•   
     
 
 (2018-2013)

Anraku T., Deguchi T., Yokota-Honda M., Kawata T., Fujita T., Yoshioka Y., Matsumura S., Matsuda H., Murata K.:
Inhibitory activities against methioninase, collagenase and release of matrix metalloprotease-1 from human gingival fibroblast by heartwood extract from Pterocarpus marsupium.
Natural Product Communications, in press.



Murata K., Tanaka K., Akiyama R., Noro I., Nishio A., Nakagawa S., Matsumura S., Matsuda H.: Anti-cholinesterase activity of crude drugs selected from the ingredients of incense sticks and heartwood of Chamaecyparis obtusa.
Natural Product Communications
, in press.



Chemical and Pharmaceutical Bulletin, TBA

 
Murata K., Ishida Y., Nishio A., Nakagawa S., Kawamoto H., Matsuda H.:
Screening of spice extracts possessing anti-acetylcholinesterase activity and active principle of bitter ginger, rhizome of Zingiber zerumbet.
Natural Product Communications
, 12, 1053-1056 (2017).



Murata K., Deguchi T., Yasuda M., Endo R., Fujita T., Matsumura S., Yoshioka Y., Matsuda H.:
Improvement of blood rheology by extract of Asana, Pterocarpus marsupium -Suppression of platelet aggregation activity of extract from Asana heartwood and pterostilbene, a main stilbene in the extract-
Natural Product Communications, 12, 1089-1093 (2017).




Murata K., Iida D., Ueno Y., Samukawa K., Ishizaka T., Kotake T., Matsuda H.:
Novel polyacetylene derivatives and their inhibitory activities on acetylcholinesterase obtained from Panax ginseng roots.
Journal of Natural Medicines, 71, 114-122 (2017).



Kawakami H., Goto S. G., Murata K., Matsuda H., Shigeri Y., Imura T., Inagaki H., Shinada T.:
Isolation of biologically active peptides from the venome of the Japanese carpenter bee Xylocopa appendiculata.
Journal of Venomous Animals and. Toxins including Tropical Disease,
23, 29-39 (2017).



Itoh K., Murata K., Sakaguchi N., Akai K., Yamaji T., Shimizu K., Isaki K., Matsukawa T., Kajiyama S., Fumuro M., Iijima M., Matsuda H.:
Inhibition of advanced glycation end products formation by Mangifera indica leaf extract.
Journal of Plant Studies, 6, 102-107 (2017).



Itoh K., Murata K., Futamura-Masuda M., Deguchi T., Ono Y., Eshita M., Fumuro M., Iijima M., Matsuda H.:
Inhibitory activity of Citrus madurensis ripe fruits extract on antigen-induced degranulation in RBL-2H3
cells.
Journal of Plant Studies, 6, 23-30 (2017).
Takeda T., Tsubaki M., Sakamoto K., Ichimura E., Enomoto A., Suzuki Y., Itoh T, Imano M., Tanabe G., Muraoka O., Matsuda H., Satou T., Nishida S.:
Mangiferin, a novel nuclear factor kappa B-inducing kinase inhibitor, suppresses metastasis and tumor growth in a mouse metastatic melanoma model.
Toxicol. Appl. Pharmacol., 306, 105-112 (2016).



Takeda T., Tsubaki M., Kino T., Kawamura A., Isoyama S., Itoh T., Imano M., Tanabe G., Muraoka O., Matsuda H., Satou T., Nishida S.:
Mangiferin enhances the sensitivity of human multiple myeloma cells to anticancer drugs through suppression of the nuclear factor κB pathway.
Int. J. Oncol., 48, 2704-2712 (2016).



Matsumura S., Murata K., Zaima N., Yoshioka Y., Morimoto M., Kugo H., Yamamoto A., Moriyama T., Matsuda H.:
Inhibitory activities of essential oil obtained from turmeric and its constituents against β-secretase.
Natural Product Communications, 11, 1785-1788 (2016).



Matsumura S., Murata K., Zaima N., Yoshioka Y., Morimoto M., Matsuda H., Iwaki M.:
Inhibitory activities of sesame seed extract and its constituents against β-secretase.
Natural Product Communications, 11, 1671-1674 (2016).




Itoh K., Murata K., Nakagaki Y., Shimizu A., Takata Y., Shimizu K., Matsukawa T., Kajiyama S., Fumuro M., Iijima M., Matsuda H.:
A pancreatic lipase inhibitory activity by Mango (Mangifera indica) leaf methanolic extract.
Journal of Plant Studies, 5, 72-78 (2016).



二村(増田)めぐみ,得永裕美子,出口貴浩,銭谷武司,榎本雅夫,村田和也松田秀秋
未熟ウンシュウミカン果実含有食品の通年性鼻過敏症に対する症状緩和効果.
アレルギー・免疫, 23, 106-116 (2016) .



Futamura-Masuda M., Yokota-Honda M., Anraku T, Nakanishi K., Murata K., Shinada T., Matsuda H.:
Effect of Asiasarum root extract and its constituents on interleukin-1β-stimulated matrix metalloproteinase-1 secretion from human gingival fibroblasts.
Biol. Pharm. Bull., 39, 823-83 (2016).




Matsumura S., Murata K., Yoshioka Y., Matsuda H.:
Search for β-secretase inhibitors from natural spices.
Natural Product Communications,11, 507-510 (2016).




二村(増田)めぐみ,村田和也,横田(本田)麻美,安楽拓哉,谷口雅彦,本田俊一,松田秀秋
漢方医学に学ぶ口臭抑制素材の探索研究 セリ科植物を基原とする漢薬の歯周病に起因する口臭抑制作用について.

