近畿大学薬友会会長に就任しました


薬友会会長 森嶋 祥之

この度、2018年4月1日付けで、近畿大学薬友会会長に就任いたしました森嶋祥之(もりしまよしゆき)です。森本前会長の長年の実績を受け継ぎ、さらなる薬友会発展のために取り組む所存でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
今回の執行部は、6名の副会長、4名の理事で会長会を構成して、会の運営に当たります。森嶋(21期)、翁副会長(9期)、岡内副会長(10期)、河原副会長(12期)、篠原副会長(15期)、伊藤副会長(21期)、米田副会長(23期)、新熊理事(15期)、和田理事(32期)、川ア理事(34期)、船上理事(41期)の計11名、足並みをそろえ一丸となって、卒業生の皆様に身近で親しみやすい薬友会を目指します。
まず、すべての活動の基本としまして、「つなぐ・つながる」をキーワードにおきます。
卒業生の皆様を中心に、
同期の卒業生をつなぐ、卒業生同士がしっかりとつながる
 在籍していたクラブの仲間・クラブ間をつなぐ、好きなコトでつながる
 同郷の卒業生をつなぐ、望郷の念でつながる
 同じ業界の卒業生をつなぐ、現在の仕事を通じてつながる
 大学教員・学生をつなぐ、立場を越えてつながる
今後、薬友会のさらなる事業活性化により、近畿大学薬学部の発展、ひいては近畿大学の発展にも寄与するものと考えております。
新体制での新たな取り組みにより、速やかに結果を出せるよう鋭意努力してまいります。
これから進化する薬友会に、ぜひご注目ください。


会長退任のご挨拶


前薬友会会長 森本 佳明

薬友会会員の皆様におかれましては、益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。このたび 平成30年3月31日付をもちまして 近畿大学薬友会会長を退任いたしました。会長就任中は公私にわたり格別のご支援、ご鞭撻を賜り心から御礼申し上げます。後任新会長には森嶋祥之氏が理事会で選出されました。
 小生は今後、顧問として薬友会のために誠心誠意サポートして行く覚悟でございますので、今後ともご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
薬友会は昭和40年に発足し会則が制定され、初代会長に福住順夫氏、土井進氏、中出貞男氏が活躍努力され、小生は四代目でした。平成8年に就任し、22年間も長きにわたり会長職を微力ながら務めさせていただきました。これも偏に薬友会役員の方々、会員の皆様方のご協力支えがあったからこそと深く感謝しております。
 近畿大学薬学部は昭和29年創設以来、第1期生が昭和33年に世に出て9,000人を越える卒業生が巣立っています。薬剤師国家試験の成績も関西では常時1番の成績で、全国でもたえず上位の成績で、入学時の偏差値も最高位のランクに入っています。これらの実績は学生の勉学への努力はもちろん大学の教職員先生方の努力の賜物と思います。薬友会としてもこの名声を得た母校の名を汚すことなく、組織として応援していく体制を今後共続けていく必要を感じます。母校近畿大学薬学部が益々発展していくのを楽しみにしています。
 また薬友会が森嶋祥之新会長を中心に新役員メンバーが一致協力して母校の発展成長に参画されますようお祈り申し上げます。


Copyright (C) 2007 Yakuyukai, Kinki University. All Rights Reserved