹、野口大輝、山中真之、喜多綾子、佐藤亮介、益子高、杉浦麗子
第124回日本薬理学会近畿部会 2013年11月1日(京都)

Role of RNA-binding protein in MAPK signaling.
Ryosuke Satoh, Reiko Sugiura
The 2nd Taiwan-Japan Bilateral Conference on Protein Phosphatases
Nov 28-29, 2013 (Taiwan)

AP-1 アクセサリータンパク質Sip1 と低分子量G タンパク質Rho3 によるメンブレントラッフィック制御機構の解明
片山雄大、于陽、李翠芳、窪内康二、久能樹、新谷真未、喜多綾子、杉浦麗子
第124回日本薬理学会近畿部会 2013年11月1日(京都)

分裂酵母由来のMAPキナーゼによりリン酸化されるRNA結合タンパク質Nrd1の構造解析
Ayaho Kobayashi, Ryosuke Satoh, Toshinobu Fujiwara, Reiko Sugiura, Yutaka Ito, Masaki Mishima
第51回日本生物物理学会年会 2013年12月3日~6日(京都)

S1P受容体調節剤FTY720の細胞内シグナル伝達経路の解明-FTY720とストレス応答シグナルとの関係-
北井佑樹、萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、岡田千聖、高塚三恵、喜多綾子、益子高、千葉健治、杉浦麗子
第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 2013年10月12日(京都)

PHドメインを有するタンパク質Sio1とイノシトールリン脂質シグナルの関わり:イノシトールリン脂質とPHドメインタンパク質について
小倉尚也、李翠芳、喜多綾子、井原美沙子、加藤彩香、辻本翔、杉浦麗子
第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 2013年10月12日(京都)

AP-1アクセサリータンパク質Its4/Sip1と低分子量Gタンパク質Rho3によるクラスリンアダプターAP-1複合体のメンブレンドラフィック制御機構
窪内康二、于陽、喜多綾子、片山雄大、新谷真未、杉浦麗子
第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 2013年10月12日(京都)

新規Calciumシグナル調節物質acremomannolipin A の構造活性相関研究:糖アルコール構造が活性に及ぼす効果
筒井望、田邉元三、後藤元気、森田直、野村尚央、岡山善知、喜多綾子、杉浦麗子、村岡修
第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 2013年10月12日(京都)

神経特異的RNA結合蛋白質HuDの細胞内局在とcap依存的翻訳活性化能との関係
佐藤亮介、深尾亜喜良、野本明男、藤原俊伸
第15回日本RNA学会年会(第15回RNAミーティング) 2013年7月24日~26日(松山)

A novel regulatory role for the calcineurin inhibitor DSCR1 (Down syndrome candidate region 1) in p38 MAPK-mediated stress signaling.
Reiko Sugiura, Nanae Umeda, Mari Higa, Yukiko Nota, Anna Ochiai, Yoshimi Kiyose, Ayako Kita
7th International Fission Yeast Meeting (Pombe2013)
Jun 24-29, 2013 (London)

The regulatory mechanism of phospholipid balance by lipid binding protein.
Cuifang Li, Ayako Kita, Yuuka Hashimoto, Misako Ihara, Ayaka Kato, Naoya Ogura, Reiko Sugiura.
7th International Fission Yeast Meeting (Pombe2013)
Jun 24-29, 2013 (London)

MAPK-dependent Rnc1 localization to stress granules.
Yuna Ito, Ryosuke Satoh, Mari Higa, Hajime Naruse, Makoto Takada, Reiko Sugiura
7th International Fission Yeast Meeting (Pombe2013)
Jun 24-29, 2013 (London)

MAPK signalling regulates stress-dependent formation of RNA-granules in fission yeast.
Mari Higa, Hajime Naruse, Yuna Ito, Akira Doi, Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Reiko Sugiura
7th International Fission Yeast Meeting (Pombe2013)
Jun 24-29, 2013 (London)

RNA結合蛋白質Nrd1のNMR法による構造解析
小林彩保、佐藤亮介、藤原俊伸、伊藤隆、杉浦麗子、三島正規
第13回日本蛋白質科学会年会 2013年6月12~14日(鳥取)

2012年度 学会発表

Spatial regulatory mechanism of the Pl4,5P2 signaling pathway by membrane trafficking system.
Cuifang Li, Ayako Kita, Yuuka Hashimoto, Misako Ihara, Ayako Kato, Naoya Ogura, Reiko Sugiura
10th International Conference on Protein Phosphatase
Feb 7-9, 2013 (Tokyo)

Chemical Genetic Analysis of the Ca2+/calcineurin signaling.
Yang Yu, Kanako Hagihara, Ayako Kita, Reiko Sugiura
10th International Conference on Protein Phosphatase
Feb 7-9, 2013 (Tokyo)

A role of Sip1, a calthrin adaptor ap-1 complex binding protein and Ca2+/calcineurin signaling in membrane trafficking.
Yang Yu, Ayako Kita, Masako Udo, Yuta Katayama, Mami Shintani, Kwihwa Park, Reiko Sugiura
10th International Conference on Protein Phosphatase
Feb 7-9, 2013 (Tokyo)

Cキナーゼシグナル制御因子としてのDed1の機能解析
土井 章
平成24年度RNA制御学領域班会議 2013年1月9日(宮城)

ケミカルバイオロジーの手法を用いた、カルシニューリンの新たな転写標的遺伝子tcp1+の同定と発現メカニズムの解明
八百麻里子、萩原加奈子、水庫彩、岡田千聖、高塚三恵、喜多綾子、杉浦麗子
第85回日本生化学会大会 2012年12月14~16日(福岡)

Skb5はスキャッフォールドタンパク質として、PKC/ MAPKシグナルを負に制御する
成瀬一、土井章、神田勇輝、喜多綾子、藤本明由美、寺脇萌香、杉浦麗子
第85回日本生化学会大会 2012年12月14~16日(福岡)

MAPKシグナル伝達経路とTRPチャネルVic2の機能的関連
芦田昌樹、小野太貴、久能樹、内田篤史、喜多綾子、杉浦麗子
第85回日本生化学会大会 2012年12月14~16日(福岡)

RNA結合蛋白質HuDの細胞内局在とcap依存的翻訳活性化能との関係
佐藤亮介、深尾亜喜良、野本明男、藤原俊伸
第35回日本分子生物学会年会 2012年12月11~14日(福岡)

ゲノム薬理学的アプローチを用いたMAPKシグナル経路構成因子TRP チャネルVic2 の同定と機能解析
芦田昌樹、小野太貴、久能樹、内田篤史、喜多綾子、杉浦麗子
第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月16日(大阪)

Skb5 はスキャッフォールドタンパク質として、PKC/ MAPKシグナルを負に制御する
成瀬一、土井 章、神田勇輝、喜多綾子、藤本明由美、寺脇萌香、杉浦麗子
第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月16日(大阪)

ケミカルバイオロジーの手法を用いた、カルシニューリンの新たな転写標的遺伝子tcp1+の同定と発現メカニズムの解明
八百麻里子、萩原加奈子、水庫 彩、岡田千聖、高塚三恵、喜多綾子、杉浦麗子
第122回日本薬理学会近畿部会 2012年11月16日(大阪)

Pmk1 MAPK 経路とTRP チャネルVic2 の機能的関連
小野太貴、芦田昌樹、内田篤史、久能 樹、喜多綾子、杉浦麗子
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会 2012年10月20日(兵庫)

DEAD Box 型RNA helicase Ded1 のRNA granule 局在と機能の関わり
辻本 翔、土井 章、比嘉真理、成瀬 一、喜多綾子、梅田奈苗、杉浦麗子
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会 2012年10月20日(兵庫)

クラスリンアダプターAP-1 複合体結合タンパク質Its4/Sip1 の細胞内膜輸送における役割
片山雄大、于 陽、喜多綾子、有働雅子、朴 貴和、新谷真未、杉浦麗子
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会 2012年10月20日(兵庫)

PHドメインタンパク質Slp2によるイノシトールリン脂質シグナルの制御
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、阪井康能、奥公秀、伊藤俊樹、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第45回研究報告会 2012年9月4~6日(京都)

クラスリンアダプターAP-1複合体結合タンパク質Its4/Sip1によるCa2+シグナル制御メカニズムの解明
于陽、喜多綾子、有働雅子、朴貴和、片山雄大、新谷真未、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第45回研究報告会 2012年9月4~6日(京都)

「ゲノム薬理研究が医療の革命を起こす:~遺伝子検査からがんのテーラーメード(個別)医療まで~」
杉浦麗子
第3回日本ゲノム薬理学研究会講演会 2012年8月19日(神戸)

MAPKシグナル依存的なRNA結合蛋白質Rnc1のStress Granule局在
伊藤祐奈、佐藤亮介、田中章友、髙田真琴、杉浦麗子
第14回日本RNA学会年会 2012年7月18~20日(仙台)

Functional genomics of calcineurin in model organism.
Reiko Sugiura
From Genomics to Proteomics~Toward Understanding Gene Function andthe Mechanism of Diseases~
Jun 27, 2012 (Osaka)

Mitogen-activated Protein Kinase Pathway Regulation: Role of RNA-Binding Proteins in MAPK Signal Transduction Pathway.
Reiko Sugiura
Special Course on Global Medical Science
Jun 21, 2012 (Kobe)

RNA結合蛋白質Nrd1のNMR法による構造解析
小林彩保、佐藤亮介、藤原俊伸、伊藤隆、杉浦麗子、三島正規
第13回日本蛋白質科学会年会 2012年6月12日~14日(鳥取)

MAPK Signaling and RNA-granules Formation in Fission Yeast.
Reiko Sugiura
The 22nd CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology II
Jun 11-13, 2012 (Kobe)