日本口臭学会誌,7,3-9 (2016).

  Murata K., Matsumura S., Yoshioka Y., Ueno Y., Matsuda H.:
Screening of β-secretase and acetylcholinesterase inhibitors from plant resources.
J. Nat. Med
.,69, 123-129 (2015).
Maeda K., Kiniwa Y., Ohfune Y., Ishiguro S., Suzuki K., Murata K., Matsuda H., Shinada T.:
Solid phase synthesis of a-amino squaric acidcontaining peptides.
RSC Adv., 4, 50639-50643 (2014).



Kawase A., Yamada A., Gamou Y., Tahara C., Takeshita F., Murata K., Matsuda H., Samukawa K., Iwaki M.:
Effects of ginsenosides on the expression of cytochrome P450s and transporters involved in cholesterol metabolism.
J. Nat. Med., 68, 395-401 (2014).



Murata K., Takahashi K., Nakamura H., Itoh K., Matsuda H.:
Search for skin-whitening agent from Prunus plants and the molecular targets in melanogenesis pathway of active compounds.
Natural Product Communications, 9, 185-188 (2014).



Murata K., Abe Y., Futamura-Masuda M., Uwaya A., Isami F., Deng S., Matsuda H.:
Effect of Morinda citrifolia fruit extract and its iridoid glycosides on blood fluidity.
J. Nat. Med., 68, 498-504 (2014).



Murata K., Abe Y., Futamura-Masuda M., Uwaya A., Isami F., Matsuda H.:
Activation of cell-mediated immunity by Morinda citrifolia fruit extract and its constituents.
Natural Product Communications, 9, 445-450 (2014).



Murata K., Abe Y., Shinohara K., Futamura-Masuda M., Uwaya A., Isami F., Matsuda H.:
Anti-allergic activity of the Morinda citrifolia extract and its constituents.
Pharmacognosy Research, 6, 260-265 (2014).



村田和也,安楽拓哉,二村(増田)めぐみ,竹下文章,松田秀秋 :
歯周病に起因する口臭に対するプロポリスの作用.
日本口臭学会誌, 5,15-20 (2014).

Murata K., Nakao K., Moriyama K., Fujita T., Matsuda H. :
Inhibitory activity of peppermint (leaf of Mentha piperita) against xanthine oxidase.
J. Trad. Med., 30, 140-144 (2013).



Murata K
., Takano S., Masuda M., Iinuma M., Matsuda H. :
Anti-degranulating activity in rat basophile leukemia RBL-2H3 cells of flavanone glycosides and their aglycones in Citrus fruits.
J. Nat. Med., 67, 643-646 (2013).



Kawase A., Yamada A., Gamou Y., Tahara C., Takeshita F., Murata K., Matsuda H., Samukawa K.,
Iwaki M. :
Increased effects of ginsenosides on the expression of cholesterol 7 alpha-hydroxylase but not the bile salt export pump are involved in cholesterol metabolism.
J. Nat. Med., 67, 545-553 (2013).



Murata K., Deguchi T., Fujita T., Matsuda H.:
Improvement in blood fluidity by Kaempferia parviflora rhizome.
J. Nat. Med., 67, 719-724 (2013).



Murata K., Hayashi H., Matsumura S., Matsuda H.:
Suppression of benign prostate hyperplasia by Kaempferia parviflora rhizome
Pharmacognosy Research, 5, 309-314 (2013).



Ito T., Yokota R., Watarai T., Mori K., Oyama M., Nagasawa H.,
Matsuda H., and Iinuma M.:
Isolation of six isoprenylated biflavonoids from leaves of Garcinia subelliptica
Chem. Pharm. Bull., 61, 551-558 (2013).



Murata K
., Noguchi K., Kondo M., Onishi M., Watanabe N., Okamura K., Matsuda H. :
Protmotion of Hair Growth by Rosmarinus officinalis Leaf Extract.
Phytotherapy Research, 27, 212-217 (2013).



東野正行,堀江宏,伊藤正勝,田中恵子,福田泰樹,西田升三,村田和也松田秀秋 :
サナギタケ培養液のがん細胞増殖抑制作用に関する研究.
日本補完代替医療学会誌, 10,51-57 (2013).

 総説・一般論文  (2017-2012)
 
村田和也
, 松田秀秋:スパイス類由来揮発性成分の機能性について~認知症予防効果~
AROMA RESEARCH No.71(Vol.18 No.3), 35 (2017).



松田秀秋
薬学部漢方教育のいま・これから
漢方医薬学雑誌 Vol.23 No.2 (2015).



村田和也
:生薬から電池ができる?アントラキノンを用いたフロー電池を開発
ファルマシア,50, 811 (2014).



松田秀秋
村田和也, 出口貴浩:
血液の流動性を向上させて生活習慣病を予防するタイ国伝承薬物 ”黒ショウガ”
香料259,33-43 (2013).



増田めぐみ,松田秀秋
未熟なウンシュウミカン果実の抗アレルギー作用
アレルギーの臨床32,54-57 (2012).



松田秀秋村田和也島倉知里
薬学教育と漢方(リレー寄稿;近畿大学薬学部)
漢方と最新治療21,313-317 (2012).



増田めぐみ,松田秀秋
未熟なウンシュウミカン果実の抗アレルギー作用
アレルギーの臨床32(特集号),79-82 (2012).



松田秀秋,阿部友美,増田めぐみ,村田和也
亜熱帯性植物・ノニ(Morinda citrifolia)の伝統的薬能とその薬理学的研究
香料253,21-28 (2012).



