学部・大学院紹介

薬学研究科

理念・目的

薬学研究科では、薬学に関する独創的な研究を行い、卓越した洞察力と問題解決能力によって将来多様な薬学領域において指導的立場で活躍できる人材を育成し、社会に輩出することにより人類の福祉と健康に貢献することを理念としています。

薬科学専攻では、 多岐に亘る高度な専門的能力を有し、未知の物事の解明あるいは新しいものの創造にさらに深く取組みたいという特に強い意欲をもつ人を対象として、グローバルな視点をもつ創造力豊かな研究者を養成し、創薬科学及び生命薬学研究を通じて、幅広い知識と深い専門性だけでなく高い倫理観を持った人材として、活躍できる人材の育成を主目的としています。すなわち、幅広い創薬関連分野で、医薬品の創製・開発や安全性の向上、あるいは薬学的観点から生命科学の進歩に貢献しうる人材を育成します。そのため、本専攻では、専門分野に限定することなくより幅広い分野の教育・研究の機会が得られるように、本人の希望に応じて複数教員の指導下で科目横断的な研究を行うこともできます。

薬学専攻では、 主に6年制薬学部(薬学科)を卒業し薬剤師免許を取得した(あるいは取得見込の)学生のうち、研究に強い興味をもち、科学を通してヒトの健康の増進に貢献したい人を対象に、いわゆるファーマシスト・サイエンティストを養成することを主目的としています。すなわち、薬剤師として医療に従事するだけでなく、研究者の観点から薬物治療における諸問題を解決し、より高度な医療の実現に貢献できる人材を養成します。また、薬剤師としての視点をもって、新しい医薬品の研究や臨床開発、行政等幅広い分野で活躍する人を輩出していくことも念頭に置いています。そのため、本専攻では、臨床における薬物治療に関連する研究テーマについて、常に臨床を意識して研究を行います。

大学院生募集について

薬学研究科薬学専攻および薬科学専攻に関する募集および概要については以下にお問い合わせください。

近畿大学薬学部事務部
TEL (06)6721-2332
E-mail:yaku-kym@itp.kindai.ac.jp