Regulation of MAPK Signaling by Nuclear-Cytoplasmic Shuttling of the RNA-Binding Protein Rnc1 in Fission Yeast.
Ryosuke Satoh, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Nanae Umeda, Makoto Takada, Yuna Ito, Ayako Kita, Kanako Hagihara, Akira Doi, Toshinobu Fujiwara, Reiko Sugiura
The 22nd CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology II
Jun 11-13, 2012 (Kobe)

酵母モデル生物を用いたMAPキナーゼシグナル制御因子の同定と創薬への展開
杉浦麗子、喜多綾子、久能樹、梅田奈苗、高田宏文、萩原加奈子、成瀬一、土井章
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会 2012年6月7~9日(京都)

S1P受容体調節剤FTY720の標的遺伝子の解析から導き出されるシグナル伝達経路機構
萩原加奈子、水庫彩、八百麻里子、岡田千聖、高塚三恵、喜多綾子、石渡俊二、益子高、千葉健治、杉浦麗子
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会 2012年6月7~9日(京都)

細胞内輸送とイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の機能的関係
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、石渡俊二、杉浦麗子
第54回日本脂質生化学会 2012年6月7~8日(福岡)

「細胞内シグナル伝達による核酸結合タンパク質の制御機構の解析:アフィニティキャピラリー電気泳動の応用と創薬への展開」
杉浦麗子
第62回日本電気泳動学会シンポジウム 2012年5月11日(東京)

2011年度 学会発表

クラスリンアダプターAP-1複合体結合タンパク質Its4のメンブレントラフィックにおける役割
有働雅子、于陽、喜多綾子、朴貴和、片山雄太、新谷真未、杉浦麗子
日本薬学会第132年会 2012年3月28~31日(北海道)

RNA結合蛋白質Nrd1のStress Granules形成とストレス応答における働き
田中章友、佐藤亮介、森田貴大、松村康弘、髙田真琴、伊藤祐奈、喜多綾子、石渡俊二、萩原加奈子、杉浦麗子
日本薬学会第132年会 2012年3月28~31日(北海道)

SIP受容体調節薬FTY720の標的遺伝子の同定と遺伝子発現機構の解明
水庫彩、萩原加奈子、喜多綾子、植田真理、八百麻里子、岡田千聖、高塚三恵、佐藤亮介、益子高、杉浦麗子
日本薬学会第132年会 2012年3月28~31日(北海道)

抗がん剤汚染防止用ゴム栓「もれま栓」の検討
石渡俊二、多賀淳、藤田秀樹、西田升三、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬学会第132年会 2012年3月28~31日(北海道)

新規Calcineurinシグナル拮抗物資AcremomannolipinAの構造
筒井望、髙田宏文、喜多綾子、広瀬大、徳増征二、阿瀬勝彦、二又克之、村岡修、杉浦麗子
日本薬学会第132年会 2012年3月28~31日(北海道)

細胞内輸送とイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の機能的関係
李翠芳、喜多綾子、 橋本佑香、井原美沙子、加藤彩香、石渡俊二、杉浦麗子
第5回日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会 2012年1月19~20日(大阪)

新規免疫抑制薬感受性原因遺伝子its4+のメンブレントラフィックにおける役割
于陽、喜多綾子、有働雅子、朴貴和、片山雄太、新谷真未、杉浦麗子
第5回日本プロテインホスファターゼ研究会学術集会 2012年1月19~20日(大阪)

Novel functional roles for calcineurin inhibitor RCAN1.
Reiko Sugiura
The First Japan-Taiwan Bilateral Conference on Protein Phosphatases
Dec 2, 2011 (Okazaki)

低分子量Gタンパク質Rho3とクラスリンアダプター複合体の細胞内輸送システムにおける機能的関連
喜多綾子、李翠芳、于陽、梅田奈苗、土井章、安田光都子、石渡俊二、杉浦麗子
第120回日本薬理学会近畿部会 2011年11月11日(京都)

PKC抑制因子であるDed1の機能解析
比嘉真理、土井章、喜多綾子、加藤綾歌、安田光都子、寺脇萌香、成瀬一、杉浦麗子
第120回日本薬理学会近畿部会 2011年11月11日(京都)

カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1の分裂酵母ホモログCbp1が細胞内シグナル伝達経路に与える影響の解析
清瀬好美、梅田奈苗、上林大起、川北麻貴、野田由紀子、喜多綾子、杉浦麗子
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年10月22日(神戸)

MADSbox型転写因子Mbx1は新規トランスポーターDom1を介してCa2+ホメオスタシスを制御する。
芦田昌樹、内田篤史、山野友希、山岸尚広、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年10月22日(神戸)

PKC/MAPK経路とRNAhelicase Ded1の機能的関連の研究―Pck2に対するDed1の影響の研究
成瀬一、土井章、喜多綾子、比嘉真理、梅田奈苗、杉浦麗子
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年10月22日(神戸)

免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の同定と遺伝子発現メカニズムの解析―FTY720とCa2+シグナル伝達機構の関係
八百麻里子、萩原加奈子、喜多綾子、植田真理、水庫彩、佐藤亮介、益子高、杉浦麗子
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 2011年10月22日(神戸)

A powerful genetic strategy to screen for inhibitors of MAPK signaling and its application to genomic drug discovery.
Reiko Sugiura
A New Wave of Chemical Genomics ~From Biological Invertigation to Drug Discovery~
Sep 24, 2011 (Osaka)

石渡俊二、多賀淳 、藤田秀樹 、西田升三、 喜多綾子、杉浦麗子
抗がん剤汚染を防止する注射剤バイアル用ゴム栓「もれま栓」プロトタイプの開発
第21回日本医療薬学会年会 2011年10月1~2日(神戸)

森卯京、石渡俊二、多賀淳、佐野裕之、小林正隆、原田 士朗、小泉祐一、荒井真美子、藤原琴、亀本浩司、上田和正、大隅奈奈、池田久雄、稲井恵子、河内昭人、西山辰美、三上正、喜多綾子、髙田充隆、杉浦麗子
新教材を用いた抗がん剤調製トレーニング 薬学実務実習事前学習における応用
第21回日本医療薬学会年会 2011年10月1~2日(神戸)

多賀淳、石渡俊二、西田升三、喜多綾子、杉浦麗子、藤田秀樹
キャピラリー電気泳動を用いる容器個別での注射剤容器からの漏液量低コスト簡易測定法の開発
第21回日本医療薬学会年会 2011年10月1~2日(神戸)

分裂酵母モデル生物を用いたカルシニューリン内因性制御因子RCAN/DSCR1ホモログの新たな生理機能の解明
杉浦麗子
第84回日本生化学会大会 2011年9月21日~24日(京都)

核内核外輸送を介したRNA結合蛋白質Rnc1の制御機構
佐藤亮介、松村康弘、梅田奈苗、田中章友、高田真琴、喜多綾子、石渡俊二、多賀淳、杉浦麗子
第84回日本生化学会大会 2011年9月21日~24日(京都)

酵母モデル生物を用いたMAPキナーゼシグナル制御機構の解明と創薬への展開
杉浦麗子
第73回酵母研究会 2011年9月13日(神戸)

分裂酵母遺伝子ノックアウトコレクションを用いた新規Pmk1 MAPK経路構成因子のスクリーニング
吉村美耶、長岡絢子、髙田宏文、坂口愛実、矢野由佳、高岡大治、喜多綾子、塩﨑一裕、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第44回研究報告会 2011年9月5~7日(九州)

細胞内輸送システムによるイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の空間的制御機構
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、井原美沙子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第44回研究報告会 2011年9月5~7日(九州)

クラスリンアダプターAP-1複合体結合タンパク質Its4のメンブレントラッフィックにおける役割
于陽、喜多綾子、高田宏文、有働雅子、朴貴和、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第44回研究報告会 2011年9月5~7日(九州)

MAPKシグナル依存的なRNA結合蛋白質Nrd1によるStress Granule形成機構
佐藤亮介、森田貴大、松村康弘、田中章友、高田真琴、喜多綾子、石渡俊二、萩原加奈子、谷時雄、林紗千子、多賀淳、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第44回研究報告会 2011年9月5~7日(九州)

MADS-box型転写因子Mbx1の新規membrane transporter dom1を介したCa2+ホメオスタシス制御機構の解明
内田篤史、山野友希、森内サヤ子、比嘉真理、山岸尚広、芦田昌樹、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第44回研究報告会 2011年9月5~7日(九州)

RNA分解システムとPKC/MAPKシグナル伝達経路の関わり
土井章、喜多綾子、比嘉真理、梅田奈苗、成瀬一、佐藤亮介、谷時雄、林紗千子、杉浦麗子
RNAフロンティアミーティング2011 2011年8月30日~9月1日(愛知)

A Powerful Genetic Strategy to Screen for Inhibitors of MAP kinase Signalling.
Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

The cell surface protein Ecm33 negatively regulates Pmk1 MAPK signaling via Ca2+ homeostasis
Mitsuhiro Domae, Hirohumi Takada, Ayako Kita, Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

Spatial regulatory mechanism of the PI4,5P2 signaling pathway by membrane trafficking system
Cuifang Li, Ayako Kita, Yuuka Hashimoto, Misako Ihara, Nanae Umeda, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

MAP kinase signaling regulates stress granule formation via the RNA-binding protein Nrd1.
Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Yasuhiro Matumura, Akitomo Tanaka, Makoto Takada, Nanae Umeda, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Atushi Taga, Tokio Tani, Sachiko Hayashi, Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