  •   
 学会発表  (2018-2013)
2018


出口貴浩,宮本佳奈,吉岡百合,松村晋一,藤田貴則,河田拓也,村田和也,松田秀秋:アサナ(Pterocarpus marsupium)樹皮の抗糖化作用,日本薬学会第138年会,金沢,2018



川本宏和,野呂伊吹,竹下文章,村田和也,松田秀秋 :Panax属植物の香気成分に関する研究 -β‐セクレターゼおよびコリンエステラーゼ阻害作用-,日本薬学会第138年会,金沢,2018



伊藤仁久,村田和也,山上桃奈,松川哲也,梶山慎一郎,文室政彦,飯嶋盛雄,松田秀秋:
未利用農産資源の機能性素材としての開発研究 -ウンシュウミカン花のリパーゼ阻害作用-,日本薬学会第138年会,金沢,2018



郭 中天, 松田 秀秋, 村田 和也:蚕生薬の α-glucosidase 阻害作用に関する研究,日本薬学会第138年会,金沢,2018
2017 
◯川本宏和,野呂伊吹,村田和也松田秀秋, 竹下文章:薬用人参(Panax ginseng)の香気成分に関する研究 -抗アルツハイマー型認知症作用-, 第46回生薬分析シンポジウム, 大阪, 2017



○山田貴代, 奥山真衣, 茂山香菜恵, 川本宏和, 出口貴浩, 二村めぐみ, 横田麻美, 村田和也, 松田秀秋:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究 ―抗菌作用―, 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会, 神戸, 2017



○川本宏和, 野呂伊吹, 村田和也, 竹下文章, 松田秀秋:薬用人参(Panax ginseng)の香気成分に関する研究 ―抗アルツハイマー型認知症作用―, 第67回日本薬学会近畿支部総会・大会, 神戸, 2017



○出口貴浩, 宮本佳奈, 麻原圭人, 吉岡百合, 藤田貴則, 村田和也, 松田秀秋:アサナ(Pterocarpus marsupium)の抗糖化作用, 日本生薬学会第64回年会, 千葉, 2017



○川本宏和, 竹下文章, 野呂伊吹, 松田秀秋, 村田和也:薬用人参(Panax ginseng)の香気成分に関する研究 -抗アルツハイマー型認知症作用-, 日本生薬学会第64回年会, 千葉, 2017



○出口貴浩, 宮本明音, 宮本佳奈, 白井志歩, 麻原圭人, 吉岡百合, 藤田貴則, 村田和也, 松田秀秋:アサナ(Pterocarpus marsupium)心材の皮膚老化抑制作用-抗酸化作用について-, 日本生薬学会第64回年会, 千葉, 2017



○横田(本田)麻美,村田和也,二村(増田)めぐみ,川本宏和,出口貴浩,茂山香菜恵,長濱眞輝,谷奥美帆,松田秀秋,本田俊一:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究, 日本口臭学会第8回学術大会, 岡山, 2017



○川本宏和,村田和也,横田麻美,二村めぐみ,茂山香菜恵,谷奥美帆,長濱眞輝,松田秀秋:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究―伝統的7種「歯木」のスクリーニング試験―,日本薬学会第137年会,仙台,2017.



○伊藤仁久,村田和也,中垣友太,清水彩加,高田雄輔,志水恒介,松川哲也,梶山慎一郎,文室政彦,飯嶋盛雄,松田秀秋:未利用農産資源の機能性素材としての開発研究 -マンゴー葉のリパーゼ阻害作用-,日本薬学会第137年会,仙台,2017.



○出口貴浩,村田和也,藤本侑希,松村晋一,吉岡百合,藤田貴則,松田秀秋:アサナ(Pterocarpus marsupium)心材の皮膚老化抑制作用,日本薬学会第137年会,仙台,2017.



○松村晋一,吉岡百合,財満信宏,森本正則,村田和也松田秀秋:セサミン・セサモリンの脳内移行におよぼすウコン由来ターメロン高含有画分の影響,日本薬学会第137年会,仙台,2017.



○関口富美子,野田紗友理,大野 菫,村田和也松田秀秋,Nguyen, H.D.,豊岡尚樹,川畑篤史:新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninはカンナビノイドCB1受容体を介して神経前駆様NG108-15細胞の神経突起伸張を促進する,第90回日本薬理学会年会,長崎,2017.

2016 ○野田紗友理,大野 菫,関口富美子,村田和也松田秀秋,Nguyen, H.D.,豊岡尚樹,川畑篤史:神経前駆様NG108-15細胞において新規T型Ca2+チャネル阻害薬6-prenylnaringeninはカンナビノイドCB1受容体を介して神経突起伸長を促進する,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2016.



○洞口大和,山岡 桜,大野 菫,関口富美子,Nguyen, H.D.,藤田友代,村田和也松田秀秋,吉田 繁,大久保つや子,豊岡尚樹,川畑篤史:新規T型カルシウムチャネル阻害薬6-prenylnaringeninのイオンチャネル選択性に関する検討:2S体とラセミ体の比較,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2016.



○山岡 桜,洞口大和,Nguyen, H.D.,北村 駿,岡田卓哉,大野 菫,関口富美子,西川裕之,吉田 繁,村田和也松田秀秋,大久保つや子,豊岡尚樹,川畑篤史:6-Prenylnaringeninをリード化合物とした新規T型Ca2+チャネル阻害薬の探索:電気生理学的検討,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2016.



Murata K., Matsumura S., Yoshioka Y., Zaima N., Morimoto M., Matsuda H., β-secretase inhibitors from sesame seeds and turmeric rhizomes,9th Joint Natural Products Conference, Copenhagen, 2016.



