近畿大学薬学部は、薬友会との協力のもとに、卒業生の卒後教育を主な目的として、平成5年から「生涯教育研修会」を開催しています。薬の専門家である薬剤師は、卒業後も医療の重要な担い手として、日々新たな知識の習得と研鑽に務めることが義務づけられております。新しい薬は毎年次々と開発され医療現場に投入されており、また最近では、医薬品業界の再編成やICH(International Congress of Harmonization)に基づく医薬品審査・承認手続きの簡素化、医薬分業の定着、介護医療制度の変革、医療のチーム化、ゲノム医療の進展など、薬剤師を取り巻く環境の変化にはめまぐるしいものがあります。生涯教育研修会では、皆さんが卒業された後も、日々進歩していく医療の変化に機敏に対処し、薬の専門家としての高い水準を維持し続けられるようにと、折々の変化に応じた課題を時のテーマとして取り上げ、研修会を開催してきました。本研修会のプログラムは、前年度に参加された方のアンケートを参考に作成されております。出来るだけ多くの参加者を得て、先生方の手により、本研修会をより充実したものにして頂きますように願うところです。
 また本研修会では、在学生に対してもアーリーエクスポージャー(early exposure)の一環として受講を義務づけております。薬学教育第三者評価・評価基準案にも「医療人としての社会的責任を果たす上での生涯教育の重要性を認識させる教育が行われていること」という基準が設けられており、薬学部生の生涯教育への積極的な参加が提言されています。ご参加頂きます先生方には、この点、ご容認頂きますようお願い致します。

 令和4年度生涯教育研修会ですが、日程の都合により今年度に限り年2回の開催を予定しています。例年に比べ1回少ない開催となり、毎年ご参加頂いております先生方にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご容赦の程お願い申し上げます。研修会は感染に配慮し、9月17日(土)、10月15日(土)午後3時00分より近畿大学39号館 3階 302講義室、301講義室(サテライト会場)にて対面での開催を予定していますが、COVID-19の感染状況および大阪府の対応措置を鑑みて、開催日間近まで会場での対面開催実施可否を検討する予定です。つきましては感染拡大に伴い完全オンラインに変更する可能性がございます事、ご承認頂きますようお願い申し上げます。また完全オンラインでの実施についてのアナウンスは、開催日近くになりましたら直接メール連絡あるいはHPへの掲載により行いますので、是非とも事前の参加登録をお願い致します。  
 今年度も、不確定要素を含んだ状況ではありますが、感染に配慮し、安全に開催できるよう予定しております。是非ともご参加頂きますよう、お願い申し上げます。
       
生涯教育研修会委員会委員長 西田 升三