The MADS-box transcription factor Mbx1 controls Ca2+ homeostasis via the regulation of dom1+.
Atsushi Uchida, Yuki Yamano, Sayako Moriuchi, Yuta Asayama, Mari Higa, Naoyuki Yamagishi, Masaki Ashida, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

A Rule for Its4, a Clathrin Adaptor Ap-1 Complex Binding Protein, in Membrane Trafficking
Yang Yu, Ayako Kita, Hirohumi Takada, Masako Udo, Kwihwa Park, Reiko Sugiura
THE SIXTH INTERNATIONAL FISSION YEAST MEETING (Pombe2011)
Jun 25-30, 2011 (Boston)

Role of RNA-Binding Proteins in MAPK Signal Transduction Pathway.
Ryosuke Satoh, Yasuhiro Matsumura, Kanako Hagihara, Akira Doi, Nanae Umeda, Hirofumi Takada, Ayako Kita, Reiko Sugiura
RNA 2011 Sixteenth Annual Meeting of the RNA Society (RNA 2011 Kyoto)
Jun 14-18, 2011 (Kyoto)

MAP kinase signaling-dependent regulation of stress granule formation mediated by the RNA-binding protein Nrd1 in fission yeast.
Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Hirofumi Takada, Nanae Umeda, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Makoto Takada, Atsushi Taga, Tokio Tani, Sachiko Hayashi, Reiko Sugiura
RNA 2011 Sixteenth Annual Meeting of the RNA Society (RNA 2011 Kyoto)
Jun 14-18, 2011 (Kyoto)

2010年度 学会発表

ダウン症候群原因遺伝子の新たな役割の発見~がん化とストレスとの関係性~
上林 大起,西田 藍子,川北 麻貴,梅田 奈苗,清瀬 好美,野田 由紀子,高田 宏文,喜多 綾子,石渡 俊二,杉浦 麗子
日本薬学会第131年会 2011年3月28日~31日(静岡)

低分子量Gタンパク質Rho2を介すシグナル伝達経路の新たな制御メカニズム
近藤大貴、土井章、高岡大治、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
日本薬学会第131年会 2011年3月28日~31日 (静岡)

抗がん剤汚染防止バイアル用ゴム栓「もれま栓」プロトタイプの開発
石渡俊二、多賀淳、藤田秀樹、西田升三、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬学会第131年会 2011年3月28日~31日 (静岡)

化学発光を用いた抗がん剤調製トレーニングキット「ルフテック」による抗がん剤汚染危険箇所の検討
石渡俊二, 多賀淳, 佐野裕之, 小林正隆, 原田士朗, 小泉祐一,森卯京, 西山辰美, 荒井真美子, 藤原琴, 亀本浩司, 上田和正, 三上正, 大隅奈奈, 池田久雄, 稲井恵子, 河内昭人, 喜多綾子, 髙田充隆, 杉浦麗子
日本薬学会第131年会 2011年3月28日~31日 (静岡)

キャピラリー電気泳動を用いる個々の注射剤容器からの漏液量低コスト簡易測定法の開発
多賀淳、石渡俊二、藤田秀樹、西田升三、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬学会第131年会 2011年3月28日~31日 (静岡)

A Powerful Genetic Strategy to Screen for Inhibitors of MAP kinase Signalling and Its Application to Genomic Drug Discovery.
Reiko Sugiura
1st International Symposium on Carcinogenic Spiral & 9th International Conference on Protein Phosphatase Feb 1-3, 2011 (Tokyo)

Stress-Activated Protein Kinase Signaling Regulates Ca2+-Calcineurin Signaling.
Daiki Kanbayashi, Aiko Nishida, Ayako Kita, Reiko Sugiura
1st International Symposium on Carcinogenic Spiral & 9th International Conference on Protein Phosphatase Feb 1-3, 2011 (Tokyo)

MADS-Box Transcription Factor Mbx1 Is Involved in the Regulation of Calcineurin Signaling through Ca2+-Homeostasis Modulation.
Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Sayako Moriuchi, Yuta Asayama, Naoyuki Yamagishi, Masaki Ashida, Ayako Kita, Syunji Ishiwata, Reiko Sugiura
1st International Symposium on Carcinogenic Spiral & 9th International Conference on Protein Phosphatase Feb 1-3, 2011 (Tokyo)

The Actin Binding Protein Cis3/PSTPIP Is Involved in the Regulation of the Pmk1 MAPK Signaling Pathway and Cytokinesis.
Akihiro Takeda, Satoru Takamura, Tomoyuki Takabe, Keiko Sugimoto, Yuka Shimamura, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
1st International Symposium on Carcinogenic Spiral & 9th International Conference on Protein Phosphatase Feb 1-3, 2011 (Tokyo)

膜表面タンパク質Ecm33による細胞統御シグナル制御機構
堂前光宏、高田宏文、園田健展、西田藍子、喜多綾子、益子高、杉浦麗子
第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会合同大会 2010年12月7日~10日(神戸)

MADS-box型転写因子Mbx1は新規membrane transporter dom1+を介してCa2+ホメオスタシスを制御する
内田篤史、山野友希、森内サヤ子、朝山雄太、比嘉真理、山岸尚広、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会合同大会 2010年12月7日~10日(神戸)

DSCR1の分裂酵母ホモログCbp1を介するCNシグナルとMAPKシグナル伝達経路のクロストーク
梅田奈苗、上林大起、西田藍子、川北麻貴、清瀬好美、喜多綾子、高田宏文、杉浦麗子
第118回日本薬理学会近畿部会 2010年11月19日(大阪)

MAPKシグナル依存的に遺伝子発現が制御される細胞表面タンパク質Ecm33の機能解析とin vivo real-time MAPKシグナルモニタリングシステムの確立
高田宏文、堂前光宏、西田藍子、園田健展、喜多綾子、石渡俊二、山野友希、内田篤史、杉浦麗子
第118回日本薬理学会近畿部会 2010年11月19日(大阪)

Simultaneous Binding Assay ofMicroheterogenious Proteins by Capillary Electrophoresis with Laser InducedFluorescence Detection.
Atsushi Taga, Daiki Kanbayashi, Nanae Umeda, Shuji Kodama, Atsushi Sato, Kentaro Suzuki, Masakazu Izako, Reiko Sugiura
16th International Symposium on Separation Science,
Sep 6-10, 2010, (Rome)

細胞表面蛋白質Ecm33による細胞増殖シグナル制御メカニズムの解明とin vivo real-time MAPKシグナルモニタリングシステムの確立と応用
高田宏文、西田藍子、堂前光宏、園田健展、喜多綾子、山野友希、内田篤史、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 2010年10月30日(大阪)

細胞内表面蛋白質Ecm33による細胞内Ca2+濃度の制御メカニズムの解析
園田健展、高田宏文、堂前光宏、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 2010年10月30日(大阪)

クラスリンアダプター複合体とRNA結合タンパク質の新たなクロストーク機構
有働雅子、于陽、高田宏文、今中由花子、喜多綾子、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 2010年10月30日(大阪)

新規免疫抑制薬FTY720のターゲット遺伝子の同定と作用メカニズムの解析
水庫彩、萩原加奈子、喜多綾子、佐藤亮介、植田真理、石渡俊二、益子高、千葉賢治、杉浦麗子
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 2010年10月30日(大阪)

RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的にstress granule形成を制御する
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、萩原加奈子、松村康弘、田中章友、谷時雄、林紗千子、多賀淳、杉浦麗子
RNAフロンティアミーティング 2010年9月27日~29日(静岡)

レーザー励起蛍光検出キャピラリー電気泳動を用いる不均一性タンパク質の結合能評価
多賀淳、上林大起、小玉修嗣、佐藤睦、鈴木健太郎、居迫正和、杉浦麗子
日本分析化学会第59年会 2010年9月15日~17日(仙台)

細胞表面膜タンパク質Ecm33による細胞統御シグナル制御機構
堂前光宏、高田宏文、西田藍子、喜多綾子、益子高、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的にStress Granule形成を制御する
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、萩原加奈子、松村康弘、田中章友、谷時雄、林沙千子、多賀淳、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

クラスリンアダプターAP-1複合体結合タンパク質Its4のメンブレントラフィックにおける役割
于陽、喜多綾子、高田宏文、有働雅子、李翠芳、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

MADs-box型転写因子Mbx1の標的因子の同定とCa2+/Calcineurinシグナル伝達経路における役割
内田篤史、山野有希、森内サヤ子、朝山雄太、比嘉真理、山岸尚広、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

MADs-box型転写因子Mbx1のExportinによる局在制御と転写活性への影響
山野有希、内田篤史、森内サヤ子、朝山雄太、比嘉真理、山岸尚広、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

低分子量Gタンパク質Rab GTPaseを介した細胞膜輸送システムによるイノシトールリン脂質合成酵素PI(4)P5Kの制御メカニズム
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

アクチン結合タンパク質Cis3とMAPキナーゼ経路のクロストークによる細胞質分裂の制御
武田章弘、高部朋幸、高村暁、杉本けい子、喜多綾子、梅田奈苗、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第43回研究報告会 2010年9月9日~11日(奈良)

Molecular genetic approach to identify regulators of MAPK signaling.
Reiko Sugiura
IMC9 THE BIOLOGY OF FUNGI
Aug 1-6 2010 (Edinburgh, UK)

Molecular genetic approach to identify regulators of MAPK signaling.
Reiko Sugiura
IMC9 THE BIOLOGY OF FUNGI
Aug 1-6 2010 (Edinburgh, UK)

The Cell Surface Protein Ecm33 Negatively Regulates the Pmk1 Mapk Signalling Via Ca2+ Control.
Mitsuhiro Domae, Hirohumi Takada, Aiko Nishida, Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Reiko Sugiura et al
IMC9 THE BIOLOGY OF FUNGI
Aug 1-6 2010 (Edinburgh, UK)