○松村晋一,村田和也,吉岡百合,財満信宏,森本正則,松田秀秋:スパイス抽出物のβ-セクレターゼ阻害作用について,第60回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,北海道,2016



○松村晋一,村田和也,吉岡百合,松田秀秋:ターメロン類の分析法開発に関する研究 -東南アジア、インドおよびアフリカ産ウコンの評価-,第66回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2016



○出口貴浩,玉井淳嗣,吉岡百合,松村晋一,藤田貴則,林 浩孝,村田和也松田秀秋:インドキノキ心材の美白作用に関する研究,日本生薬学会第63回年会,富山,2016



○松村晋一,村田和也,吉岡百合,財満信宏,森本正則,岩城正宏,松田秀秋:ウコン精油のβ-セクレターゼ阻害作用に関する研究,日本生薬学会第63回年会,富山,2016



村田和也,野呂伊吹,石田雄祐,中川紗矢香,西尾有紗,出口貴浩,松田秀秋:ヒノキ心材のアセチルコリンエステラーゼ阻害作用に関する研究,日本生薬学会第63回年会,富山,2016



○横田(本田)麻美,二村(増田)めぐみ,長濱眞輝,谷奥美帆,茂山香菜恵,村田和也松田秀秋,本田俊一:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究-薬史学的考証研究-,日本口臭学会第7回学術大会,愛知,2016.



松田秀秋:漢方医学に学ぶ口臭治療素材の探索研究(招待講演),日本東洋医学会奈良県支部総会大会,奈良,2016.



○出口貴浩,村田和也,畑悠佑,白井志歩,藤本侑希,伊藤仁久,松田秀秋:デーツ種子の機能性探索研究,日本薬学会第136年会,横浜,2016.



○茂山香菜恵,二村(増田)めぐみ,横田(本田)麻美,村田和也松田秀秋,林浩孝,藤田貴則,松村晋一:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究(第2報)―キノ(Pterocarpus marsupium)の抗菌作用―,日本薬学会第136年会,横浜,2016.



村田和也,秋山伶奈,松田秀秋,松村晋一:線香構成生薬のアセチルおよびブチリルコリンエステラーゼ阻害作用~スギ葉について~,日本薬学会第136年会,横浜,2016.



○松村晋一,村田和也,吉岡百合,松田秀秋:ゴマで認知症予防~β―セクレターゼ阻害活性~,日本薬学会第136年会,横浜,2016.



○大野 菫,山岡 桜,関口富美子,市井真貴,藤田友代,出口貴浩,坪田真帆,西川裕之,吉田 繁,村田和也松田秀秋,豊岡尚樹,大久保つや子,川畑篤史:新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gと6-prenylnaringeninの薬理作用解析:電気生理学的性質の違いとマウスにおける痛覚過敏抑制作用,第89回日本薬理学会年会,横浜,2016.
2015  Murata K., Tanaka K., Furuta T., Ueno Y., Yoshioka Y., Matsumura S., Matsuda H.: Searching for aroma compounds which are effective for Alzheimer’s disease, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, Hawaii, 2015 (Oral).



Matsumura S., Yoshioka Y., Ueno Y., Furuta T., Murata K., Matsuda H.: Searching for functional foods for prevention of Alzheimer’s disease, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, Hawaii, 2015 (Poster).



Ito K., Shimizu K., Horikawa Y., Tomohiro N., Tsumoto T., Hashizume J., Fujita T., Fumuro M., Utsunomiya N., Takada Y., Matsukawa T., Kajiyama S., Nakagaki Y., Shimizu A., Murata K., Matsuda H.: Efficacy of Citrus plants on lifestyle diseases: Anti-obesity effect of Citrus unshiu leaf, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015, Hawaii, 2015 (Poster).



村田和也,石田雄祐,上野義弘,松田秀秋,松村晋一,吉岡百合:アセチルコリンエステラーゼ阻害作用生薬の探索研究 ―ハナショウガについて―,第65回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2015.



村田和也,○飯田大貴,上野義弘,小竹 武,松田秀秋, 寒川慶一:アセチルコリンエステラーゼ阻害作用生薬の探索研究 ―オタネニンジンについて―,第65回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2015.



○伊藤仁久,志水恒介,堀川勇次,友廣教道,文室政彦,宇都宮直樹,飯嶋盛雄,高田雄輔,松川哲也,梶山慎一郎,赤井康平,中垣友太,村田和也松田秀秋:未利用農産資源の機能性素材としての開発研究―マンゴー葉の美白作用―,日本生薬学会第62回年会,岐阜,2015.



○二村(増田)めぐみ,安楽拓哉,八井田紅子,森 佑貴,横田(本田)麻美,村田和也松田秀秋:忍冬および金銀花の歯周病予防作用,日本生薬学会第62回年会,岐阜,2015.



○茂山香菜恵,二村(増田)めぐみ,安楽拓哉,横田(本田)麻美,村田和也松田秀秋,上野義弘,吉岡百合,松村晋一:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究―キノの歯周病抑制作用―,日本生薬学会第62回年会,岐阜,2015.



松田秀秋,伊藤仁久,文室政彦:未利用農産資源に含まれる機能性成分を活かした企業活動,園芸学会近畿支部公開シンポジウム,和歌山,2015.



