機能性植物工学研究室では、薬用植物や機能性植物の大量増殖ならびに閉鎖型人工栽培による栽培研究により、資源を安全で安定供給できる研究を行っています。さらに、有用植物や微生物などからアンチエイジング効果などの機能性成分の探索や代謝工学を利用した創製を試みています。

1.薬用植物および機能性植物の閉鎖型人工栽培技術の開発研究

栽培が困難で需要の高い薬用植物や機能性植物を細胞工学的および栽培的な手法を駆使し、効率的に増殖させる技術を開発します。温度、湿度、照度をコントロールできる閉鎖型環境下において、生育適した栽培条件を明らかにします。

2.アンチエイジング作用を有する機能性成分の探索研究

優れたアンチエイジング効果を有する野生種トマトや薬用植物など選抜し、有効成分の探索研究を行っています。ショウジョウバエ、線虫、ヒト培養細胞を使い、寿命延長効果を解析しています。

3.我が国の生息する虫夏菌からの新規機能性成分の探索研究

チベット高原の海抜3,000mの高山地帯でコウモリ蛾の幼虫に寄生する冬虫夏草(Cordyceps sinensis)が漢方薬やサプリメントとして使われているが、我が国にも多数の虫草菌が発見されており、これらの分離と大量増殖法の開発、そして培養物からの新規機能性成分の探索を試みています。

4.遺伝子組換え技術を利用した機能性成分大量生成に関する研究

植物の有用代謝酵素遺伝子を利用し、有用な機能性成分を生成する研究を行っています。

5.静電場スクリーンを用いた花粉症予防に関する研究

静電場スクリーンを用いて、花粉症、ウイルス、PM2.5などの微粒子を捕捉させる技術を開発しています。それにより、快適な生活空間を提供することで、パブリックヘルスに繋がる研究を行っています。

 

 

 

 

 

 

 


近畿大学・薬学総合研究所
機能性植物工学研究室
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1 (旧本館3階)
Tel.: 06-6721-2332; Fax: 06-6729-3577
 

このホームページに関するご質問・ご連絡等ございましたらwebmasterまで