RNA結合蛋白質Nrd1はMAPKシグナル依存的に環境ストレス応答を制御する
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、萩原加奈子、松村康弘、田中章友、谷時雄、林紗千子、多賀淳、東田英毅、杉浦麗子
第1回RNA Study Meeting 本会 2010年7月29日~30日(東京)

分裂酵母におけるRNA結合タンパク質Sts5はRho/プロテインキナーゼC/MAPKシグナルを制御する
高田宏文、加藤綾歌、喜多綾子、石渡俊二、梅田奈苗、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会 2010年7月27日~20日(東京)

Protein Kinase C シグナル伝達経路の新規制御因子であるRNA helicase Ded1とP-body局在の機能解析
加藤綾歌、土井章、喜多綾子、安田光都子、高田宏文、佐藤亮介、梅田奈苗、石渡俊二、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会 2010年7月27日~20日(東京)

核内核外輸送を介したRNA結合タンパク質Rnc1の機能解析
松村康弘、佐藤亮介、田中章友、喜多綾子、梅田奈苗、石渡俊二、多賀淳、杉浦麗子
第12回日本RNA学会年会 2010年7月27日~20日(東京)

Functional Relationship between MAP kinase Signaling and Pumilio in Fission Yeast.
Kanako Hagihara, Ryousuke Satoh, Takahiro Morita, Hirohumi Yakada, Ayako Kita Shunji Ishiwata, Mari Ueda, Aya Mizukura, Nanae Umeda, Reiko Sugiura
The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology
May 10-12, 2010 (Kobe)

MAP Kinase Signaling Dependent Regulation of Cell Fate Mediated by the RNA-binding protein Nrd1 in Fission yeast.
Ryosuke Satoh, Takahiro Morita, Hirohumi Takada, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Yasuhiro Matsumura, Akitomo Tanaka, Atsushi Taga, Kaori Shinmyouzu, Reiko Sugiura
The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology
May 10-12, 2010 (Kobe)

RNA-Binding Proteins as Regulators of MAPK Signaling.
Akira Doi, Ayako Kita, Mitsuko Yasuda, Hirohumi Takada, Ayaka Katoh, Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Reiko Sugiura
The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology
May 10-12, 2010 (Kobe)

RNA-Binding Proteins as Regulators of MAPK Signaling.
Akira Doi, Ayako Kita, Mitsuko Yasuda, Hirohumi Takada, Ayaka Katoh, Ryosuke Satoh, Kanako Hagihara, Reiko Sugiura
The 19th CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology
May 10-12, 2010 (Kobe)

2009年度 学会発表

RNAを介するMAPキナーゼシグナルの新たな制御機構と創薬への展望
杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

Protein Kinase Cシグナル伝達経路の新規制御因子であるRNA helicase Ded1とP-body局在の機能的関連
土井章、喜多綾子、高田宏文、佐藤亮介、山本恭平、矢野由佳、石渡俊二、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

DSCR1(Down Syndrome Critical Region 1)ホモログCbp1のリン酸化依存的機能が
Ca2+/カルシニューリンシグナルに与える影響の解析
川北麻貴、上林大起、梅田奈苗、西田藍子、清瀬好美、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1ホモログを介するカルシウムシグナルとストレス応答MAPKシグナルのクロストーク制御
上林大起、西田藍子、川北麻貴、梅田奈苗、清瀬好美、喜多綾子、高田宏文、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

MAPKシグナル依存的な2つの転写因子Atf1およびMbx1によって遺伝子発現が制御される新規遺伝子
tpa1+の機能解析:~in vivo real-time MAPキナーゼシグナル依存的転写活性測定システムの確立と応用~
高田宏文、西田藍子、堂前光宏、喜多綾子、山野友希、内田篤史、石渡俊二、園田健展、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

低分子量Gタンパク質Rab GTPaseを介した細胞膜輸送システムによるイノシトールリン脂質合成酵素PI(4)P5Kの制御メカニズム
李翠芳、喜多綾子、橋本佑香、石渡俊二、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

RNA結合タンパク質Nrd1はMAPキナーゼシグナル依存的に細胞運命を制御する
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、土井章、萩原加奈子、松村康弘、田中章友、多賀淳、東田英毅、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

アクチン結合タンパク質Cis3とMAPキナーゼ経路のクロストーク
高部朋幸、高村暁、武田章弘、杉本けい子、石渡俊二、喜多綾子、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

ゲノム薬理学的手法とケミカルバイオロジーを用いた新規免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の発現と細胞内カルシウムシグナル伝達経路に与える影響の解析
萩原加奈子、水庫彩、喜多綾子、佐藤亮介、植田真理、益子高、千葉賢治、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

アフィニティーキャピラリー電気泳動によるRNA-GFP-タンパク質相互作用の観察
多賀淳、佐藤亮介、石渡俊二、小玉修嗣、佐藤睦、鈴木健太郎、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

化学発光を用いた注射剤混合トレーニングシステムの開発
石渡俊二、多賀淳、佐野裕之、小林正隆、野見山淳、原田士郎、小泉祐一、野村真美、森卯京、西山辰美、新井真美子、森田貴大、喜多綾子、高田充隆、杉浦麗子
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

チーム基盤型学習(TBL)を導入した薬学部・医学部連携教育
木村健、安原智久、船上仁範、長井紀章、喜多綾子、北小路学、大鳥徹、岩城正宏、松尾理
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

近畿大学薬学部における模擬患者養成の取り組み
大鳥徹、木村健、安原智久、北小路学、船上仁範、石渡俊二、谷野公俊、村上悦子、八軒浩子、高田充隆
日本薬学会第130年会 2010年3月28日~30日(岡山)

RNA-BINDING PROTEINS AS REGURATORS OF MAPK SIGNALING.
Reiko Sugiura
The 5th International Fission Yeast Meeting (Pombe 2009)
Oct 26-31, 2009 (Tokyo)

A Role of Its4, A Clathrin-Associated Adaptor-Protein-1 Complex (AP-1) binding protein, in membrane trafficKING of Fission Yeast.
Yang Yu, Ayako Kita, Hirofumi Takada, Cuifang Li, Reiko Sugiura
The 5th International Fission Yeast Meeting (Pombe 2009)
Oct 26-31, 2009 (Tokyo)

A NOVEL CELL SURFACE PROTEIN TPA1 ACTS AS A NEGATIVE REGULATOR OF THE PMK1 MAPK SIGNALING.
Hirofumi Takada, Aiko Nishida, Mitsuhiro Domae, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Reiko Sugiura
The 5th International Fission Yeast Meeting (Pombe 2009)
Oct 26-31, 2009 (Tokyo)

MAPK SIGNALING-DEPENDENT REGULATION OF CELL FATE MEDIATED BY THE RNA-BINDING PROTEIN Nrd1.
Ryosuke Satoh, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Akira Doi, Kanako Hagihara, Yasuhiro Matsumura, Hideki Tohda, Reiko Sugiura
The 5th International Fission Yeast Meeting (Pombe 2009)
Oct 26-31, 2009 (Tokyo)

Observation of Interaction between RNA and GFP-Protein by Affinity Capillary Electrophoresis.
Atsushi Taga, Ryosuke Satoh, Shunji Ishiwata, Shuji Kodama, Atsushi Sato, Kentaro Suzuki, Reiko Sugiura
ISPPP 2009 - International Symposium on the S eparation of Proteins, Peptides and Polynucleotides , October 25-28, 2009, Florida, USA

カルシニューリンの内因性制御因子DSCR1ホモログの新たな標的分子の同定
上林大起、西田藍子、川北麻貴、梅田奈苗、喜多綾子、高田宏文、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

新規免疫抑制薬FTY720の標的遺伝子の同定と細胞内Ca2+シグナル伝達経路における役割の解析
萩原加奈子、喜多綾子、益子高、千葉賢治、佐藤亮介、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

MADS-box型転写因子Mbx1の局在制御メカニズムがCa2+ホメオスタシスに与える影響の解析
内田篤史、山野友希、森内サヤ子、朝山雄太、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

新規クラスリンアダプターAP-1複合体結合タンパク質Its4のメンブレンントラッフィックにおける役割
于陽、喜多綾子、高田宏文、李翠芳、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

ノックアウトコレクションを用いたMAPキナーゼシグナローム構成因子の同定と機能解析
吉村美耶、喜多綾子、井上ゆかり、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

MAPK/Atf1(CREB)シグナルの新たな標的遺伝子tpa1+のプロモーター解析とMAPKシグナル伝達経路における役割
堂前光宏、高田宏文、西田藍子、喜多綾子、益子高、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

クラスリンアダプター複合体μ1サブユニットApm1の制御因子としての低分子量Gタンパク質Rho3の発見とゴルジ・エンドゾームにおける働き
李翠芳、喜多綾子、安田光都子、于陽、山本恭平、多賀淳、石渡俊二、杉浦麗子
第59回日本薬学会近畿支部総会・大会 2009年10月24日(大阪)

MAPキナーゼによるリン酸化依存的なRNA結合タンパク質Nrd1の細胞運命制御機構
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、土井章、萩原加奈子、松村康弘、多賀淳、東田英毅、杉浦麗子
第82回日本生化学会大会 2009年10月21日~24日(神戸)

MAPキナーゼシグナル伝達によるmRNA結合タンパク質の制御
杉浦麗子
第82回日本生化学会大会 2009年10月21日~24日(神戸)

分裂酵母におけるRNA結合タンパク質Nrd1によるMAPキナーゼシグナル依存的な細胞運命制御機構
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、土井 章、萩原加奈子、松村康弘、多賀淳、東田英毅、杉浦麗子
第11回日本RNA学会年会(第11回RNAミーティング) 2009年7月27日~29日(新潟)