○Ono, S., Ichii, M., Yamaoka, S., Sekiguchi, F., Fujita, T., Deguchi, T., Tsubota, M., Nishikawa, H., Yoshida, S., Murata, K., Matsuda, H., Toyooka, N., Ohkubo, T., Kawabata, A., The electrophysiological property and antihyperalgesic activity of sophoraflavanone G and 6prenylnaringenin, novel T-type calcium channel blockers. Neuroscience 2015, Chicago, 2015.



○大野 菫,山岡 桜,関口富美子,市井真貴,藤田友代,出口貴浩,坪田真帆,西川浩之,吉田 繁,村田和也松田秀秋,豊岡尚樹,大久保つや子,川畑篤史:Sophoraflavanone Gとその類縁体6-prenylnaringeninのT型Ca2+チャネル阻害作用の電気生理学的特徴と各種疼痛モデルでの有効性,第128回日本薬理学会近畿部会,大阪,2015.



○大野 菫,市井真貴,山岡 桜,関口富美子,藤田友代,出口貴浩,坪田真帆,西川裕之,吉田 繁,村田和也松田秀秋,豊岡尚樹,大久保つや子,川畑篤史:新規T型カルシウムチャネル阻害薬sophoraflavanone Gおよび6-prenylnaringeninの電気生理学的性質と痛覚過敏抑制効果,生体機能と創薬シンポジウム2015,千葉,2015.



○山岡 桜,大野 菫,市井真貴,関口富美子,藤田友代,出口貴浩,坪田真帆,吉田 繁,村田和也松田秀秋,大久保つや子,川畑篤史:苦参由来新規T型Ca2+チャネル阻害薬sophoraflavanone Gおよびその類縁体の薬理作用解析:第65回日本薬学会近畿支部総会・大会,大阪,2015.



○茂山香菜恵,二村(増田)めぐみ,安楽拓哉,横田(本田)麻美,村田和也松田秀秋,本田俊一:「歯木」として薬用利用された天然物資源の口臭抑制作用に関する研究―インドキノキ(Pterocarpus marsupium)―,日本口臭学会第6回学術大会,新潟,2015.



○Moraes Mantovani S., Murata K., Ziemert N., Moore B.:Cloning and heterologous expression of six orphan gene clusters from Streptomyces sp. CNB091, Natural Product Discovery & Development in the Post Genomic Era, San Diego, 2015.



松田秀秋:“研究成果”を社会へ―“実学の近大”を世に問う大学発ベンチャー,第7回医療と産業の国際交流シンポジウム in 関西,大阪,2015.


○安楽拓哉, 二村(増田)めぐみ, 中西叶恵, 村田和也, 松田秀秋, 本田麻美, 本田俊一:歯周病に起因する口臭の予防・治療素材の探索研究―細辛について―,日本薬学会第135年会,神戸,2015.



○伊藤仁久, 志水恒介, 堀川勇次, 友廣教道, 津本光貴, 橋爪淳二, 藤田卓也, 文室政彦, 宇都宮直樹, 高田雄輔, 松川哲也, 梶山慎一郎, 中垣友太, 村田和也, 松田秀秋:カンキツ植物の生活習慣病に対する有効性に関する研究―ウンシュウミカン(Citrus unshiu)葉の抗肥満作用について,日本薬学会第135年会,神戸,2015.
2014 ○出口貴浩,村田和也松田秀秋:β-セクレターゼ阻害生薬の探索:日本薬学会第134年会,熊本,2014.


[日本薬学会第134年会 優秀発表賞 受賞]
○上野義弘,村田和也,寒川慶一,松田秀秋:薬用人参の修治法の違いによるacetylcholinesterase阻害作用について,日本薬学会第134年会,熊本,2014.


松田秀秋:漢方医学に学ぶ口臭治療素材の探索研究(基調講演),日本口臭学会第5回学術大会,大阪,2014.



○本田麻美,松田秀秋,樋口均也,本田俊一:生理学的口臭症の治療におけるポータブル口臭ガス測定器の治療前後の精度評価について,日本口臭学会第5回学術大会,大阪,2014.


○安楽拓哉,村田和也,二村(増田)めぐみ,本田麻美,本田俊一,松田秀秋:歯周病に起因する口臭の予防・治療素材の探索研究―升麻について―,日本口臭学会第5回学術大会,大阪,2014.



○出口貴浩,村田和也,上野義弘,古田朋香,松村晋一,東野正行,松田秀秋:インド産薬用資源・インドキノの血液レオロジー改善作用,日本生薬学会第61回年会,福岡,2014.



松田秀秋,小野ゆうこ,村田和也,二村(増田)めぐみ,得永裕美子,〇伊藤仁久,文室政彦,宇都宮直樹:柑橘類果実からの新規抗アレルギー作用素材の探索研究-シキキツについて,日本生薬学会第61回年会,福岡,2014.

○古田朋香,上野義弘,田中佳苗,村田和也松田秀秋,吉岡百合、松村晋一:線香の抗認知症作用に関する研究 ―Acetylcholinesterase 阻害作用について―,第64回日本薬学会近畿支部総会・大会,京都,2014.



○安楽拓哉,村田和也,二村(増田)めぐみ,本田麻美,本田俊一,松田秀秋:歯周病に起因する口臭の予防・治療素材の探索研究 ―升麻―,第64回日本薬学会近畿支部総会・大会,京都,2014.



○大東可苗, 西脇敬二, 中村真也, 出口貴浩, 村田和也, 松田秀秋, 仲西功:構造活性相関解析に基本づく XO 阻害剤Hydroxychavicol の結合様式推定,第32回メディシナルケミストリーシンポジウム,神戸,2014.



○Nishiwaki K., Ohigashi K., Nakamura S., Murata K., Matsuda H., Nakanishi I.: Binding pose prediction of Xantine oxidase inhibitor hydroxychavicol and drug design of its analogues, International Symposium on Medicinal Chemistry, Lisbon, 2014

2013 ○安楽拓哉,二村(増田)めぐみ,村田和也,本田麻美,松田秀秋,谷口雅彦,本田俊一,辻孝雄:歯周病に起因する口臭の予防・治療素材の探索研究―当帰と川芎について―,日本口臭学会第4回学術大会,横浜,2013.



○Abe Y., Futamura-Masuda M., Murata K., Matsuda H.: Effects of Noni (Morinda citrifolia) Fruit on Cell-Mediated Immunity, 2013 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, St. Louis, 2013.



Murata K., Ueno Y., Matsuda H., Yoshioka Y., Matsumura S.: Search for β-Secretase and Acetylcholinesterase Inhibitors from Plants, 2013 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, St. Louis, 2013.



○Deguchi T., Murata K., Fujita T., Hayashi H., Higashino M., Yoshioka Y., Matsumura S., Matsuda H.: The Availability of Kaempferia parviflora for Healthy Food Material, 2013 Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, St. Louis, 2013.



村田和也, 亀井寛明, 松田秀秋:トウダイグサ科植物を基原とする生薬の育毛作用,日本生薬学会第60回年会,北海道,2013.



○上野義弘, 村田和也, 寒川慶一, 松田秀秋:薬用人参の抗認知症作用に関する研究,日本生薬学会第60回年会,北海道,2013.



○阿部友美, 篠原海人, 村田和也, 松田秀秋:ノニの抗アレルギー作用に関する研究,日本生薬学会第60回年会,北海道,2013.



○安楽拓哉,二村(増田)めぐみ,村田和也,本田麻美,松田秀秋,谷口雅彦,本田俊一,辻 孝雄:歯周病に起因する口臭の予防・治療素材の探索に関する研究―当帰と川芎について―,第63回日本薬学会近畿支部総会・大会,京都,2013.



村田和也, 出口貴浩, 松田秀秋:多くの生活習慣病に併発する血液レオロジーの悪化に対する黒ショウガの改善作用,第5回食品薬学シンポジウム,京都,2013.



○阿部友美,大下満紀,二村(増田)めぐみ,村田和也松田秀秋:ノニ(Morinda citrifolia)果肉の細胞性免疫応
答に及ぼす影響,日本薬学会第133年会,横浜,2013.



○出口貴浩,村田和也,吉岡百合,松村晋一,藤田貴則,林浩孝,松田秀秋Kaempferia parviflora 根茎の前立腺肥大抑制作用,日本薬学会第133年会,横浜,2013.



村田和也松田秀秋,吉岡百合,松村晋一:スパイスで認知症予防~β-セクレターゼ阻害活性~,日本薬学会第133年会,横浜,2013.



○上野義弘,村田和也,寒川慶一,松田秀秋:薬用人参のacetylcholinesterase阻害活性について,日本薬学会第133年会,横浜,2013.


著 書  
  1) 「漢方薬医学双書2慢性病と漢方」,三一書房,1984年(共著)
  • 2) 「漢方薬医学双書4成人病と漢方」,三一書房,1984年(共著)
  • 3) 「漢方薬医学双書5自律神経失調症と漢方」,三一書房,1985年(共著)
  • 4) 「漢方薬医学双書別巻1霊芝」,三一書房,1985年(共著)
  • 5) 「漢方薬医学双書別巻2薬用人参」,三一書房,1986年(共著)
  • 6) 「カルシウム健康法」,評伝社,1986年(共著)
  • 7) 「現代医療における漢方製剤 その適用領域と展望」,東洋学術,1986年(分担執筆)
  • 8) 「薬用人参2000」,共立出版,2000年(共著)
  • 9) 「医療における漢方・生薬学」,廣川書店,2003年(共著)
  • 10) 「アンチエイジング シリーズNo.1 白髪・脱毛・育毛の実際」,エヌ・ティー・エス,2005年(分担執筆)
  • 11)「薬用食品の開発-薬用・有用植物の機能性食品素材への応用-」,シーエムシー出版,2007年(分担執筆)
  • 12) 「ビタミンとミネラル」,ヘルス文庫,2007年(単著)
  • 13) 「タヒボ」,ヘルス文庫,2007年(単著)
  • 14) 「現代医療における漢方薬」,南江堂,2008年(分担執筆)
  • 15) 「アミノ酸」,ヘルス文庫,2008年(単著)
  • 16) 「白砂糖」,ヘルス文庫,2008年(単著)
  • 17) 「ポーレン」,ヘルス文庫,2009年(単著)
  • 18) 「大観 漢方生薬学-生薬のパノラマ的解析から漢方医療の実際面への応用へ-」,京都廣川書店,
  •    2009年(編集・共著)
  • 19) 「青はっさくに秘められた機能性成分 フラバノン」,健康情報ビジネス出版,2009年(単著)
  • 20) 「卵油」,ヘルス文庫,2009年(単著)
  • 21) 「食物繊維」,ヘルス文庫,2010年(単著)
  • 22) 「がんの統合医療(INTEGRATIVE ONCOLOGY)」,メディカル・サイエンス・インターナショナル,
  •    2010年(共訳)
  • 23) 「ファイトケミカル」,ヘルス文庫,2010年(単著)
  • 24) 「Advances in Malignant Melanoma - Clinical and Research Perspectives」,InTech,2011年
  •   (分担執筆)
  • 25) 「総天然色 世界の漢方生薬画譜 - 漢方生薬の一生を追って -」,京都廣川書店,2011年(編集・共著)
  • 26) 「GABA(ギャバ)」,ヘルス文庫,2011年(単著)
  • 27) 「薬用食品の開発Ⅱ-薬用・有用植物の機能性食品素材への応用-」,シーエムシー出版,2012年(分担執筆)
  • 28) 「Melanoma-From Early Detection to Treatment」,InTech,2013年(分担執筆)
  • 29) 「ガラナ」,ヘルス文庫,2013年(単著)
  • 30) 「フコイダンで健康になる」,ヘルス文庫,2014年(単著)
31) 「高麗人参」,ヘルス文庫,2015年(単著)