2008年度 学会発表

アクチン結合タンパク質Cis3のMAPキナーゼによるリン酸化制御
高村暁、武田章弘、高部朋幸、石渡俊二、喜多綾子、杉浦麗子
第129回日本薬学会年会 2009年3月26日~28日(京都)

RNA結合蛋白質Sts5とリン酸化シグナル伝達の機能的関係
酒井喜裕、高田宏文、甲斐直志、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第129回日本薬学会年会 2009年3月26日~28日(京都)

低分子量Gタンパク質Rho2を介するシグナル伝達経路の新たな制御メカニズム
竹島沙織、田中茉莉子、近藤大貴、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第129回日本薬学会年会 2009年3月26日~28日(京都)

RNA結合タンパク質Nrd1による細胞運命スイッチングの制御機構
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、萩原加奈子、土井章、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008)2008年12月9日~12日(神戸)

Rho/Cキナーゼシグナル伝達経路において機能する新規遺伝子Sts5の働き
甲斐直志、高田宏文、酒井喜裕、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第114回日本薬理学会近畿部会 2008年11月14日(神戸)

低分子量GタンパクRho2を介するシグナル伝達機構の解明
竹島沙織、田中茉莉子、近藤大貴、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第114回日本薬理学会近畿部会 2008年11月14日(神戸)

転写因子Atf1はglycogen synthase kinaseによりリン酸化される
石渡俊二、福山正人、西田藍子、高田宏文、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
第114回日本薬理学会近畿部会 2008年11月14日(神戸)

Molecular Genetic Analysis of the Calcineurin-mediated Signaling Pathways.
Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

Cbp1, an Endogenous Inhibitor of Calcineurin Signaling, Acts as a Negative Regulator of Atf1, a Downstream Transcription Factor of the Stress-activated MAP Kinase Pathway.
Aiko Nishida, Daiki Kanbayashi, Hirofumi Takada, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

The Atf1 Transcription Factor Is a Target of the Mitogen-activated Protein Kinase Pmk1 and Regulates the Expression of the tpa1+ Gene, which Encodes a Novel Cell Surface Protein in Fission Yeast.
Hirofumi Takada, Aiko Nishida, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Takashi Masuko, Kazue Masuko, Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

Cross-talk between Calcineurin Signaling and the MADS-box Transcription Factor Mbx1 in the Ca2+ Homeostasis in Fission Yeast.
Sayako Moriuchi, Yuki Yamano, Yuta Asayama, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

The Actin Binding Protein Cis3/PSTPIP Plays a Role in Activation of MAPK Signaling Pathways.
Satoru Takamura, Akihiro Takeda, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

The regulatory mechanism of cell-fate switching by MAPK signaling and the RNA-binding protein Nrd1.
Ryosuke Sato, Takahiro Morita, Hirofumi Takada, Kanako Hagihara, Akira Doi, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
8th International Conference on Protein Phosphatases, Maebashi, 12-14 Nov. 2008

アクチン結合タンパク質Cis3/PSTPIPのMAPキナーゼシグナル活性化における役割
武田章弘、高村暁、石渡俊二、喜多綾子、杉浦麗子
第58回日本薬学会近畿支部総会・大会 2008年10月25日(神戸)

Glycogen synthase kinaseによる転写因子Atf1のリン酸化制御
福山正人、石渡俊二、西田藍子、高田宏文、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
第58回日本薬学会近畿支部総会・大会 2008年10月25日(神戸)

MADS-box型転写因子Mbx1とCa2+/カルシニューリンシグナル伝達経路のクロストーク機構
山野友希、森内サヤ子、朝山雄太、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第58回日本薬学会近畿支部総会・大会 2008年10月25日(神戸)

カルシニューリン抑制因子Cbp1 によるストレス応答MAPK シグナルの制御
上林大起、西田藍子、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第58回日本薬学会近畿支部総会・大会 2008年10月25日(神戸)

分裂酵母を用いたPI(4, 5)P2シグナル過剰発現時における細胞内構造の解析
喜多綾子、天谷美鈴、土井章、于陽、石渡俊二、杉浦麗子
医学生物学電子顕微鏡技術学会第24回学術講演および総会 2008年5月16日~18日(神奈川)

RNA結合タンパク質Nrd1による細胞運命スイッチングの制御機構
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、萩原加奈子、土井章、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008年9月10日~12日(北海道)

カルシニューリンの内因性制御因子Cbp1のストレス応答MAPK経路における役割
西田藍子、高田宏文、上林大起、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008年9月10日~12日(北海道)

分裂酵母Pmk1-Atf1シグナルによって制御される新規遺伝子tap1+の機能解析
高田宏文、西田藍子、喜多綾子、石渡俊二、益子高、益子和恵、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008年9月10日~12日(北海道)

MADS-box型転写因子Mbx1制御におけるCa2+/カルシニューリンとMAPキナーゼシグナルのクロストーク
森内サヤ子、朝山雄太、山野友希、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008年9月10日~12日(北海道)

アクチン結合タンパク質Cis3によるMAPKシグナル制御機構
高村暁、武田章弘、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008年9月10日~12日(北海道)

The Atf1 Transcription Factor acts as a critical signaling node that links cell integrity signal and stress responses mediated by two distinct MAPK pathways.
Hirofumi Takada, Aiko Nishida, Yuta Asayama, Naoyuki Kai, Akira Doi, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
The 21st Naito Conference-Nuclear Dynamics and RNA [I], Yamanashi Jun. 2008

2007年度 学会発表

分子遺伝的手法を用いた新規MAPキナーゼ阻害薬の探索
萬瀬貴昭、高田宏文、朝山雄太、森田貴大、安原智久、村岡修、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

ストレス依存的に活性化する2つのMAPKシグナルによって制御される転写因子Atf1の機能解析
高田宏文、萬瀬貴昭、朝山雄太、土井章、西田藍子、森内サヤ子、甲斐直志、上林大起、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

Ca2+/カルシニューリンシグナルとMAPキナーゼシグナルにより制御されるMADS-box型転写因子の機能解析
森内サヤ子、朝山雄太、山野友希、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

アフィニティーキャピラリー電気泳動によるRNA-RNA結合タンパク質の結合定数測定
多賀淳、佐藤睦、鈴木健太郎、小玉修嗣、石渡俊二、森田貴大、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

転写因子Atf1の多重リン酸化の解析
石渡俊二、西田藍子、高田宏文、佐藤亮介、喜多綾子、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

MAPキナーゼ抑制因子であるRNA結合タンパク質Rnc1とユビキチン経路の関係
千田幸志、天谷美鈴、島原順一、島良太、中尾佳人、鈴木裕也、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

MAPキナーゼを制御する新規dual-specificity phoshatases,Dspの機能解析
甲斐直志、高田宏文、園田健展、酒井喜裕、福山正人、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

分子遺伝学的スクリーニングによるMAPKの新たな標的分子の同定とリン脂質ホメオスタシスにおける役割の解析
朝山雄太、森内サヤ子、喜多綾子、竹川薫、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

分裂酵母モデル生物を用いたPI(4,5)P2シグナルと細胞内輸送経路の機能解析
喜多綾子、天谷美鈴、土井章、于陽、安田光都子、吉村美耶、石渡俊二、杉浦麗子
第128回日本薬学会年会 2008年3月26日~28日(横浜)

ゲノム薬理学アプローチによるMAPキナーゼシグナルの新たな制御因子の同定とその役割の解明
高田宏文、萬瀬貴昭、朝山雄太、土井章、西田藍子、森内サヤ子、甲斐直志、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第30回日本分子生物学会年会・合同大会 2007年12月11日~15日(横浜)

分裂酵母Protein kinase Cのターゲティング機構の解明
村上貴之、杉浦麗子、宇野哲史、矢吹玲子、久野高義
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

PHドメインを有するタンパク質Slp2のイノシトールリン脂質シグナル伝達経路における役割
西山雄哉、久野高義、伊藤俊樹、藤原まゆみ、大手梨恵子、喜多綾子、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

分裂酵母Neuronal calcium sensorホモログ変異体の単離と機能解析
小野庸一郎、杉浦麗子、大草智代、何易、久野高義
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

PDK1(Phosphoinositide dependent kinase1)シグナル伝達経路の分子遺伝学的解析
大谷義昭、塩崎真人、武野英義、杉浦麗子、久野高義
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

TRP型カチオンチャネルをコードすると思われる分裂酵母遺伝子の機能解析
宮本奈央、馬艶、蛯名秀峰、下村彩子、杉浦麗子、久野高義
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

Zinc finger型転写因子Prz1過剰発現株の確立と制御因子の探索
大本浩嗣、杉本敏美、田畑由紀、前川貴代、杉浦麗子、久野高義
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

Cell integrityシグナルに関与するPmk1 MAPKの新たな標的分子の同定とその機能解析
高田宏文、西田藍子、甲斐直志、朝山雄太、酒井喜裕、土井章、森内サヤ子、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

ストレス応答MAPKシグナルにおける内因性カルシニューリン抑制因子Cbp1の役割
西田藍子、高田宏文、桂幸作、甲斐直志、喜多綾子、土井章、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

アクチン結合タンパク質Cis3のMAPキナーゼ経路における働き
高村暁、石渡俊二、喜多綾子、久野高義、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

RNA結合タンパク質Nrd1による細胞質分裂の制御機構
佐藤亮介、森田貴大、渡邊沙羅、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

分裂酵母モデル生物を用いたクラスリンアダプター複合体と低分子量Gタンパク質Rho3の機能的関係
竹島沙織、田中茉莉子、喜多綾子、高田宏文、頓田祥子、鬼頭祥子、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