 特 許  
 

β‐セクレターゼ阻害剤及びβ‐セクレターゼ阻害剤を含む飲食品

(特許第6004419号)

2016年9月16日

発明人:松田秀秋 村田和也 松村晋一 吉岡百合

出願人:学校法人近畿大学 稲畑香料

【課題】
安全性が高く、β‐セクレターゼ活性に対する優れた阻害作用を有するβ‐セクレターゼ阻害剤及びβ‐セクレターゼ阻害剤を含む飲食品を提供すること。
 
【解決手段】
α‐カリオフィレン、β‐カリオフィレン及びβ‐カリオフィレンオキサイドからなる群から選択される1以上の化合物を有効成分として含有するβ‐セクレターゼ阻害剤とする。




エラスターゼ阻害剤

(特許第5425413号)

2013年12月6日

発明人:松田秀秋 増田めぐみ 藤田忠 勇史行

出願人:タヒチアンノニ インターナショナル インコーポレーテッド

【課題】
モリンダ・シトリフォリア種子のエラスターゼ阻害活性を発現させる製法で、かつ、抗酸化作用を最大限に引き出すことのできる製法によって調製したエキスを有効成分として含有することで、しわの形成をはじめとする光老化の抑制、皮膚の美白、炎症の治療促進、肌荒れの予防・改善等に有用でかつ安全な、皮膚外用剤および内服剤を提供すること。
 
【解決手段】
モリンダ・シトリフォリアの種子を含むこと。また、モリンダ・シトリフォリアの種子からオイル成分を除去した後の残渣を、加熱抽出して得られるエキスを含むこと。また、モリンダ・シトリフォリアの種子を粉砕することなく加熱抽出して得られるエキスを含むこと。



口腔内蛋白凝集剤

(特許第5374911号)

2013年10月4日

発明人:松田秀秋 増田めぐみ 藤田忠 

出願人:日成興産 松田 秀秋

【課題】
本発明の目的は、口腔内タンパクを凝集させ、効率よく除去することで、歯肉炎、口腔内炎症、口臭、う蝕などの各種口腔内疾患を予防・改善し、さらには鎮咳作用、鎮痛作用、抗炎症作用によって咽頭炎などの喉の疾患にも有効で、かつ、安全な口腔衛生剤を提供することである。

【解決手段】
カリン又はその抽出物、更にはこれとスイカズラ又はその抽出物を含有する組成物を洗口剤として使用すること。



ネオヘスペリジンの抗酸化作用に基づく美白剤
または色素沈着症改善


(特許第4654060号)

2010年12月24日

発明人:松田秀秋 友廣教道

出願人:ア・ファーマ近大

【課題】
従来,知られている美白剤に比べ,複雑な経路で生合成され,かつ酸化反応によって促進されるメラニン生合成に対して優れた効力および幅広い抑制機序を有する美白剤又は色素沈着症改善剤を提供すること.
 
【解決手段】
美白剤が,未熟な柑橘類果実に含まれているネオヘスペリジンを有効成分として含有すること.また,シミ,ソバカス,色黒,又は薬物による皮膚の黒化症等による色素沈着症改善剤が,未熟な柑橘類果実に含まれているネオヘスペリジンを有効成分として含有すること.



メラニン産生不全症治療剤


(特許第4319417号)

2009年6月5日

発明人:久保道德 松田秀秋

出願人:学校法人近畿大学

【課題】
メラニン産生促進効果に優れたものであり,皮膚外用剤,経口投与剤などとして好適に使用することができ,白毛症および白斑症などのメラニン産生不全症の予防及び/又は治療剤,あるいは,メラニン産生促進剤の提供.

【解決手段】
一般式1で表わされる化合物,クベビン(cubebin),3,4-ジメトキシ-3,4-デスメチレンジオキシクベビン(3,4-dimethoxy-3,4-desmethylendioxycubebin),又は3’,4’-ジメトキシ-3’,4’-デスメチレンジオキシクベビン(3’,4’-dimethoxy-3’,4’-desmethylendioxycubebin)を含有することを特徴とするメラニン産生不全症の予防及び/又は治療剤,あるいはメラニン産生促進剤.



メラニン産生不全症予防治療剤


(特許第4223723号)

2008年11月28日

発明人:久保道德 松田秀秋

出願人:学校法人近畿大学

【課題】
メラニン産生促進剤,チロシナーゼ活性促進剤,並びにメラニン産生促進効果に優れた白毛症および白斑症などのメラニン産生不全症を予防および/または治療するための薬剤を提供すること.
【解決手段】
コショウ(Piperaceae)科に属する植物またはその抽出物を含有するメラニン産生促進剤,チロシナーゼ活性促進剤,並びにメラニン産生不全症の予防および/または治療剤



抗アレルギー剤


(特許第4030495号)

2007年10月26日

発明人:久保道德 松田秀秋

出願人:学校法人近畿大学

【課題】
本発明の課題は,抗アレルギー効果に優れ,気管支ぜん息,アレルギー性鼻炎,花粉症,アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の予防・改善・治療に有効でかつ安全な抗アレルギー剤を提供することにある.

【解決手段】
抗アレルギー剤は,ヘスペリジンを含有する未熟な柑橘類果実の40%以上のエタノール抽出エキスを含有する.



ACCELERATING AGENT OF CALCIUM ABSORPTON

(nternational Publication No.: PCT/WO2007/094486 A1)

2007年8月23日

発明人:MATSUDA, Hideaki  IWAKI, Masahiro
KAWASE, Atsushi

【Abstract】
The present invension provides an accelerating agent for calcium absorption comprising Gum Arabic, which is daily available which simulataneously taking dietary fiber.



ENHANCER OF CHOLINESTERASE ACTIVITY

(nternational Publication No.: PCT/JP2006/319219)

2006年9月21日

発明人:MATSUDA, Hideaki  MIYAKE, Yoshimasa
Hirata, Noriko

【Abstract】
The invention provides an enhancer for cholinesterase. An enhancer comprising Gam Arabic as an active ingredient is useful for preventing and/or treating a decreased cholinesterase activity due to liver damage or inhibition of cholinesterase as a side effect of various agents.



美白剤または色素沈着症改善剤


(特許第3800611号)

2006年5月12日

発明人:久保道德 松田秀秋

出願人:学校法人近畿大学

【課題】
女性にとって美容上好ましくないシミ,ソバカスを改善したり,肌を効果的に美白にするものが望まれてきた.

【解決手段】
美白剤または色素沈着症改善剤は,未成熟な柑橘類果実をアルコールで抽出したエキスを含有する.



抗アレルギー剤


(特許第3793714号)

2006年4月14日

発明人:久保道德 松田秀秋 田中孝幸

出願人:第一製薬

【課題】
従来,抗アレルギー剤及び抗炎症剤としては,グルココルチコイド型の副腎皮質ホルモン剤や,インドメサシン,イブプロフェン等の非ステロイド性抗炎症剤等が用いられている.しかしながら,ステロイドホルモン剤は抗アレルギー作用及び抗炎症作用を有するものの副作用が強いという問題があり,また,インドメサシン,イブプロフェン等は抗炎症作用のみ有するため抗アレルギー剤としては有用でなかった.

【解決手段】
かかる実情において,本発明者らは,鋭意研究を行った結果,延胡索の極性溶媒抽出物を用いれば,副作用が少なく,抗アレルギー作用と抗炎症作用に優れた経口投与可能な抗アレルギー剤及び抗炎症剤が得られることを見出し,本発明を完成した.




新規ジフェナントレン化合物


(特許第3726172号)

2005年10月7日

発明人:久保道德 吉川雅之 松田秀秋 松田久司

出願人:ノムラ

【課題】
本発明者らは,エビネランのアルコール抽出液の分画成分を精査し,生理的に有用な活性をもつ新規ジフェナントレン化合物を単離することに成功し,本発明にいたった.

【解決手段】
上記目的を達成した本発明の新規ジフェナントレン化合物は,下記化学式で示す2,4-ジメトキシ-3,5,7-トリヒドロギシ-9,10-ジヒドロフェナントレン(2,4-dimethoxy-3,5,7-trihydroxy-9,10-dihydrophenanthrene)(以下単に「カランテノール(calanthenol)」という)からなることを特徴としている.



鎮痛剤


(特許第3754124号)

2005年12月22日

発明人:久保道德 松田秀秋

出願人:第一製薬

【課題】
本発明は,植物中から新たな鎮痛薬を見出すことを目的とする.

【解決手段】
そこで本発明者はゴシュユ中のアルカロイド以外の成分についての種々の薬理作用を検討してきたところ,全く意外にも従来苦味成分として知られていたリモニンに優れた鎮痛作用があることを見出し,本発明を完成するに至った.



美白剤


(特許第3553179号)

2004年5月14日

発明人:久保道德 吉川雅之 松田秀秋 松田久司

出願人:第一製薬 日本粉末薬品

【課題】
本発明の目的は,美白効果に優れ,シミ,ソバカス等の色素沈着症を予防・改善することができる美白剤を提供することにある.

【解決手段】
かかる実情において,本発明者らは鋭意研究を行った結果,特定の植物又はその抽出物を有効成分とする美白剤が,充分な美白効果を有し,シミ,ソバカス等の色素沈着症を顕著に予防・改善できることを見出し,本発明を完成した.




抗アレルギー剤


(特許第3295165号)

2002年4月5日

発明人:久保道德 松田秀秋 田中孝幸

出願人:第一製薬


【課題】
従来,抗アレルギー剤及び抗炎症剤としては,グルココルチコイド型の副腎皮質ホルモン剤や,インドメサシン,イブプロフェン等の非ステロイド性抗炎症剤等が用いられている.しかしながら,ステロイドホルモン剤は抗アレルギー作用及び抗炎症作用を有するものの副作用が強いという問題があり,また,インドメサシン,イブプロフェン等は抗炎症作用のみ有するため抗アレルギー剤としては有用でなかった.

【解決手段】
従来,抗アレルギー剤及び抗炎症剤としては,グルココルチコイド型の副腎皮質ホルモン剤や,インドメサシン,イブプロフェン等の非ステロイド性抗炎症剤等が用いられている.しかしながら,ステロイドホルモン剤は抗アレルギー作用及び抗炎症作用を有するものの副作用が強いという問題があり,また,インドメサシン,イブプロフェン等は抗炎症作用のみ有するため抗アレルギー剤としては有用でなかった.