分子遺伝学的手法によるPKCシグナル制御因子の同定と解析
土井章、喜多綾子、天谷美鈴、吉村美耶、安田光都子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第112回日本薬理学会近畿部会 2007年11月16日(大阪)

ゲノム薬理学的手法を用いたMAPキナーゼシグナルの新たな制御因子の同定とその役割の解明
高田宏文、萬瀬貴昭、朝山雄太、土井 章、西田藍子、森内サヤ子、甲斐直志、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
第57回日本薬学会近畿支部大会 2007年10月27日(大阪)

分裂酵母モデル生物をもちいたPKCの制御因子の同定と機能解析
土井章、喜多綾子、朝山雄太、森内サヤ子、石渡俊二、杉浦麗子
第57回日本薬学会近畿支部大会 2007年10月27日(大阪)

免疫抑制薬感受性原因遺伝子its4+の細胞内輸送における働き
今中由花子、高田宏文、萬瀬貴昭、田中茉莉子、頓田祥子、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第57回日本薬学会近畿支部大会 2007年10月27日(大阪)

Cell integrityシグナルとストレス応答MAPK経路のクロストーク機構の解明
高田宏文、萬瀬貴昭、朝山雄太、土井章、西田藍子、森内サヤ子、甲斐直志、喜多綾子、石渡俊二、久野高義、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第40回研究報告会 2007年9月11日~13日(大阪)

分子遺伝学手法を用いた新規MAPキナーゼスクリーニング法の確立・応用
萬瀬貴昭、高田宏文、石渡俊二、小池敦資、久野高義、朝山雄太、森田貴大、喜多綾子、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第40回研究報告会 2007年9月11日~13日(大阪)

ゲノム薬理学的アプローチによるMAPK経路の制御因子の同定と機能解析
朝山雄太、森内サヤ子、喜多綾子、馬艶、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第40回研究報告会 2007年9月11日~13日(大阪)

分裂酵母モデル生物を用いたクラスリンアダプター複合体と低分子量Gタンパク質Rho3の機能的関係
田中茉莉子、竹島沙織、鬼頭祥子、高田宏文、頓田祥子、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
酵母遺伝学フォーラム第40回研究報告会 2007年9月11日~13日(大阪)

Development of a Novel Type Capillary for Protein Analysis by Capillary Electrophoresis.
Atsushi Taga, Yoshitaka Honda, Atsushi Sato, Hiroyuki Terashima, Kentaro Suzuki, Shuji Kodama, Shunji Ishiwata, Takahiro Morita, Reiko Sugiura
Euroanalysis XIV Antwerp, Belgium, 9-14 Sep. 2007

細胞増殖シグナルを介するRNA結合タンパク質Nrd1による細胞質分裂の制御
森田貴大、佐藤亮介、渡邊沙羅、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第9回日本RNA学会年会(第9回RNAミーティング)2007年7月28日~31日(名古屋)

分裂酵母モデル生物を用いたPumilioとcell integrityシグナルの機能的関係
渡邊沙羅、佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第9回日本RNA学会年会(第9回RNAミーティング)2007年7月28日~31日(名古屋)

RNA結合タンパク質Rnc1の核内・核外移行による制御機構の解析
千田幸志、島良太、天谷美鈴、島原順一、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第9回日本RNA学会年会(第9回RNAミーティング)2007年7月28日~31日(名古屋)

Molecular genetic screen to identify novel components of the pmk1 MAPK signaling.
Sayako Moriuchi, Yuta Asayama, Yan Ma, Ayako Kita, Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

The identical and phenotypic characterization of an endogenous calcineurin inhibitor Cbp1 in fission yeast.
Aiko Nishida, Kousaku Katsura, Hirofumi Takada, Akira Doi, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

A powerful genetic strategy to screen for inhibitors of MAP kinase signaling.
Hirofumi Takada, Yoshiaki Manse, Akira Doi, Naoyuki Kai, Yoshihiro Sakai, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

Apm1, theμ1 subunit of the Clathrin-Associated Adaptor Protein-1 Complex, Shares an essential function with Calcineurin in fission yeast.
Sachiko Tomita, Ayako Kita, Hirofumi Takada, Mariko Tanaka, Saori Takeshima, Satoru Takamura, Shunji Ishiwata, Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

Valproic acid affects membrane trafficking in fission yeast.
Ayako Kita, Makoto Miyatake, Takayoshi Kuno, Kosaku Katsura, Kaoru Takegawa, Satoshi Uno, Toshiya Nabata, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

Functional interaction between Pumilio family and cell integrity signaling in fission yeast.
Ryosuke Sato, Takahiro Morita, Sara Watanabe, Hirofumi Takada, Ayako Kita, Shunji Ishiwata, Reiko Sugiura
XXⅢrd International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Melbourne, Australia 1-6 July 2007

MAPキナーゼシグナル制御因子であるRNA結合タンパク質Rnc1の制御機構の解明
千田幸志、天谷美鈴、島良太、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第127回日本薬学会年会 2007年3月28日~30日(富山)

モデル生物を用いた免疫抑制薬感受性変異体の原因遺伝子sts5+はProtein kinase Cとともに細胞形態と極性を制御する
西村将之、高田宏文、頓田祥子、萬瀬貴昭、上田徹、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第127回日本薬学会年会 2007年3月28日~30日(富山)

モデル生物を用いた免疫抑制薬感受性変異体の原因遺伝子its4+の細胞内輸送における働き
高田宏文、萬瀬貴昭、頓田祥子、今中由花子、田中茉莉子、土井章、西村将之、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第127回日本薬学会年会 2007年3月28日~30日(富山)

遺伝学的手法を用いた新規MAPキナーゼスクリーニング法の確立・応用
萬瀬貴昭、高田宏文、朝山雄太、村岡修、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第127回日本薬学会年会 2007年3月28日~30日(富山)

2006年度 学会発表

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の細胞内シグナル伝達における働き
桂幸作、西田藍子、高村暁、喜多綾子、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル系を用いた亜鉛トランスポーターの機能解析
梅野祐達、房月、杉浦麗子、久野高義
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンにより制御されるzinc finger型転写因子Prz1の機能解析
田畑由紀、杉浦麗子、大本浩嗣、前川貴代、久野高義
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたクラスリンアダプター複合体の機能解析
頓田祥子、高田宏文、田中茉莉子、竹島沙織、喜多綾子、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル生物を用いた免疫抑制薬感受性変異体の原因遺伝子its4+の細胞内輸送における働き
高田宏文、萬瀬貴昭、頓田祥子、西村将之、喜多綾子、今中由花子、竹内真衣、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

ストレス応答MAPキナーゼ活性の生細胞リアルタイムモニタリング
小林大記、杉浦麗子、Lu Deng、馬艶、鈴木正宏、久野高義
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
宇野哲史、馬艶、久野高義、喜多綾子、朝山雄太、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

ゲノム薬理学的アプローチによるMAPK経路の制御因子の同定:Geranyl geranyl transferaseは低分子量Gタンパク質Rhoを介してMAPKシグナルを制御する
森内サヤ子、朝山雄太、喜多綾子、高田宏文、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたPI(4,5)P2を介するシグナル伝達経路の分子遺伝学的解析
古薗宏、久野高義、西山雄哉、喜多綾子、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母モデル生物を用いたPI(4)P5キナーゼを介する細胞内輸送経路の分子遺伝学的解析
喜多綾子、甲斐直志、高田宏文、古薗宏、西山雄哉、今川究、久野高義、土井章、天谷美鈴、石渡俊二、杉浦麗子
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

分裂酵母におけるPhosphoinositide dependent kinase (PDK) 1ホモログの機能解析
塩崎真人、杉浦麗子、大谷義昭、久野高義
第110回日本薬理学会近畿部会 2006年11月10日(京都)

ゲノム創薬をめざした新規MAPキナーゼ阻害薬のスクリーニング 
高田宏文、朝山雄太、萬瀬貴昭、森内サヤ子、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第56回日本薬学会近畿支部総会・大会 2006年10月28日(京都)

分裂酵母モデルを用いたカリシニューリンの内因性制御因子の細胞内情報伝達における働き
西田藍子、桂幸作、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第56回日本薬学会近畿支部総会・大会 2006年10月28日(京都)

RNA結合タンパク質Nrd1はアクチン細胞骨格系を制御する
佐藤亮介、森田貴大、高田宏文、喜多綾子、石渡俊二、杉浦麗子
第56回日本薬学会近畿支部総会・大会 2006年10月28日(京都)

ゲノム薬理学的手法によるMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定と機能解析
朝山雄太、森内サヤ子、喜多綾子、伊庭詩織、今中由花子、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第109回日本薬理学会近畿部会 2006年6月16日(岡山)

分裂酵母モデル生物を用いたRNA結合タンパク質を介する細胞骨格系制御のメカニズムの解析
森田貴大、佐藤亮介、高田宏文、土井章、喜多綾子、久野高義、杉浦麗子
第109回日本薬理学会近畿部会 2006年6月16日(岡山)

分裂酵母モデル系生物を用いたAP-1複合体の細胞内輸送における役割とたんぱく質リン酸化による制御機構の解析
高田宏文、頓田祥子、喜多綾子、甲斐直志、桂幸作、田中茉莉子、竹内真衣、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第109回日本薬理学会近畿部会 2006年6月16日(岡山)

分裂酵母モデル生物を用いたクラスリンアダプター複合体と低分子量G蛋白質Rho3の機能的関係
田中茉莉子、竹島沙織、喜多綾子、高田宏文、千田幸志、久野高義、石渡俊二、杉浦麗子
第109回日本薬理学会近畿部会 2006年6月16日(岡山)

Molecular Genetic Approach to Identify Regulators of MAPK Signalling.
Reiko Sugiura
International Symposium of Kobe University 21st Century COE Program on Signal Transduction in Memory of Prof. Yasutomi Nishizuka
February 9-11 Kobe, 2006

2005年度 学会発表

モデル生物を用いたゲノム創薬へのアプローチ:
免疫抑制薬感受性遺伝子と新規抗がん剤の分子遺伝的スクリーニング
杉浦麗子
第49回日本薬学会関東支部大会シンポジウム 2005年10月8日(東京)

2つの分裂酵母Rabファミリー Gタンパク質,Ryh1とYpt3の遺伝学的かつ機能的関連
何易、杉浦麗子、馬艶、喜多綾子、鄧Lu(王へんに路)、春藤久人、久野高義
第107回日本薬理学会近畿部会 2005年6月24日(金沢)

分裂酵母のphosphatidylinositol-4-phosphate-5-kinaseはPhospholipase Cを介するがProtein Kinase Cを介さないシグナル伝達経路により細胞統合性を制御する
Lu Deng、杉浦麗子、太田和樹、多田一樹、鈴木正広、春藤久人、久野高義
第107回日本薬理学会近畿部会 2005年6月24日(金沢)

分裂酵母モデル生物を用いた低分子量Gタンパク質RabファミリーとGDIの機能解析
馬艶、Lu Deng、何易、杉浦麗子、久野高義
第107回日本薬理学会近畿部会 2005年6月24日(金沢)

2004年度 学会発表

分裂酵母Plc1を介したイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の解析
太田和樹、Lu Deng、杉浦麗子、鈴木正宏、平田雅人、中村俊一、春藤久人、久野高義
第27回日本分子生物学会年会 2004年12月8~11日(神戸)

分裂酵母pmc1+及びprz1+のカルシニューリン応答機構の解析
高見知徳、杉浦麗子、前川貴代、竹内真衣、名畑俊哉、久野高義
第27回日本分子生物学会年会 2004年12月8~11日(神戸)

in vivoにおけるカルシニューリンの活性化と抑制には制御サブユニットが必要である
末広貴史、Susie O Sio、杉浦麗子、竹内真衣、向井秀幸、久野高義
第27回日本分子生物学会年会 2004年12月8~11日(神戸)

分裂酵母WASPホモログWsp1はカルシニューリンと機能的に関連する
宮本郁弓、石倉里奈、蛯名秀峰、岡本麻利、杉浦麗子、久野高義、春藤久人
第27回日本分子生物学会年会 2004年12月8~11日(神戸)

分裂酵母新規栄養マーカー遺伝子の単離を目指した変異体スクリーニング
斉藤真理子、小池敦資、杉浦麗子、久野高義
第27回日本分子生物学会年会 2004年12月8~11日(神戸)

分裂酵母モデルを用いたPI4P5K過剰発現体の細胞増殖抑制を相補する因子の機能解析
大西真貴、杉浦麗子、新村和久、多田一城、春藤久人、久野高義
第106回日本薬理学会近畿部会 2004年11月5日(京都)

PI(4)P5キナーゼと機能的に関連する因子の同定と機能解析
多田一城、杉浦麗子、桑原千佳、大西真貴、春藤久人、久野高義
第106回日本薬理学会近畿部会 2004年11月5日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の機能解析
廣安真実、高田尚、高見知徳、喜多綾子、久野高義、杉浦麗子
第106回日本薬理学会近畿部会 2004年11月5日(京都)

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
庄子裕美、塚原慶子、高見知徳、名畑俊哉、喜多綾子、久野高義、杉浦麗子
第106回日本薬理学会近畿部会 2004年11月5日(京都)

分裂酵母モデル系を用いた細胞質分裂に必須の因子であるセプチンの機能解析
名畑俊哉、高村絢子、多田一城、庄子裕美、喜多綾子、久野高義、杉浦麗子
第106回日本薬理学会近畿部会 2004年11月5日(京都)

An RNA-binding protein-mediated feedback regulation of MAPK signalling.
Reiko Sugiura
The fifth UK Japan Cell Cycle Workshop, April 16th, 2004

RNAを介するマップキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子
第28回神戸大学医学部バイオサイエンス研究会 2004年3月24日(神戸)

RNAを介するマップキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子、喜多綾子、春藤久人、久野高義
シンポジウム:「シグナル伝達研究の最前線:創薬への展開をめざして」
第77回日本薬理学会年会 2004年3月8-10日(大阪)

Calcineurin pathway in the fission yeast Schizosaccharomycespombe.
Takayoshi Kuno, Hisato Shuntoh, Yabin Lu, Ayako Kita, Reiko Sugiura
6th International Conference on Protein Phosphatases & International Symposium on Nano-Biotechnology
February 18-20, Okayama, 2004

2003年度 学会発表

分裂酵母におけるμ-adaptinとカルシニューリンの機能的関連
喜多綾子、杉浦麗子、庄子裕美、名畑俊哉、宮武信、阪本智華、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

分裂酵母のユビキチンホメオスタシスに関与するlub1+の機能解析
柳谷賢志、小木曽泰成、杉浦麗子、宮武信、馬艶、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

分裂酵母plc1+遺伝子の機能解析
Lu Deng、杉浦麗子、太田和樹、大西麻貴、多田一城、何易、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

カルシウムに超感受性を示す分裂酵母変異体の単離と遺伝子の同定
何易、杉浦麗子、Lu Deng、馬艶、高井規子、小木曽泰成、呂亜濱、春藤久人、坂上元祥、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

カルシニューリンと分裂酵母クラスリン重鎖との遺伝学的および機能的関連
辻岡一也、藤田昌昭、杉浦麗子、末広貴史、坂本紀子、竹内真衣、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の機能解析
清水康人、杉浦麗子、廣安真実、喜多綾子、高見知徳、藤田昌昭、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

カルシニューリンにより制御されるzinc finger型転写因子Prz1の機能解析
川岸健二、杉浦麗子、斎藤真理子、宮本郁弓、竹内彰浩、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第26回日本分子生物学会年会 2003年12月10~13日(神戸)

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
馬艶、杉浦麗子、喜多綾子、庄子裕美、高見知徳、竹内真衣、岡村見、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第104回日本薬理学会近畿部会 2003年11月7日(大阪)

分裂酵母モデル系を用いた抗てんかん薬バルプロ酸超感受性変異体の解析およびその原因遺伝子の同定
宮武信、杉浦麗子、名畑俊哉、喜多綾子、清水康人、廣安真美、高井規子、呂亜濱、春藤久人、久野高義
第104回日本薬理学会近畿部会 2003年11月7日(大阪)

分裂酵母におけるカルシニューリンとミオシンの遺伝学的関係と収縮環形成における役割
藤田昌昭、杉浦麗子、Lu Yabin、Linxiao Xu、Yujie Xia、春藤久人、久野高義
第76回日本薬理学会年会 2003年3月24日(福岡)

2002年度 学会発表

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母WASP(Wiskott-Aldrich Syndrome protein)ホモログWsp1の機能解析
竹内久美子、杉浦麗子、川本千歳、山岸弘典、宮本郁弓、小西二夫、阪本智華、呂亜濱、久野高義、春藤久人
第102回日本薬理学会近畿部会 2002年11月15日(岡山)

ストレス誘導性抗がん剤耐性におけるプロテアソーム核蓄積の関与
小木曽泰成、冨田章弘、鶴尾隆、久野高義
第102回日本薬理学会近畿部会 2002年11月15日(岡山)

Functional interaction between Its5/Ypt3 and calcineurin in the regulation of fission yeast exocytic pathway.
Hong Cheng, Reiko Sugiura, Masaaki Fujita, Yabin Lu, Susie O. Sio, , Kaoru Takegawa, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
The Second International Fission Yeast Meeting, March 25-30, Kyoto, 2002

Functional analysis of Its1, a clathrin-associated adaptor protein complex (AP-2) beta subunit in fission yeast.
Chika Sakamoto, Reiko Sugiura, Hong Cheng, Yabin Lu, Takayoshi Kuno, Kaoru Takegawa, Hisato Shuntoh
The Second International Fission Yeast Meeting, March 25-30, Kyoto, 2002

Functional Analysis of Calcineurin-Mediated Signalling Pathway Using Fission Yeast as a Model System
Reiko Sugiura, Hong Cheng, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno.
5th International Conference on Protein Phosphatases, Protein Phosphatases in Cellular Signaling Systems, March 13-15, Okazaki, 2002

分裂酵母zinc finger型転写因子Prz1はカルシニューリンのターゲットの一つである
平山園子、杉浦麗子、川岸健二、呂亜濱、横山光宏、春藤久人、久野高義
第101回日本薬理学会近畿部会 2002年6月21日(堺)

分裂酵母Its1/clathrin-associated protein (AP-2) beta-adaptinの欠損は多彩な表現型を引き起こす
春藤久人、阪本智華、程紅、杉浦麗子、呂亜濱、川本千歳、竹内久美子、山岸弘典、久野高義
第75回日本薬理学会年会 2002年3月13~15日(熊本)

2001年度 学会発表

Genetic and biochemical analysis of calcineurin-mediated signaling pathway using fission yeast as a model system.
Reiko Sugiura, Hong Cheng, Tomoko Yada, Hisato Shuntoh, Susie Sio, Takayoshi Kuno
20th International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Prague, Czech Republic, 2001

カルシニューリンとミオシンの遺伝学的関係
Xu Linxiao、杉浦麗子、Cheng Hong、平山園子、北川英美、上谷晋也、矢田朋子、Lu Yabin、春藤久人、久野高義
第74回日本薬理学会年会 2001年3月21~23日(横浜)

カルシニューリンと遺伝的に関連する新規遺伝子its4+の解析
野村英明、杉浦麗子、岡崎太郎、喜多綾子、伊藤優美、藤田昌昭、阪本智華、春藤久人、久野高義
第74回日本薬理学会年会 2001年3月21~23日(横浜)

2000年度 学会発表

Genetic and biochemical analysis of calcineurin-mediated signaling pathway using fission yeast as a model system.
Reiko Sugiura, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
4th International Conference on Protein Phosphatases, "Role of Protein Phosphatases in Intracellular Signaling Systems", Sendai, 2000

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの機能解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、呂 亜濱、久野高義
第73回日本生化学会大会 2000年10月11~14日(横浜)

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの標的分子の同定と機能解析(ワークショップ)
杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第23回日本分子生物学会年会 2000年12月13~16日(神戸)

分裂酵母カルシニューリンと機能的に関連するbeta-adaptinの単離と機能解析
阪本智華、春藤久人、呂亜濱、杉浦麗子、久野高義
第33回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 2000年8月7~9日(東京)

ユビキチン-プロテアソ-ム系を介したストレス応答機構に関与するuts2+の単離と解析
加茂統良、伊東 顕、小泉雅江、杉浦麗子、春藤久人、市橋正光、久野高義
第33回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 2000年8月7~9日(東京)

ユビキチン-プロテアソ-ム系を介したストレス応答機構に関与するuts2+の単離と解析
加茂統良、杉浦麗子、久我 敦、前川勝英、宮本留美、岡崎孝映、春藤久人、市橋正光、久野高義
第23回日本分子生物学会年会 2000年12月13~16日(神戸)

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母beta-adaptin遺伝子its1+の解析
阪本智華、春藤久人、呂亜濱、杉浦麗子、岡崎太郎、伊藤優美、林 保翠、川本千歳、竹内久美子、久野高義
第23回日本分子生物学会年会 2000年12月13~16日(神戸)

分裂酵母PI(4)P5K Its3はカルシニューリンPpb1と共同的に細胞質分裂を制御する
前田拓也、張英杰、杉浦麗子、呂亜濱、程紅、伊藤俊樹、竹縄忠臣、春藤久人、久野高義
第23回日本分子生物学会年会 2000年12月13~16日(神戸)

カルシニューリンとGPI anchor合成酵素の遺伝学的及び機能的関連
矢田朋子、杉浦麗子、喜多綾子、藤田昌昭、上谷晋也、北川英美、平山園子、徐林九虎、春藤久人、久野高義
第23回日本分子生物学会年会 2000年12月13~16日(神戸)

1999年度 学会発表

Dual Functions of a novel MAPKK, Pek1 as a phosphorylation-dependent molecular switch.
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Susheela Dhut, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
First International Fission Yeast Meeting, Edinburgh, UK 1999

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母beta-adaptinの単離と機能解析
阪本智華、春藤久人、村上かおる、加々美梨沙、余郷佳代子、呉文蓮、夏宇杰、呂亜濱、杉浦麗子、久野高義   
第96回日本薬理学会近畿部会 1999年11月5日(京都市)

免疫抑制薬(FK506)に感受性である分裂酵母変異体(its8)の変異遺伝子の単離及び機能解析
矢田朋子、杉浦麗子、張英杰、工藤利彩、白川純、程紅、岡崎太郎、春藤久人、久野高義
第96回日本薬理学会近畿部会 1999年11月5日(京都)

分裂酵母新規遺伝子 (uts2+)はユビキチン-プロテアソーム経路を介したストレス応答に関与する
加茂統良、杉浦麗子、小柴ゆかり、徐林九虎、前川勝英、小泉雅江、伊東顕、市橋正光、春藤久人、久野高義 
第96回日本薬理学会近畿部会 1999年11月5日(京都)

分裂酵母のリチウム標的分子の同定とその遺伝子ノックアウト
宮本留美、杉浦麗子、上谷晋也、矢田朋子、呂亜濱、Susie O. Sio、朝倉昌博、松久明生、
春藤久人、久野高義   
第96回日本薬理学会近畿部会 1999年11月5日(京都)

1998年度 学会発表

Isolation of Multicopy Suppressors of Calcineurin Deficiency in Fission Yeast.
Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura, Hisato Shuntoh
3rd International Conference on Cellular Regulation by Protein Phosphatases. Hiroshima, Japan, 1998

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast.
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Hisato Shuntoh, Mitsuhiro Yanagida, Takayoshi Kuno
Conference on Signalling Network for Cellular Regulation, Kobe, Japan, 1998

カルシニューリンの分子遺伝学(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、久野高義
第71回日本生化学会大会 1998年10月14~17日(名古屋)

カルシニューリンと新規MAPキナーゼホスファターゼのCl-ホメオスタシスにおける協同的役割
杉浦麗子、春藤久人、藤田哲男、工藤利彩、久野高義
第71回日本薬理学会年会 1998年3月23~26日(京都)

分裂酵母カルシニューリン関連遺伝子its2+の単離と解析
若栄徳彦、春藤久人、杉浦麗子、徐林 、張英杰、久野高義
第71回日本薬理学会年会 1998年3月23~26日(京都)

分裂酵母MAP kinase kinase Pek1によるPmk1 MAP kinase経路の活性化と抑制
杉浦麗子、登田隆、春藤久人、久野高義
第31回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 1998年8月5~7日(大阪)

分裂酵母MAP kinase kinase Pek1によるPmk1 MAP kinase経路の活性化と抑制
杉浦麗子、春藤久人、登田隆、Susie O. Sio、前川勝英、久野高義
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月16~19日(横浜)

紫外線ストレス応答機構の分子遺伝学的解析
加茂統良、伊東 顕、杉浦麗子、久我敦、春藤久人、徐林九虎、工藤利彩、宮本留美、市橋正光、久野高義   
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月16~19日(横浜)

分裂酵母1,3-beta-グルカン合成酵素の遺伝学的解析
春藤久人、若栄徳彦、杉浦麗子、呂亜濱、呉文蓮、夏宇杰、張英杰、矢田朋子、久野高義
第21回日本分子生物学会年会 1998年12月16~19日(横浜)

1997年度 学会発表

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Hisato Shuntoh, Mitsuhiro Yanagida, Takayoshi Kuno
The 3rd UK-Japan Cell Cycle Workshop The Cell Cycle: Regulation and Mechanism, Kyoto, Japan, 1997

細胞増殖と形態形成におけるカルシニューリンの役割(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、久野高義
第70回日本生化学会大会 1997年6月22~25日(金沢)

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母の低分子量GTP結合蛋白質遺伝子its5+の単離と解析
呉文蓮、杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第91回日本薬理学会近畿部会 1997年6月20日(広島)

分裂酵母chloride ion超感受性変異株の分離と解析
杉浦麗子、夏宇杰、清川久美子、春藤久人、久野高義
第91回日本薬理学会近畿部会 1997年6月20日(広島)

PI4P 5kinaseと機能的に関連する遺伝子の単離と同定
芝崎誠司、杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第20回日本分子生物学会年会 1997年12月16~19日(京都)

1996年度 学会発表

Isolation and Characterization of Calcineurin-related Genes in Fission Yeast.
Hisato Shuntoh, Reiko Sugiura, Takayoshi Kuno
Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience Symposium 1996 "Protein Phosphatases & Cellular Regulation", Tokyo, Japan, 1996

カルシニューリンを介する細胞内シグナリング-分裂酵母変異体を用いた解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、若栄徳彦、林 直之、呉 雲蓮、吉田友恵、清川久美子、伊東 顕、平井みどり、久野高義
第90回日本薬理学会近畿部会 1996年10月25日(津)

カルシニューリンと機能的に関連する遺伝子の同定と解析
春藤久人、阿佐美雅子、杉浦麗子、若栄徳彦、根井耕治、大石健一、山本真由美、久野高義
第69回日本薬理学会年会 1996年3月20~23日(長崎)

分裂酵母のCl-ホメオスタシスにおけるカルシニューリンと新規MAPキナーゼの拮抗的役割
杉浦麗子、春藤久人、松原重治、夏宇杰、横井敦子、前川勝英、山本真由美、久我敦、登田隆、柳田充弘、久野高義
第90回日本薬理学会近畿部会 1996年10月25日(津)

分裂酵母のCl-ホメオスタシスにおけるカルシニューリンと新規MAPキナーゼの拮抗的役割
杉浦麗子、春藤久人、登田隆、柳田充弘、久野高義
第29回酵母遺伝学フォーラム研究報告会 1996年12月5~7日(熊本)

1995年度 学会発表

分裂酵母モデル系における免疫抑制薬FK506超感受性変異体の解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、伊藤誠子、鈴木克昌、大石健一、松山正剛、久野高義
第68回日本薬理学会年会 1995年3月21~24日(名古屋)

分裂酵母dsp1+遺伝子と、mkk1+遺伝子はカルシニューリン遺伝子破壊のもたらす高塩感受性に対する多コピーサプレッサーであり、dsp1+は細胞質分裂制御にも関与する
杉浦麗子、春藤久人、阿佐美雅子、山本真由美、登田隆、柳田充弘、久野高義
第18回日本分子生物学会年会 1995年12月6~9日(名古屋)

分裂酵母b-adaptin homolog遺伝子の変異は免疫抑制薬感受性を引き起こす
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、根井耕治、若栄徳彦、大石健一、久野高義
第18回日本分子生物学会年会 1995年12月6~9日(名古屋)

分子医療・ゲノム創薬学研究室

〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
近畿大学薬学部
分子医療・ゲノム創薬学研究室

TEL 06-6721-2332(内線3850)
FAX 06-6730-1394